• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

Vol.47 人の作品を読まない人の作品が、みんな似ている理由

コンテンツの着想や言葉は自分の「中」にあるのか「外」にあるのか

  • 千野 帽子,堀本 裕樹

バックナンバー

2012年1月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大寒のかわずくん、いかがお過ごしですか? 今日マチ子さんがイラストで描いた前回の兼題「おでん」を見て、せめて気持ちだけでも温まってくださいませ。

 さて今週は、千野帽子「マッハ575」ですよ! 今回のタイトルはとある小説から来ていますが、それは何でしょう? 続きはウェブで!

マッハ21.ダメな句は全部似ているが、いい句はそのよさが一句一句違っている。

 日直のチノボーシカです。今年もよろしくお願いいたします。

 去年は1月に《日経ビジネスアソシエ》の企画で句会をやるという形で9年ぶりに俳句を再開した。2月にその記事が同誌に掲載されるのと前後して、堀本裕樹との「千堀」の連載が《日経ビジネスアソシエ》《日経ビジネスオンライン》で連動して始まった。

 そしたらきゅうにチヤホヤされ始めた。雑誌に取材されたり公開句会をやれたり。自分で言い出しといてなんだけど、俳句でモテるというのはほんとうのことなのねー。ありがたいことです。

 きょうは一見俳句と関係なさそうな話からスタートしてみる。

 私は批評家ではないけれど、私の日曜文筆家としての仕事の大半は先述のとおり、小説や散文を読んでそれについて書くことだ。

 そういった経緯で、アートスクールのクリエイティヴライティングの学科の1年生を対象に、小説の構造にかんする授業をやっている(「マッハ12」「マッハ13」に書いた俳句ワークショップもここの1年生とやった)。

 受講者は10か月のあいだに、けっこうな量の小説を読んでディスカッションしたり、それについて課題をたくさん提出したりしなければならない。千本ノックみたいな授業のせいか、必修科目なのに単位取得率が異様に低い。

 低い理由はいろいろだから省くけれど、授業のとっかかりであるところの「本を読んで、それについて書く」をしたがらない学生がけっこうな率で存在している。

 クリエイティヴライティングと言っても小説家志望の学生がすべてではないのだが、おもしろいことに小説家志望(とかなにかの原作者志望)の学生のほうが「本を読んで、それについて書く」を忌避する傾向を持っている。編集やライター仕事に興味がある学生のほうがまともに課題を出してくる。

コメント7件コメント/レビュー

素人のために俳句の解説希望。
何を言っているのかさっぱりわからない句もちらほら。
小生、国語の成績は常に良かった方です。(2017/12/05 13:22)

「千堀の「投句教室575・別館」 飛び込め! かわずくん」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

素人のために俳句の解説希望。
何を言っているのかさっぱりわからない句もちらほら。
小生、国語の成績は常に良かった方です。(2017/12/05 13:22)

玄関を開けたら小んまい雪だるま ジオママ
字余りちゃんカレンダー希望

★たいへん残念ながら本連載は終了しております。ご高覧とご投稿、ありがとうございます!【編集部】(2017/12/04 17:12)

私はエンジニアの端くれにいるものです。私たちの仕事は、他人(他社や他の開発チーム)よりも斬新なものを早く開発し、社会に提供(商品やサービスとして)してお客様がそれを活用してより良い楽しみを味わってもらったり生活を豊かにしていただき、その見返りとして競争相手よりも多くの報酬をいただくことにあります。
技術やビジネスモデルの革新性・新規性・驚きなどが評価されるのですが、エンジニアの中には先達の知恵をよく勉強したりベンチマークしたりする者達と、既存のものの価値を評価せず自分の発想にこもる人達とがいます。前者のエンジニアが素晴らしいアイデアやお客様を驚かす発明・提案をすることが多く、後者のエンジニア達は突飛なアイデアでも不便だったり驚きが無いものだったりすることが多い傾向にあります。つまり後者は「ダメな技術者」です。
俳句や小説家、芸術家のことがエンジニアのことにも似ていて驚きました。(2017/12/02 16:42)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長