• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

パソコンの電源を落として今年を振り返ってみる

2011年12月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年の分の更新は今回が最後だ。
 ということで、今週は特にテーマを設けない。おおまかに2011年を振り返ることにする。

 雑感?
 そう、雑感かもしれない。ビジネスパーソンが最も嫌う言葉だ。
 お前の雑感を黙って聞かされるほどヒマじゃないぞ、と、おっしゃるムキもおありだろう。
 が、世界を動かしているのは雑感なのだ。

 生き馬の目を抜くビジネスの世界は、「情報」や「決断」が動かしているのかもしれない。あるいはイノベーションだとかプレゼンテーションみたいなものが。

 でも、少なくとも、正月の日本は、われら庶民の雑感が支配している。「なんだか紅白歌合戦は、年々トンチンカンになるようだねえ」「ん? なんか言った?」「いいから除夜の鐘まで寝てなさい」そうやって年は明け、また似たような一年がやってくる。世界は前に進んだり後ろに戻ったりしているのではない。われわれは堂々巡りをしているのだ。

 原稿を書く仕事を20年以上続けていて、いまさらながらに思うのは、テーマは外部には無いということだ。
 アイデアは、あらかじめ自分の中に眠っている。
 もう少し丁寧な言い方をするなら、「自分の中で内部化できていないテーマは、書き起こしてみてもロクなものにならない」ということだ。
 青い鳥と同じだ。幸せは自分の中にある。

 たとえば、〆切がすぐそこまできている。なのに、うまいテーマが見つからない。
 よくあることだ。
 こういう時、書き手はどうするべきのだろう。
 答えは、人それぞれ、その時々の状況によって、少しずつ違っているのだろうが、私の場合の方法を書く。

 私は、こういう時、情報を遮断する。
 たいしたことではない。いったん探索をあきらめるということだ。
 ネット上でキーワードを検索して歩いたり、雑誌のページをめくったり、新聞の束をひっくり返したところで、ポジティブな結果は得られない。

 面白い記事を見つけることは可能だ。有用な情報を得ることもできるだろう。でも、それらのデータをそのままこれから書く原稿に使うことはできない。使えばパクリになる。パクリにならなくても、外から持ってきたアイデアに頼った文章は、然るべきダイナミズムを発揮することができない。だから、書き始めてもじきに行き詰まる。

コメント37件コメント/レビュー

●ええーっ、今年はもう読めないのですか?ビックリ。●遠回りな雑文だなんてとんでもない御謙遜。名文家の金言として謹聴いたしました。こんなにテンションの高い文を毎週書くには、相当に自らの身と心を削っておられるのではないですか?よく「ギャグ漫画家は短命」と言われているような意味で、心配です。年末年始は、ゆっくり休憩なさってください。●電子媒体情報を遮断して、そのうえで尚、脳裏に付いて離れなかったのが消費税ネタだった…と云う事ですかね。みんな書かれているけど肝心の事は何も書いていないかのような、マスコミの妙な静観が、確かに気になりますもんね。(2011/12/18)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「パソコンの電源を落として今年を振り返ってみる」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

●ええーっ、今年はもう読めないのですか?ビックリ。●遠回りな雑文だなんてとんでもない御謙遜。名文家の金言として謹聴いたしました。こんなにテンションの高い文を毎週書くには、相当に自らの身と心を削っておられるのではないですか?よく「ギャグ漫画家は短命」と言われているような意味で、心配です。年末年始は、ゆっくり休憩なさってください。●電子媒体情報を遮断して、そのうえで尚、脳裏に付いて離れなかったのが消費税ネタだった…と云う事ですかね。みんな書かれているけど肝心の事は何も書いていないかのような、マスコミの妙な静観が、確かに気になりますもんね。(2011/12/18)

余韻の残る、平和な古きよき時代の「よいお年を」を聞いたときと同じ、じんわりとした感動がありました。このコラム、本当に大好きです■ところで、漫画ちびまる子ちゃんに、「大晦日はドラマの最終回のような緊張感がある」というようなことが書いてあり、子どもの頃の私は妙に納得したものです。しかし近年は、年の瀬の情緒も何もなく、ダラーッと年末年始が過ぎ、気持ち新たになることもなく新年が始まり、年度末に雑務で死に掛けているというスパイラル。もはや今が2010年なのか2012年なのか分からなくなっています。ああ、2011年だったのか…。あの2011。私は地デジ難民■もし時が過ぎていくことが救いになるのであれば、そして、年が改まることでよい方向へ向かうのであれば、あと半月、私は見えないアクセルを踏みっぱなしで「時間よ進め」と祈ります。今年の漢字は「絆」。京都より祈りを込めて。(2011/12/18)

素敵なコラムと絵をありがとうございます。非常時の判断は非常であり不慣れであるがゆえに難しいものだし、ある判断が正しいか否かは誰がどの時点でどの目的に照らして下すかで変わってくるんじゃないでしょうか。また世界が円周上の堂々巡りをしているとしても、人生に対する規模によっては直進にも相当するはずです。我々が日常地面を平らと感じているように。すると良くも悪くも大きな状況変化が予想される昨今、日本全体は元には戻れない旅に出たのかもしれないとの覚悟もまた正しい判断に必要なのかもしれません。もっとも、皆それを分かっているからよく知る人達と再び正月を迎ることを有り難いと感じるのでしょうか?よいお年をお迎えください。(2011/12/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長