• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

レッテルとしてのフクシマ

2012年3月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 月末に福島を訪問しようと思っている。
 この話をすると
「え?」
 という反応が返ってくる。
「大丈夫なの?」
 大丈夫に決まっている。福島の人たちは毎日そこで暮らしている。外から出かける人間が、2日か3日現地の空気を吸って土地の食べ物を食べたからといって何が危険だというのだ?
 もちろん、「大丈夫なのか」と尋ねた知人も、本気であぶないと思ってそう言ったのではない。「福島」という言葉を聞いて、反射的にそういう反応をしてしまったというだけのことだ。

 この反応はわりあいに一般的だ。というよりもむしろ、ほとんどの人は、ちょっと驚いた態度を示すことになっている。
「えっ、フクシマ?」
「フクシマ? ヤバくないのか?」
「取材だよな?」
「どうしてよりによってフクシマに?」
「おお、チャレンジャーだな」

 悪気があるわけではない。差別しているのでもない。ただ、現状の日本では、会話の中に出てくる「フクシマ」という言葉を、自然に受け流しにくい空気が流れている。だからわれわれは、驚いてみせたり、混ぜっ返したり、冗談を言おうとすることで「フクシマ」という言葉を、なんとか消化しようとしている。そういうやっかいな状況なのだ。

 震災から一年を経て、福島の現況は、少しずつではあるが、改善しつつある。
 が、そう思っていない人たちもいる。
 一部のメディアやインターネットの特定の掲示板に集う人々は、福島が汚染された地域である旨を毎日のように訴えている。

 言いたいことはわかる。
 原発でああいうことがあった以上、周辺の地域がいまなお深刻な汚染の中にあることは明らかだからだ。
 でも、局地的な被害を過大に語る人間がいて、そのことが福島という大きな面積を持つ県に住む人々を困惑させていることもまた事実なのだ。

 現実に、
「郡山市に人は住めない」
 というような発言をする人間が、公的なメディアの中にすら存在している。
 いや、これは本当の話なのだ。この通りの見出しで書かれた記事が夕刊紙に載ったのだ。本文を読むと、彼の地の空間線量を伝え聞いたアメリカ人の記者が 「信じられない。とてもではないが、人が生活できるような数値ではない」
 と発言した旨が書かれている。

※(リンク先の記事の見出しは、掲載当初、《【原発崩壊】“放射能汚染"の真実…福島、郡山市に人は住めない》だったものが、現在は《【原発崩壊】“放射能汚染"の真実…人体への危険性減らず》に差し替えられています。なお、引用したアメリカ人記者の発言も、現在、削除されています。)

コメント74件コメント/レビュー

この問題をややこしくしているのは、微弱放射線の有害性について医学界も全く明らかにしてこなかった点にあります。実はこれは、勝手の大気圏核実験などで大量の微弱な放射性物質が大気中にまき散らされてきた経過の中で、その原因を造ったのが、大国であり、その大国の大資本であり、原発もまたその大資本の延長線上にあり、その中で、安全性が語られていることが問題を分かりずらくしています。特に、体内被曝については、全く測定方法もないままに放置されてきたのです。明らかに急性毒性が表れる被曝量のみが、有害である閾値として語られることを。核推進派は主張してきました。南京問題なととは桁違いの、隠蔽が核開発の歴史とともに行われてきたのです。不信の根はそこにあります。 問題は、20年後の未来の発癌の有無を語ることなのです。 その疑問に、安心できる回答を与えられなければ、誰も信用などしないのです。 つまり、それは、原子力を巡る大資本が無知な国民を裏切り続けてきた成果の果てなのです。(2012/03/25)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「レッテルとしてのフクシマ」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この問題をややこしくしているのは、微弱放射線の有害性について医学界も全く明らかにしてこなかった点にあります。実はこれは、勝手の大気圏核実験などで大量の微弱な放射性物質が大気中にまき散らされてきた経過の中で、その原因を造ったのが、大国であり、その大国の大資本であり、原発もまたその大資本の延長線上にあり、その中で、安全性が語られていることが問題を分かりずらくしています。特に、体内被曝については、全く測定方法もないままに放置されてきたのです。明らかに急性毒性が表れる被曝量のみが、有害である閾値として語られることを。核推進派は主張してきました。南京問題なととは桁違いの、隠蔽が核開発の歴史とともに行われてきたのです。不信の根はそこにあります。 問題は、20年後の未来の発癌の有無を語ることなのです。 その疑問に、安心できる回答を与えられなければ、誰も信用などしないのです。 つまり、それは、原子力を巡る大資本が無知な国民を裏切り続けてきた成果の果てなのです。(2012/03/25)

私も原発事故を「フクシマ」として、ヒロシマ、ナガサキと並べる事には強い違和感を感じていました。原発事故は現在進行形の事象であり、色々な意見が飛び交っているなかで各々が情報を取捨選択して何を危険とするか判断するしかない段階だと思うのですが、それを既に起きてしまった過去の出来事と並べる事で、複雑な出来事を符号化して一人歩きさせてしまっているように思います。(2012/03/25)

「何十年かたった頃、第一原発の周辺には、原発事故が存在しなかった旨を主張する人々が住んでいるかもしれない。」って、いや、さすがにそれはあり得ない。ちょっと原発事故を軽くみ過ぎではないですか?チェルノブイリをみればわかるように、恐らく数十年経っても建物の完全撤去すらできているかどうか…。もちろん溶けた燃料の取り出しなんて、ろくに手もつけられずにいる可能性すらあるでしょう。そもそもあの爆発の瞬間を捉えた記録映像を世の中から完全消去できるような超管理社会にでもならない限りあり得ないことだと思いますし、そんな状況下で「原発事故は存在しなかった」なんて、たとえ推進派でも言えるはずがない。どうも無理やり南京問題を絡めたくて、おかしな譬えになってしまった感があります。絶妙な譬え名人の小田嶋さんにしては、今回はちょっといただけませんね。まぁ「何百年か経った頃」なら、考えられなくもありませんが…。 (2012/03/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授