• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

強烈な政治的意味を発揮した殉教者たちの死の物語

抵抗する[11]――正義について考える【35】

2011年12月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

父の権威への抵抗

 ここで、ローマの皇帝の命令を拒み、自分の信仰を捨てることを拒んだ古代のキリスト教徒たちの受動的な抵抗のありかたを、ある殉教者の「伝記」から調べてみよう。この物語は、迫害の激しかったカルタゴで二〇三年頃に実際に起きた出来事として語られているものである。

 育ちのよい女性であるペルペトゥアは二二歳で、懐妊しており、洗礼志願者だった。ある日、多数の友人や奴隷たちとともに、「キリスト教徒」という名のもとで、いかなる悪事も犯さずに逮捕された。ペルペトゥアは「結婚したばかり」らしいが、この物語ではペルペトゥアの夫、赤子の父親については一言も触れられていない。

 慌てた父親が牢獄を訪れて「ペルペトゥアへの愛から」[1]、ペルペトゥアに改心を求める。ペルペトゥアはそこにある花瓶を指差して、「この花瓶を花瓶以外の名前で呼べますか」と尋ねる。父親が否定すると、「ではわたしは、わたしがわたしであるもの、キリスト教徒以外の名前で呼ぶことはできません」と宣言する[2]。ペルペトゥアは自己のアイデンティティを父親の娘でも、赤子の母親でもなく、一人の信仰者、キリスト教徒であると宣言したのである。

 この宣言に父親は激怒して、ペルペトゥアの眼を抉ろうとしたほどであるが、「悪魔的な議論」で対抗しても娘を説得できず、「敗北して」牢を去っていく。ペルペトゥアは父親の権利と権威に対抗して自己のアイデンティティとキリスト教の教えを説くことで、家父長的なイデオロギーに抵抗したのである。それからしばらくしてペルペトゥアは洗礼をうけ、霊から「肉の忍耐」だけを待ち望むようと告げられたという。

 ペルペトゥアは暑く、暗い牢獄に閉じ込められ、やがて産んだ赤子と離されて苦しむが、やがてどうにか赤子と同じ牢にいることを認められる。するとたちまち健康を取り戻し「わたしの牢はたちまち宮殿になり、わたしはほかのどこよりもここにとどまりたく思いました」[3]とまで語るようになったのだった。

コメント3

「中山元の哲学カフェ」のバックナンバー

一覧

「強烈な政治的意味を発揮した殉教者たちの死の物語」の著者

中山 元

中山 元(なかやま・げん)

哲学者、翻訳家。

1949年生まれ。東京大学教養学部教養学科中退。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長