• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

風邪で会社を休めますか?

2012年2月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 インフルエンザに罹患しました。診断によればA型です。風邪や腹痛を含めて、寝込んだのは5年ぶりぐらいでしょうか。久々の隔離生活です。

 発症から丸4日は寝て過ごした。その間、ほぼ何もしていない。食事と服薬と睡眠。合間のツイッター。それだけだ。

 現在、本原稿執筆の時点が発病5日目に当たる。すなわち本テキストが復帰第一稿ということになる。貧乏性の咳唾が珠を成せば御同慶、瓦に化けたとしても、ウイルスよりは上等、と、そう思って読んでいただけるとありがたい。

 症状自体は、2日目に病院で処方されたタミフルを服用して以来、劇的に改善している。3日目の夜にはほぼ平熱に戻った。現在は、完治と申し上げて良いと思う。
 外出は、自粛している。まだウイルスを排出しているかもしれない段階だからだ。

 蟄居5日目ともなるとさすがにうんざりしてくる。手足から根が生えてくる感じだ。
 秋口からこっち、あんなにも怠惰な暮らしにあこがれていたというのに、それが実現してみると、一週間と持たない。手もなく退屈している。下層民由来の勤勉がDNAに刻印されているということなのであろう。哀れなものだ。

 貧乏な貴族は珍しくないが、勤勉な貴族というのはあり得ない。してみると、私は徹頭徹尾庶民なわけだ。一億ドルとギリシャの島をプレゼントされても、私は決して貴族にはなれないだろう。ちまちま働いて、うじうじ考えこんで、死の直前までジグソーパズルのピースみたいなやくたいも無いものを探して動き回っているはずだ。

 病気で寝ることは、ふだん考えない角度からものを考えるという意味で、貴重な機会だ。
 何かのなりゆきでシステムがダウンしたら、とりあえず動いているタービンを全部止める。そして、一からストレステストをやりなおして安全をチェックする。そうしないと、隠れた部分に潜んでいる致命的なエラーは、永遠に発見できない。
 
 とはいえ、つまずいた時にきちんと立ち止まることは、そんなに簡単なことではない。
 というのも、走るという運動は、「走り続ける」という過程の一部分であり、その強烈な慣性力は「止まったら終わりだ」という、これまた強烈な思想を内に含んでいるからだ。

 止まったら倒れる、と、そう思ってわれわれは走っている。
 というよりも、そう思い込むことで、かろうじて走る意欲を持ちこたえているのかもしれない。
 であるから、風邪薬のCMでは、色っぽい若妻が
「仕事、休めないんでしょ?」
 と、風邪薬を差し出すシナリオが採用される。
 もう何十年も前から同じだ。うちの国の産業社会は、本当にカラダを心配してくれているはずの人間に「クスリを飲んで頑張って出勤してね」と言わせる設定で動いている。

 もっとも、この若妻のセリフを、単純に夫の尻を叩く無慈悲な督励と受けとめるのは早計だ。
 実際の話、企業の側から見ても、風邪をひいた社員が無理して出社して来る事態は、必ずしもありがたいわけではない。生産性から言っても、感染リスクの面から見ても、おそらくマイナスだ。

コメント60件コメント/レビュー

おぼろげな記憶なので20年前か30年前か不明ですが、『おじさんがテレビの視聴者に向かって、「風邪かい? 休んじまいなよ」と、柔らかな江戸弁でいたわるように呼びかける』風邪薬のコマーシャルは実在しました。しかしながら、このおじさんの言葉には、とんでもない一言が続いていたのです「あんたが休んだって、会社は大丈夫だからさぁ」と。本当ですよ。この製薬会社の宣伝企画部は、広告代理店から持ち込まれたこのフレーズに疑問を感じなかったのでしょうかね。このコマーシャル、後日、さすがに変更が入りました。おじさんの言葉が「あんたが休んだって、ニッポンは大丈夫だからさぁ」と。これなら、ほとんどの消費者にとって受け入れられる事実ですね。最初のセリフは、よほどの信頼関係がない限り、嘘でもホントでもまずい。特に真実を突いている場合には、あまりにもアレなお言葉でした。(2012/02/07)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「風邪で会社を休めますか?」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

おぼろげな記憶なので20年前か30年前か不明ですが、『おじさんがテレビの視聴者に向かって、「風邪かい? 休んじまいなよ」と、柔らかな江戸弁でいたわるように呼びかける』風邪薬のコマーシャルは実在しました。しかしながら、このおじさんの言葉には、とんでもない一言が続いていたのです「あんたが休んだって、会社は大丈夫だからさぁ」と。本当ですよ。この製薬会社の宣伝企画部は、広告代理店から持ち込まれたこのフレーズに疑問を感じなかったのでしょうかね。このコマーシャル、後日、さすがに変更が入りました。おじさんの言葉が「あんたが休んだって、ニッポンは大丈夫だからさぁ」と。これなら、ほとんどの消費者にとって受け入れられる事実ですね。最初のセリフは、よほどの信頼関係がない限り、嘘でもホントでもまずい。特に真実を突いている場合には、あまりにもアレなお言葉でした。(2012/02/07)

小田嶋さんは不摂生で病気になるというイメージを持っていて、その通りでうれしい。私は残念ながら、最悪のオヤジで、学生時代から泥水にまみれていたため免疫力が高く、あらゆる感染症から距離を置いてきました。阪大の友人も、学生時代から土を食べていたので免疫力が高いようです。手洗いウガイ、菌のない生活を楽しむか、菌だらけの汚い土だらけの校舎で学んだかが、境目かもしれませんね。(2012/02/07)

あまりにもおっしゃる通りで、おかしくなりました.私自身は何故か風邪を余り、余りですが、引かないので、帰って劣等感を感じる季節でもあります.自己責任だとも言いがたく、弱い順に風邪を引いたり体調を崩したりするようでも無く、いたわりながらこの季節を過ごすしか無いのでしょう?風邪引かない人も他には弱いところもあるのに、その時には気がつかない、実は花粉症だったりして.花粉だって自己責任でもないし.....風邪引かないねぇ~と言われたら、地球人ではないのかも!と返事をしています.地球の細菌、ウィルスに強い異星人なのであります.もとより風邪薬のコマーシャルは、ニコニコやってるなぁ~とみております.帰ってくる旦那が二枚目で良いですよね!(2012/02/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長