• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新成人が抱いた夢、希望、福島への思い

仕事、恋愛、親孝行、そして震災

  • 藍原 寛子

バックナンバー

2012年1月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1月8日、福島県内39の市町村で一斉に成人式が行われた。

 2990人(男性1549人、女性1441人、2011年11月末現在)が成人を迎えた福島市の式典会場、市国体記念体育館に取材に向かった。「吾妻おろし」と呼ばれる吾妻山からの冷え込んだ風が吹きつける会場周辺には、スーツ姿の男性や、赤地や青地の晴れ着姿に白い羽毛ショールを巻いた女性が、友人の姿を見つけては歓声を上げ、お互いに駆け寄る。気温が数度上昇したような熱気に包まれていた。

福島市の成人式が行われた市国体記念体育館

 「新成人を迎えて、あなたの夢や希望を書いてくれませんか」
 「震災と故郷・福島について、あなたの思いを聞かせてください」

 式の参加者に、新成人として、将来の夢や希望を色紙に書いてもらった。そして震災と福島、これからの人生について話してもらった。

 さて、この未曾有の地震と原発災害後、福島市の新成人たちが描く未来と希望とは―。

震災で物流や小売業の大切さを実感

吉澤良平さん

 「楽しい仕事」と書いたのは、福島市内のドラッグストアに勤める吉澤良平さん。「将来は、しっかりと休みが取れて、労働に見合った残業手当がもらえるような仕事ができればいいですね」。

 震災直後は、食品や飲み物などを買おうとする市民が吉澤さんの勤務する店に殺到。利用客の様子を見て、物流や小売業の大切さを実感したという。「小売業があるからこそ、お客さんは買い物ができる。震災の時に、たくさんの人が戸惑って、商品を探してお店に来られた様子は忘れられない」。そして「あの時は、お客さんは商品とともに、確実な情報も欲しがっていたようでした。情報の大切さも、震災の現場から学びました」。他の職種への転職も浮かぶことも時折あるが、今は「楽しく働く」をモットーに、職場での自分のやりがいを模索する吉澤さんだ。


鈴木まゆみさん

 そろった3文字で横書きに「親孝行」と書いたのは、鈴木まゆみさん。都内の専門学校生だ。この日は故郷・福島市に戻って、同級生と連れ立って成人式に出席した。「久しぶりに友達に会って、みんなきれいになったなあと思いました。

 震災時は都内にいた。

 「一人暮らしをして、それまで親にどれだけ支えられていたかがよく分かりました。今年から金融関係の会社で働くことが決まりましたが、親孝行ができるように頑張りたい」

 福島の現状は都内で生活していても気がかりだという。「ただ、食べ物とか、みんな気にし過ぎじゃないのかな、と思うところもあります」


佐藤みほさん

 「一人前の社会人」。縦書きで記したのは、仙台のデザイン学校に通う専門学校生、佐藤みほさん。震災後、被災地では就職が厳しくなっており心配な時もあったが、4月から、東京に本社があるウエブデザイン会社に無事、就職が内定している。

 学校のラウンジで開かれた就職説明会で、内定をもらった会社の社長から、「東日本大震災があったので、未経験者でも被災地・仙台の人を優先的に採用することに決めました」と説明を受けたという。それを聞いて「良い会社だな」と思った佐藤さん。「そういう考え方の社長さんの言葉に感激しました。素晴らしい社長さんの会社から内定をいただけてうれしい」と、春からの仕事を楽しみにしている。

 取材のためカメラを向けると、やや緊張気味に表情を引き締めたが、撮影が終わると、中学校の同級生とワイワイおしゃべりで盛り上がり、二十歳の女性の生き生きとした笑顔がこぼれていた。

コメント1

「フクシマの視点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO