• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

現代人が駄目な原因は、反省の過剰さにある。

『現代の批判』キルケゴール著

2012年3月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

透明なゼリーに覆われて

初めて『現代の批判』を読んだのは高校時代だった。

そのころぼくの全身は、まるで透明なゼリーで覆われているようだった。
すぐそこにあるもの、たとえば花、ナイフ、本に手を触れても、ぼくの指先には何も伝わらない。実感がないのだ。確かに花を摘み、ナイフを握り、本を開いている、そのありさまは眼にはしっかり映っているというのに。

だからといって、何がつらいというのではない。つらいことなんてない。恵まれて、幸福で、何の不満もない生活のはずだ。そのことは十分に自覚していた。
だがそれでも、このままの状態ではぼくは生きていけないと思った。ゼリーを体からすっかり落として、物に、出来事に、人に、この手この指で、じかに触れられるようにならなければ。

得体の知れない何か、破局のようなものが静かに近づいてくる。そんな気配がする。

しかし透明ゼリーに覆われたぼくは、それさえも鮮やかに感じ取ることができずに、恐怖も苦痛も実感できないまま、黙って受け入れてしまいそうだった。
そんな自分のことを考えると、ぼくは(矛盾する言い方だが)無感動なまま、焦り、おびえるのだった。

どうすればいいのだろう、と考えた。
しかし答えは、そんな問いの先にあるとは、とても思えなかった。
「どうすればいいのか」という問いの形、それ自体がよそよそしくて、実感が持てない。そのように尋ねるぼくの姿勢が既に間違いだと感じる。
では、どうすれば……
「どうすれば」だって? ハハハ、また同じ問いの形だ!

そんなことを、もっと拙い言葉で考えていたころに、手に取った何冊かの本。
そのうちの一冊がキルケゴールの本で、開いてみると、なかには彼の主著の他に、それまでタイトルも知らなかった『現代の批判』も収録されていたのだった。

実存主義の祖キルケゴールが書いた書評

セーレン・キルケゴール(1813-1855)はデンマークの宗教思想家だ。聖職者でも学者でもなく、多くのペンネームを使い分ける文筆家だった。彼は実存主義の祖と呼ばれ、今日に至るまで多くの思想家や芸術家に影響を与えてきた。

キルケゴールは、1846年に長文の書評を書き『文学評論』と題して出版した。取り上げている本はギュルレンボウルグ夫人が著した小説『二つの時代』。この小説も著者もデンマーク以外では知られていないから、その書評は、しばしばキルケゴールの思想が集中的に表明されている部分(第三章またはその一部)だけが翻訳され出版されてきた。それが『現代の批判』(独語版翻訳者ヘッカーがつけた書名)である。

翻訳版のタイトルどおり、この本の内容は小説の批評というよりも、現代(現代人と現代社会)を批判する本となっている。
ここでいう「現代」とは、もちろんキルケゴールにとっての現代(今から160年以上前のデンマーク)であって、21世紀の日本ではない。
しかし読めば誰もが驚くだろう。
『現代の批判』が描き出し批判している状況は、まさにぼくたちが生きている「今」そのものだから。

現代は「情熱のない時代」

キルケゴールは「現代」(彼の同時代、そして、ぼくたちの「今」のようでもある)を、どのように批判しているだろう。彼は言う。

現代は本質的に分別の時代、反省の時代、情熱のない時代であり、束の間の感激にぱっと燃えあがっても、やがて小賢しく無感動の状態におさまってしまうといった時代である。

現代は平均しておそらく過去のどの世代よりも物知りだといえるだろう。しかし現代には情熱がない。だれもがたくさんのことを知っている。どの道を行くべきか、行ける道がどれだけあるか、われわれはみんな知っている。だが、だれひとり行こうとはしない。

コメント4

「生きるための古典 ~No classics, No life!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授