• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

オトコが唯一泣いていい場所、それが映画館!?

人生の課題映画を語ろう 第5回

  • 岡 康道,小田嶋 隆,清野 由美

バックナンバー

2011年12月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(アメリカ映画「イントゥ・ザ・ワイルド」を観て・・・)

小田嶋:結局、俺なんかもそうだったけど、プライドが異常に高いくせに自信がない(思わず太字で強調)わけ。社会で自分の収まるべきスペースがどうしても見つからないから、取りあえず、そのままでいる言い訳として、困ったら死んじゃえばいいや、みたいなことを考えていたりする。それが一種、精神の安定材料になっていたりもするんだけど、それをやっていると、いつか死なないと精算できない、という深みにはまっていってしまう。

―― 小田嶋さん、臨場感がありますね。

小田嶋:仲間うちで、それで死んじゃったやつがいるから。

―― 小田嶋さんもそっちに行ってもおかしくなかった?

小田嶋:危なかった。

 ・・・という前回からの続きです。この辺り、よろしければ、小田嶋さんがみずからしたためた名コラムでもどうぞ。(→「ピース・オブ・警句」2011年11月25日「生意気な「談志」と二人の友だち」)

小田嶋:以前に岡との話にも出た、牧師さんをやっているモリモトアンリと30年ぶりに会ったんだけど、彼もやっぱりすごく危ないところにずっといたみたい。

:アンリか。

コラムニスト 小田嶋隆氏(写真:大槻 純一、以下同)

小田嶋:お互い、おっさんになれてよかったな、という話をしたけど、やっぱりアンリも20代、30代はとてもひどい危機の中にいたみたいで。まあ、牧師なんていう場合はそうだろうけどね。

:だいたい、自分自身の死と向き合わないと、牧師という職業には行かないだろう。

小田嶋:俺、高校1年のときにアンリと2人で地下鉄6号線(編注:都営三田線)が通ったばかりの千石駅に、忍び込んだことがあるんだよ。

:俺は千石駅って、使った覚えはないんだけど。お前、使ったの?

小田嶋:いや、地下鉄が通る前に、駅だけできていたんだよ。その地下に線路が通っていて。

:うんうん、そうだった。

小田嶋:それで、アンリと2人で工事中の駅のシャッターを開けたら、がらっと開いちゃったことがあったんだよ。

―― えっ?

都営三田線スタンド・バイ・ミー

小田嶋:そう、えっ? と言いながら、モリモトが先にどんどん入っていっちゃて。だから、あいつは当時、ちょっとヤケになっていたんだね、雰囲気として。

:それ、聞くからに危険だよ。

小田嶋:あいつが階段を下りてっちゃうから、俺も付いていかざるを得なかったわけだ。そうしたらホームができていて、線路もあるじゃない? 線路があるぜ、これ巣鴨まで続いているのかな、って2人で線路の上を歩いてたら、向こうから電車が来ちゃったんだよ。

:うそ。

小田嶋:それで、2人して、わーって柱の陰にへばりついたら、電車は急ブレーキをかけて止まったけど、地下鉄のおやじにつかまって。それで散々説教されて帰ったことがあるんだけど。

:当たり前だよ(苦笑)。

―― 小田嶋さん、この期に及んで、まだそんな青春のエピソードがあったんですね。

小田嶋:おっかない話でしょう。うかうかすると轢死するという。

:うかうかどころか、即、じゃないか。

小田嶋:地下鉄の線路を歩くなんて、もってのほかですよ。

―― そういう「スタンド・バイ・ミー」なことをやっていたんだ。

小田嶋:はい。まさしく「スタンド・バイ・ミー」と「イントゥ・ザ・ワイルド」のちょうど中間ぐらいですね。

:アンリも困ったやつだなあ。

―― 小田嶋さんは死を賭して付き合ってあげたんですね。

コメント4件コメント/レビュー

スタンドバイミーばりに冒険心旺盛な若者も生き残るとおっさんになってしまうのですね……(涙) 70年代生まれの私は若者時代にさしたる“冒険”をした記憶はありません。もちろん今はおっさんになってしまいました。(2011/12/13)

「人生の諸問題」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

スタンドバイミーばりに冒険心旺盛な若者も生き残るとおっさんになってしまうのですね……(涙) 70年代生まれの私は若者時代にさしたる“冒険”をした記憶はありません。もちろん今はおっさんになってしまいました。(2011/12/13)

山田洋次監督の『学校』を映画館で観た時、声を出して号泣してしまいました。なぜあんなに泣いたのか、後になっていくら考えてもわからない。田中邦衛がオグリキャップの有馬記念で勝つレースの場面です。小田嶋さんの言う不意打ちですかね。(2011/12/12)

中核派だよ。X中革。全学連のめそめそは森田童子。めそめそした歌を聴いて、革命に挫折したんだよ、なんてナルシズムに陥っていた全共闘世代。彼らが政治しているんだもの、よくなるわけがない。日本の映画はめそめそなくために作っている感がある。絆とか触れ合いとか仲間とかつながりとか偽善的な言葉を羅列して。。。。(2011/12/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授