• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ハルマゲドンと「グレートリセット」という願望

2012年1月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close


 2週間休むと、身も心もすっかり緊張がほぐれる。別世界で暮らしているみたいだ。だから、休暇が終わった後、俗世間に戻ってくるのに難儀する。毎度同じだ。夏休み明けにいきなり登園拒否をはじめて、そのまま中退してしまった幼稚園の頃から、私の基本的な部分は変わっていないのかもしれない。

 本来の私は、別天地に暮らすべく生まれついた人間だ。休みの方に適性がある。とはいえ、働かないと生きていけない。カネの話をしているのではない。働くことが人間を作り、人間の労働が世界を世界たらしめているということだ。だから、私が仕事を始めないと日本の新年が始まらない……と、それぐらいの絵空事を持ってこないと正月というパラレルワールドから帰還するミッションはうまく着地できないわけです。うむ。要らぬ前置きだった。でも、読者には不要でも、私には必要だったのだ。そう思って読み飛ばしてください。ここまではお正月のご挨拶。次の行から2012年の原稿がはじまります。本年もよろしくお願いします。

 大晦日の夜。オウム事件の最後の容疑者の一人、平田信容疑者が警察に出頭した。
 ニュースが配信されると、ツイッターのタイムラインには、平田容疑者の突然の出頭に驚く人々の声で賑わった。

「なぜ今頃出てきたんだ?」
「そんなことより、どうやって逃げおおせていたのでしょうか」

 たしかに、日本中の辻々に手配写真が貼られている環境の中で、180cmを超えるという長身の平田容疑者が、事件以来17年の長きにわたって世間の監視の目を逃れていたのは、不思議といえば不思議な話だ。

 が、私が一番意外の感に打たれたのは、彼が生きていたという事実そのものに対してだった。平田容疑者をはじめとする、オウム事件の残余の逃亡者について、私は、いずれどこかで死んでいるに違いないというふうに判断していた。たぶん、私は、そう考えることで、自分の中のオウム事件に終止符を打とうとしていたのだと思う。このことは、とりもなおさず、オウムについて考えることが、私にとって、重荷になっていたことを意味している。

 オウム事件について考えることをやめたのは、整理がついたからではない。
 逆だ。
 考えても考えてもどうにも整理がつかないから、私はそれを放棄したのである。
 この事件については、ずいぶんたくさんのことを考えた。他人の言説を色々と読んだりもした。でありながら、結局、意味が了解できなかった。だから、オウムについて考えると、いまでも胸のあたりがモヤモヤしてくる。

 私のアタマの中には、考えてもうまく説明のつかない事柄を保管しておくための、倉庫のようなスペースがある。
 その倉庫に納められたブツは、一定の時間が経過すると、焼却炉に移されて、順次消去されることになっている。

 うまくすると、食べ残しの生ゴミが、たい肥に化けることもある。
 が、オウムの記憶は、一向に風化しない。生ゴミのまま、アタマの中で、腐った匂いを立て続けている。つまり私はまだこの事件への執着を失っていないのだ。困ったことだ。謎は忘却によって治癒するしかないのだが、忘れられないものは仕方がない。もう一度考えるほかに対処法がない。

コメント53件コメント/レビュー

オダジマ先生には、終末論よりも、週末論の方が似合いそうな気がしますが・・・(2012/01/10)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「ハルマゲドンと「グレートリセット」という願望」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

オダジマ先生には、終末論よりも、週末論の方が似合いそうな気がしますが・・・(2012/01/10)

ポルポト政権による大虐殺なども含まれると思うのですが、日本人というより人間という生き物の陥りやすい短絡思考として・・・(1)今の世の中には重大な問題がある(これは、大抵の場合正しい認識)(2)問題解決を望まない既得権を持つ勢力がいる(これも、正しい認識)(3)問題解決のためには既存の社会体制を変える必要がある(ここらへんから、思考の流れが怪しくなる)(4)体制を変えるには、これを破壊するしかない(ここで、ついに間違った道に入り込む。破壊は、説得や議論や綿密な計画立案よりも容易なので、人は安易な案に飛びつく)(5)きちんとした再建計画を用意せずとも、破壊しさえすれば、自動的に自分の望んだ改革が実現するはずだと盲信する(これは、完全な自己欺瞞。思考停止状態)(結末)そして、「後始末を考えずに」破壊だけやって、何も解決されずむしろ状況は大きく悪化することになる・・・と、いう残念な傾向があります。まともな再建案なしに、ただ壊せば物事が自動的にうまくいくなんて甘い話は滅多にないのですが、既存の「敵」のことしか考えていないので、それを排除したらどうなるかに考えが及ばない。オウムは、サリンをまいて日本政府を倒せば、自動的に自分たちの政権が樹立すると思っていたはずです。アメリカは、フセインを殺せば自動的にイラクは安定した親米国家になると信じていた。226事件も、やった人はテロで国がよくなると思っていた。誰もが陥る罠であり、参考事例は無数にあるのですが、なかなか学習できないですね。(2012/01/09)

「根本病」の反対語としては「目先病」もしくは「小手先病」ってのがあるんじゃないですかね。今の日本でどっちがより大きな弊害をもたらしてるかは明らかじゃないですかね。ゴーン氏や橋下氏のような黒船がこないと変われないんだったらグレート・リセットも仕方がないんじゃないかな。日産や大阪府の再生を見れば明らかだと思うけど。小手先病のやることは、すべて役に立たないかガラパゴスになっていく。変化を嫌えば徐々に衰退してのみ。ノストラダムスや226事件をこれと一緒にするのはカテゴリーエラーも甚だしい。(2012/01/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長