• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

荒れるほど楽しい文学賞の選考

2012年1月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 石原慎太郎氏が、芥川賞の選考委員を辞退する意向を表明した。
 18日付のMSN産経ニュースは、知事の様子を以下のように描写している。

『芥川賞の選考委員を務めている東京都の石原慎太郎知事は18日、「全然刺激にならない」として、今回限りで選考委を辞退する考えを明らかにした。
 石原氏は報道陣に対し「いつか若い連中が出てきて足をすくわれる、そういう戦慄を期待したが、全然刺激にならないからもう辞めます」と語った。――後略――』

 辞意の背景には、前日の夜に発表された第146回芥川賞の受賞者である田中慎弥氏が、受賞記者会見で述べた言葉が関係している。以下、引用する。

『 ――まず一言

 「確か、(米女優の)シャーリー・マクレーンが何度もアカデミー賞にノミネートされた末にようやく取ったとき、『私がもらって当然だと思う』と言ってたらしいが、だいたいそういう感じです」

 《会場、爆笑》

 「4回も落とされたので、断るのが礼儀といえば礼儀。でも私は礼儀を知らないので、(芥川賞を)もらうことにした。断って、気の小さい選考委員―都知事が倒れて都政が混乱してはいけないので。都知事閣下と都民各位のために、もらっといてやる。もう、とっとと終わりましょうよ」――後略――』

 なんとも人を喰った会見だが、彼にこのようなもの言いをさせた元凶は、この受賞会見に先立って、芥川賞の選考委員である石原慎太郎都知事が漏らした言葉(←知事の定例会見の中で述べたもの)であると思われる。
 これも面白いので紹介する。出典は、冒頭の記事と同じ産経ニュースだ。

『――前略――石原氏はこれまで若手作家に関し「自分の人生を反映したようなリアリティーがない。(作品に)心と身体、心身性といったものが感じられない」などと語り、今月6日の知事会見では「苦労して(同賞候補作を)読んでますけど、バカみたいな作品ばっかりだよ」と話していた。――後略――』

 時系列に沿って事態の顛末を並べ直すと、事件はまず石原都知事が芥川賞の候補作品を切って捨てる発言をしたところから始まっている。で、翌日、知事の非難を受けて若い小説家が反撃の言葉を述べ、そのまた翌日、知事が一連の騒動への最終的な対応として辞意をもらしたカタチだ。

 私は2つの会見を、映像(YouTubeにアップされていたもの)でも見ている。
 面白かった。
 賞イベントはこうでなくてはいけない。つまり、選考する側と、選考される側が互いに刺し違える覚悟を持って現場に臨むようでないと観客にスリルを提供することはできないということだ。

 小説を書こうという人間は、旧体制何するものぞという気概を持っていないといけない。選考委員の鼻息をうかがうなどという心性とは金輪際無縁であることが望ましい。

コメント44

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「荒れるほど楽しい文学賞の選考」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック