• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

安さと低燃費で選んだフィット ハイブリッド。シャトルじゃないのはご勘弁

第126回:ホンダ フィット ハイブリッド【総括編】

2011年12月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。フェルディナント・ヤマグチでございます。

 日産自動車「GT-R」の水野御大をお招きして開いた講演会。お陰さまを持ちまして大変な盛り上がりでございました。ご来場いただいた皆さま。ありがとうございました。お楽しみ頂けましたでしょうか。
 「Q&Aの時間が少なすぎる」「ハンズアウトが貧弱だ」などのお叱りも頂いております。次回は(“次回”があればですが……)は今回の反省を踏まえまして、よりインタラクティブな会にしたいと存じます。講演会の詳細は、後でADフジノ氏がリポートして下さいます。

私のサインなんて欲しがる方がいるのかしら……と思っていたらまさかの大行列。まあ水野さんのサインを貰うには私の前も通らなきゃならないワケで……抱き合わせ商法とでも申しましょうか

(編集担当Iです。講演会は、おかげさまでほぼ満員となりました。さらに80名の方々には、残ってサイン会にも参加していただきました。参加いただいた皆様、ありがとうございました。そもそもは『英語だけではダメなのよ。結果を出す!NISSANのグローバル仕事術』という本をフェルディナントさんが発行したことを記念するセミナーでした。こちらの本も頑張ってます)

 さて、だいぶのびのびになってしまいましたが、アイアンマンレースも無事に終了したので、そろそろ2輪の免許を取りに行こうかと思います。2輪をよく知る知人に相談したところ、「このクソ寒い時期にわざわざバイクの免許を取りに行くなんてバカじゃないの?第一印象が悪いと後々続かなくなるゾ」と脅されてしまいました。
 また他の友人に相談すると、「暑さ寒さに耐えてこそバイクの真髄が見えてくるのだ。この時期に始めるとは見上げた心意気。いや大いに結構。寒さに凍えて足が固まって動かせなくなる感覚を味わえば、お前も少しはマトモになるだろうさ」と、これまた激励なのか脅迫なのか分からぬ温かいお言葉を頂きました。

 いずれにせよ、気持ちのいい春先に颯爽とデビューするためには、どうしても寒さ厳しいこの季節に仕込んでおく必要があるのです。

東京モーターショーでも2輪のコーナーは大人気でした。こちらはホンダのスクーター。実車に跨ることができる展示は良いですなあ

 ネットでいろいろ調べてみると、拙宅から最も距離の近い教習所は4輪専門で2輪教習を実施していないことが分かりました。自転車でも通えるし、会社の帰りにも寄れるからここにすベい……と目論んでいたのですが、やっていないのなら仕方がない。
 では2番目に近く、しかも通勤経路上にある教習所はどうか。こちらも立地条件は悪くないのですが、何しろ高校生の時分(クルマの免許を取りに行った時です)に散々イヤな目に遭わされたところですから、できれば避けておきたい。当時の屈折した教官たちはもういないでしょうが、そのイヤミなDNAは連綿と引き継がれているのではあるまいか……と不安に思ってしまいます。
 どうせ取るなら快適な環境で取りたいですからね。

 ではでは、今回は早めにヨタを切り上げて本題へと参りましょう。

 「ホンダ フィット シャトル ハイブリッド」のユーザー編……。

コメント6件コメント/レビュー

価値観は人それぞれでしょうが、これが普通のユーザーのクルマ選びだと、私も思います。たぶんシャトルを選んだ方にインタビューしたとしても、同じようなコメントだったのではないでしょうか。個人的にはコンパクトカーが好きなので、安くて小さくて経済的で、そして楽しいクルマが出てきて欲しいです。86やBRZも良いですが、普通のクルマで、走っても楽しいのが良い。KP61スターレットの現代版みたいなのは出せないものでしょうか。(2011/12/22)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「安さと低燃費で選んだフィット ハイブリッド。シャトルじゃないのはご勘弁」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

価値観は人それぞれでしょうが、これが普通のユーザーのクルマ選びだと、私も思います。たぶんシャトルを選んだ方にインタビューしたとしても、同じようなコメントだったのではないでしょうか。個人的にはコンパクトカーが好きなので、安くて小さくて経済的で、そして楽しいクルマが出てきて欲しいです。86やBRZも良いですが、普通のクルマで、走っても楽しいのが良い。KP61スターレットの現代版みたいなのは出せないものでしょうか。(2011/12/22)

一年間お疲れさまでした。日経BPの中で最も優れた記事の一つだと思っています。来年も楽しみにしています。くれぐれもバイクには気を付けてください。(2011/12/22)

お財布のヒモを奥さんが握っていることを営業マンの方が察した上での、素晴らしいコピーだと思います。(2011/12/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長