• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新生カムリ。軽いのにハイブリッドな「コンサバ優等生」

第132回:トヨタ カムリハイブリッド【試乗編】

2012年2月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 今回は、めでたいプロポーズのお話から。
 青山にある立ち飲みの名店「なるきよ」で、日産の広報から内閣官房内閣広報室へ転じた変わり種、加治慶光参事官と一杯やっていた時の話です。
 同じカウンターで並んで飲んでいた男性が、やおら連れの女性に指輪を渡し「結婚して下さい!」と。

「え?」
「マジで?」

 当然、場内は騒然。居合わせた客は固唾を飲んで彼女の返事を待ちます。

「お受けいたします」

 美人の彼女、はにかみながらもニッコリ笑って余裕の返答。彼の優しいプロポーズを受け入れました。
 「おめでとう!」「やったな!」。店内は興奮の渦と化しまして、このままドサクサに紛れて食い逃げできるのではないかと思えるほどの盛り上がりであります。私はマジで逃げようかと……あ、いや冗談です。

名前も存じ上げぬ初対面の方ですが、快く撮影に応じて下さいました。しかしこの衆目の前で、万一断られたりしたらどうするつもりだったのでしょう。まあ女性としても、この状況じゃ断りにくいでしょうからね。それも計算に入れての男性側の高等戦術? ちなみに彼女が持つ「やらせろ」とは、当なるきよの基本運営方針であります

 騒ぎが収まって席に戻ると、我々の右側で飲んでいらした高身長のモデルと思わしき3人組の女性が口々にぼやいています。

「あー。なんだか私も結婚したくなっちゃった。誰か結婚してくれないかなぁ」
「ホントだよねー。誰かいい人いないかな」
「いないよねー。だっていい男はみんな結婚してるもの」

 うーむ。あなた方のような美人さんだったら、それこそ選り取り見取りでしょうに。
 ハードルの上げ過ぎか、はたまた美人過ぎて男がビビって挑んでこないのか……。
 とまれ、市場の不均衡がこのようなところにも。世の適齢期男性諸君。気合を入れ給えよ!

おい!誰がチューしろと言ったよ!……まあ末永くお幸せに

 場面は変わりまして神楽坂の「鳥茶屋別亭」であります。こちらでは名物のうどんすきを頂きながら、敏腕弁護士の的場の兄ぃから説教を延々2時間も…….。
 色々とご教授賜りましたが、本日のお説教を要約いたしますと、「勉強が足りない」「読書量が足りない」「根性が足りない」ということになりましょうか。生まれてすみません。
 精進いたします。

「ともかくお前はまるっきりなっとらんのだ!」と説教モードの的兄ぃ。何度も窮地から救っていただいたことがあるので何も言い返せません……

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「新生カムリ。軽いのにハイブリッドな「コンサバ優等生」」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長