• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「朝の連ドラ」と「東大9月入試」で考えるグローバル化

2012年1月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「カーネーション」(←NHKが現在放映している朝の連続ドラマ)を見た。
 昨年来、聞こえてくる評判がいちいち好評ばかりなので、ずっと気になっていたのだ。

 私は、原則として、ドラマは見ない。特に朝の連続ドラマは、21世紀に入って以来まったく視聴していない。というよりも、生まれてこの方、最後まで見通したシリーズはひとつも無い。たぶん、体質に合っていないのだと思う。「カーネーション」も、だから、無視していた。どうせ前向きでいい人ばっかりが出てくる退屈な女性賛歌なのだろうと、そう決めてかかっていたからだ。

 ところが、「カーネーション」の評判は、日を追って高くなる。
 ツイッターのタイムラインでも、見識の高い人々が、異口同音に絶賛している。これは無視しにくい。とても気になる。直接聞こえてくる評判も、「面白い」「見ろ」という声が圧倒的だ。

 さすがの私も
「これは、いずれ見てみないといけないだろうな」
 と、そんなわけで、去年の11月頃からは、そう思っていた。

 が、現実に私がこのドラマをはじめて視聴したのは、今週に入ってからだ。
 なんという起動のにぶさだろう。古くなったウィンドウズじゃあるまいし、決心してから動き出すのに2カ月もかかっているようでは、この先、コラムなんか書いていられなくなる。天声人語みたいな時事ポエムならともかく――とか、余計な軽口は控よう。反省せねばならない。

 感想を述べる。
 脚本がとてもよくできている。3回分を見ただけだが、それだけでも充分にドラマとしてのデキの良さが伝わってきた。なるほど、これは、傑作だ。

 朝の連ドラなんてどうせ絵空事だと思いきめていた私の予断は、間違っていた。末期症状を呈していたかに見えるテレビも、時にこういうタマを出してくるから油断がならない。どんなメディアでも、才能のある人間が心をこめた仕事をすれば、傑作が生まれる余地は常に残されている。あたりまえの話だが、これは、とても重要なことだ。

 とはいえ、これ以上の感想は述べようがない。ストーリーの全体像を把握しておらず、登場人物のプロフィールもよくわかっていない私が、何十回も続いている続き物の途中のたった3回分を見ただけで、批評らしいことを言うのは不遜でもあるし、なにより初回から視聴している熱心な観客に失礼だ。

 なので、今回は「カーネーション」については、これ以上のことは書かない。
 その代わりに、このドラマを見て感銘を受けた大阪弁の闊達さに関連した話をすることにする。

コメント57

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「「朝の連ドラ」と「東大9月入試」で考えるグローバル化」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員