• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Vol.47 人の作品を読まない人の作品が、みんな似ている理由

コンテンツの着想や言葉は自分の「中」にあるのか「外」にあるのか

  • 千野 帽子,堀本 裕樹

バックナンバー

2012年1月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大寒のかわずくん、いかがお過ごしですか? 今日マチ子さんがイラストで描いた前回の兼題「おでん」を見て、せめて気持ちだけでも温まってくださいませ。

 さて今週は、千野帽子「マッハ575」ですよ! 今回のタイトルはとある小説から来ていますが、それは何でしょう? 続きはウェブで!

マッハ21.ダメな句は全部似ているが、いい句はそのよさが一句一句違っている。

 日直のチノボーシカです。今年もよろしくお願いいたします。

 去年は1月に《日経ビジネスアソシエ》の企画で句会をやるという形で9年ぶりに俳句を再開した。2月にその記事が同誌に掲載されるのと前後して、堀本裕樹との「千堀」の連載が《日経ビジネスアソシエ》《日経ビジネスオンライン》で連動して始まった。

 そしたらきゅうにチヤホヤされ始めた。雑誌に取材されたり公開句会をやれたり。自分で言い出しといてなんだけど、俳句でモテるというのはほんとうのことなのねー。ありがたいことです。

 きょうは一見俳句と関係なさそうな話からスタートしてみる。

 私は批評家ではないけれど、私の日曜文筆家としての仕事の大半は先述のとおり、小説や散文を読んでそれについて書くことだ。

 そういった経緯で、アートスクールのクリエイティヴライティングの学科の1年生を対象に、小説の構造にかんする授業をやっている(「マッハ12」「マッハ13」に書いた俳句ワークショップもここの1年生とやった)。

 受講者は10か月のあいだに、けっこうな量の小説を読んでディスカッションしたり、それについて課題をたくさん提出したりしなければならない。千本ノックみたいな授業のせいか、必修科目なのに単位取得率が異様に低い。

 低い理由はいろいろだから省くけれど、授業のとっかかりであるところの「本を読んで、それについて書く」をしたがらない学生がけっこうな率で存在している。

 クリエイティヴライティングと言っても小説家志望の学生がすべてではないのだが、おもしろいことに小説家志望(とかなにかの原作者志望)の学生のほうが「本を読んで、それについて書く」を忌避する傾向を持っている。編集やライター仕事に興味がある学生のほうがまともに課題を出してくる。

コメント3

「千堀の「投句教室575・別館」 飛び込め! かわずくん」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授