• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

とんでもない!「冷温停止状態」宣言

第三者委員会が目で確かめてから言え

  • 藍原 寛子

バックナンバー

2011年12月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 野田総理は12月16日、原子炉の「冷温停止状態」達成と、事故収束を目指した工程表の「ステップ2」完了を宣言。18日にはこれら完了を踏まえて、来年3月末をメドに避難区域の見直しを図る方針を示した。

 しかし福島県内では仮設住宅や民間借り上げ住宅などに9万5000人以上、県外では6万人以上が依然として避難生活を送っており、事故収束への実感は程遠いのが現状だ。

 福島県内で暮らす人々は、野田総理の「冷温停止状態」宣言をどのように聞いたのか。今後の課題は何か。福島の現状について県内外に情報発信を続ける3人に話を聞いた。

あたかも終わったかのような印象づけ

 飯舘村の酪農家で、前田行政区長や福島県酪農業協同組合理事を務め、各地で村や福島の現状を話している長谷川健一さんは、憤りを込めてこう語る。

長谷川健一さん

 「冷温停止で、国は国民に対して早く原発を忘れさせようとしている。原発事故そのものが、あたかも終わったかのような印象づけをしようとしている――。その一言に尽きる。福島でこのような事故があったのに、国は原発再稼働や原発輸出などを持ち出す。いったい、この福島で起きていることは何なんだと言いたい」

 飯舘村は、東京電力福島第一原子力発電所から30キロメートル圏外でありながら、放射性雲の影響で高濃度汚染地域になってしまった。長谷川さんも飼っていた牛を手放さざるを得なかった。

 文部科学省のSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)のデータの公表が遅れ、汚染実態が村民には知らされないまま。事故後1カ月半以上経った4月20日になって計画的避難区域に指定され、その後、村民の避難が始まるなど、対応も遅れた。

 長谷川さんは現在、伊達市内の仮設住宅で生活しながら、2日に1回は飯舘村前田地区の自宅に戻っている。村民による防犯パトロール隊「いいたて全村見守り隊」として、前田地区の巡回警備に参加するためだ。活動は6月から始まり、24時間・3交代制で、午前7時~午後3時45分、午後3時~11時45分、午後11時~翌朝7時45分のいずれかの担当時間で地域の各世帯を回る。仮設住宅に移ったとはいえ、村とのつながりや、村のために何かしたいという思いはなくなってはいない。

 「やっぱり自分の故郷だから、戻ってきたいとは思うけれども…。いずれ現実との見極めをしなければならないだろう」。故郷や我が家への思いをにじませた。

隠ぺい体質に落胆、同時に怖さも

 「国はとにかく、冷温停止状態や第2ステップ完了宣言で、『事故が終わりました』という国民感情にしてしまおうということかもしれないが、冷温停止と言っても、誰も燃料の状態を目視で確認しておらず、推測に過ぎない。自分の目で確かめてこうだと言うのなら納得もするが、あくまでも推測。冷温停止状態、第2ステップ完了というのはとんでもない」

 今も避難生活を続ける村民の生活と、冷温停止状態宣言とのギャップに、怒りと落胆を隠せない。

 「この国の体質はやっぱり、全てが隠ぺい体質。隠して、隠して…、それに尽きる。我々は今もまだ避難していて、これからどうなるか先が分からない状況なのに…。国の隠ぺい体質には本当にがっかりした。そして同時に、これほど怖い国はないと思う」と国民に情報が知らされないことの問題点を指摘する。

 来年はどんな年になると思うか聞いた。

コメント19

「フクシマの視点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士