• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

38度線近くで金正日死去を知る

朝鮮半島の平和と安定実現に横たわる日韓間の懸案

  • 片山 さつき

バックナンバー

[1/4ページ]

2011年12月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

片山さつきの活動は、ツイッターでも随時、報告しています。アカウントは@katayama_sです。

12月18日

11:00  私を含む自民党国際局6名の訪韓団、金浦空港到着。
11:40  ソウル市内に到着。
13:30  日本大使館前に設置された「慰安婦の碑」を見に行く。少女の像とその隣に設置されたプレートを撮影。
18:00  在韓国日本大使館主席公使主催の夕食勉強会に参加。

 ちょうど京都迎賓館で野田佳彦首相が韓国の李明博大統領と会談をしている頃、私たち自民党国際局の訪韓団はソウル金浦空港に降り立った。北朝鮮の金正日総書記死亡発表の前日のことである。

 今回の訪韓団のメンバーは、棚橋泰文国際局長が団長を務め、江渡あきのり、金子やすし両国際局次長と同じく国際局次長である私を含めた総勢6名。今回の私達の訪韓は、韓国政府側からの招聘によって実現した。11月に民主党の前原誠司政調会長らを招いた韓国政府が、今度は野党である自民党を招きたいと言ってきたためだ。

 出発に先立つ12月16日、外務省による説明会が開かれた。この2日前の12月14日にはソウルの日本大使館前に「慰安婦の碑」が作られている。棚橋局長の他、江渡、金子両議員から厳しい質問を、外務省の担当者に突きつけたことは言うまでもない。

「なぜ、みすみす大使館の真正面にこのようなものを作られてしまったのか」「この行為は明かにウィーン条約違反だ。そのことを外務省としてちゃんと指摘するのか」――。

 韓国には約3万人の邦人が暮らし、そのうち1万人がソウル市内にいる。有事には少なくとも1万人がこのソウルの日本大使館に押しよせる可能性がある。大使館に入りきるわけはないので、周辺の道路等にテントを張るといったことは当然予想される。このような像を作ることは大使館業務の妨害にあたるのだから、ウィーン条約違反として韓国政府に抗議すべきなのだ。

 外務省の担当課長の答弁は苦しい。
「日本大使館前の道路を隔てた公有地に建てているようなので、韓国政府の許可を得ていないということを理由に、何か抗議ができないか考えている。設置当日は多くの見物客で人だかりがしていた様だが、翌日からは見物客は減ったようだ」

 見物客の数の問題ではないだろう。少女の像は映像化されて世界中に流されているのだ。相変わらず日本の外務省は弱腰だ。日本の外務省が「抗議した」と発表しても、トーンがソフトすぎて「抗議」を受けた韓国側に「抗議」とは伝わらなかったからなのか、或いは根強い反日感情がくすぶる韓国の世論を勘案してのことなのかは不明だが、韓国側は日本から抗議を受けたという事実すら公表しない。

慰安婦の英語表記は「Sexual Slavery」

 在ソウル日本大使館近くのレストランで昼食を終えた後、問題の「従軍慰安婦の碑」を私が見に行こうとすると、大使館側は「どこかで必ずビデオカメラを回しているので、それが悪用されては」という理由で消極的だった。

 だが、李明博大統領は約1時間の日韓首脳会談の大半を従軍慰安婦問題に割いた。この問題に対する日本国内の関心は高まっており、保守政党である自民党では、「慰安婦の像が2つも3つもできる」という大統領の発言報道を受け、批判が高まった。日本の国会議員として、私は直接、その前に立って、その模様を正確に伝えたかったので、私1人で出かけることにした。

コメント14件コメント/レビュー

 戦争ではどちらも被害者・加害者に成り得る。終戦後の引き揚げ時の悲劇なども含めきちんと当事者の体験談を残していく必要がある。特にその当時者の方々はもうご高齢で、当時の事は黙って墓場まで持っていくつもりかもしれないが、加害だけの歴史ではないはず。現在の年金制度、原子力発電、少子高齢化になったのも高齢者側の問題、孫・子にただ問題だけを残さず、責任ある行動を。 正しい歴史を残す会を造る必要がある。(2011/12/31)

オススメ情報

「片山さつきの政治家日記」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 戦争ではどちらも被害者・加害者に成り得る。終戦後の引き揚げ時の悲劇なども含めきちんと当事者の体験談を残していく必要がある。特にその当時者の方々はもうご高齢で、当時の事は黙って墓場まで持っていくつもりかもしれないが、加害だけの歴史ではないはず。現在の年金制度、原子力発電、少子高齢化になったのも高齢者側の問題、孫・子にただ問題だけを残さず、責任ある行動を。 正しい歴史を残す会を造る必要がある。(2011/12/31)

従軍慰安婦が取上げられ、それが日本の戦争犯罪であるかのように言われるの1970年代後半から80年代初頭だったと思う。それまで私は元陸軍将校の親戚から中国大陸での「敵」の中国人への殺害行為は事実として聞いたが、当時の日本国民である朝鮮人に対する非道があったとは一度も聞かなかったからだ。むしろ敵でない中国人との親交の話しなどあったくらいで、かような憎しみがるとは知らなかった。しかし、当時の日本人の一部に排他的民族主義である国粋主義による間違った教育を受けた人が居たのは事実で、彼らには同じ日本国民である朝鮮人に対する非常に悪意のある蔑視が存在していたのも事実だ。だから、この様な問題が持ち上がっても正直に言ってその時は良く判らなかった。一般論から言えば、当時の一般の日本国民である朝鮮人に対し、強制連行で娼婦にした事実があれば、間違いなく犯罪であり、それは戦争犯罪とは違い当時の国内法から見ても犯罪であるから、これら従軍慰安婦と呼ばれる人の証言には正直にいって最初は驚かされた。しかし、あれから30年経つが、その証言の主たる内容は変遷や食い違いが多く、今はまるで信用できない。従って韓国がこれを何時までも言うは、恐らく80年代のジャパンパッシングに乗って米国の後ろ盾の下に、日本人に対し精神的な攻撃を加えたのではないか?と今は思うようになった。いずれにせよ、日本人はもはや従軍慰安婦に対しては「狼少年」ならぬ「狼韓国人」と思っているのではないか?この様な問題がいつまでも日韓にわだかまりとして残るとなると、この従軍慰安婦問題を持ち出した人たちは、日韓の友好をどうしても阻止したいのではないか?と思う。(2011/12/30)

意図したわけではなく、偶々その時期にその場所にいたわけですが、歴史はそういう偶々により織りなされている。片山議員がその特異点にいることを天命(一般の人にはただの偶然ですが)として平和で友愛にみちた世界に向けてメッセージをだしていかれれば素晴らしいと思います。(2011/12/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

我々は10年先を占うことはできませんが、仮説を立てることはできるはずです。

中埜 和英 ミツカンホールディングス会長