• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ジープ。嗚呼、男のクルマの代名詞、でも、中身は意外と快適でした

第129回:クライスラー ジープ ラングラー【試乗編】

2012年1月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 今回のヨタ話は、自らを痛めつけて快感を得んとする変質者……もとい、自ら苦難を追求し、自己を研鑽せんとする求道者のお2人をご紹介いたしましょう。
 ビジネスバンク代表取締役 浜口隆則選手と(写真左)、エニグモ 共同代表取締役 (Co-CEO)の須田将啓選手であります。

15kgの重量が肩に食い込みます。いったい何が彼らを駆り立てるのでしょうか……

 このお2人はチームの定例練習会に突如重い荷物を背負って現れました。何と4月にモロッコで開催されるサハラマラソン(MARATHON DES SABLES)に参加しようというのです。

 サハラマラソンと言えば、250kmもの長距離を7日間かけて食糧自給で走り抜ける、一般の方から見れば少し“変わった”方々が集う「祭典」です。この「食料自給」という所がミソでありまして、参加者は主催者から供給される水以外の、食糧や寝袋などレースに必要なものすべてをバックパックに詰め込んで、えっちらおっちら砂漠の中を走るのです。彼らはそのトレーニングとして、本番想定重量の15kgの重りを背負ってここ代々木公園に現れた、という訳です。

「キツイ!」と浜口選手。1周目にして早くも泣きが入っております。そりゃそうでしょう。代々木公園の外周はアップダウンが多く、ただでさえ厳しいコースなのに、そこを大荷物背負って走るのですからキツイに決まっています。この時点で心拍数はラクに160/分を超えているとのこと。マジで死ぬぞ、おい。彼はテニスの達人で、国体クラスの選手でもあるのですが、この追い込み方は尋常ではありません

 で、このサハラマラソン。大会要旨の中の「大会本部が指定する持ち物」を紐解きますと、「解毒剤」とか「毒抽出用のスネークポンプ」とか恐ろしいことが書いてあります。毒蛇が出るんですね。噛まれたら自分で毒を吸い出すんですね。ああ恐ろしい。武運長久をお祈り申し上げます。

 お2人はマイペースで周回を重ね、我々も20kmほど走ってこの日は練習を終えました。代々木の帰りにちょっと寄り道して環八を回ったら、日曜の午前中なのに妙に道が混んでいる。この時間、この場所はふつうガラガラに空いているのですが……。

あらららら。事故渋滞でしたか。i-MiEVとリーフの試乗の際にはさんざんお世話になったJOMO用賀の真ん前であります
かなり激しくやっております。幸いなことに怪我人は出なかったようで、ようございました
JOMOのお嬢さんが飛散したデブリを清掃しておられます。お疲れ様です。しかし店先で事故られたらかないませんな。それこそお店の売り上げにも影響しかねません。事故はイヤです。百害あって一利ナシ。みなさま今年も安全運転を心がけましょう!

 さてさて、それでは本編へ参りましょう。今年の試乗第1弾は、「走りながら考える」史上初のアメ車を特集いたします。

コメント3

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「ジープ。嗚呼、男のクルマの代名詞、でも、中身は意外と快適でした」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官