• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

BMWがつくるSUVが納車3カ月待ちの不思議

第139回:BMW X6 M【マーケティング担当者インタビュー編】

2012年3月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 この週末も奥志賀にスキーに行って参りました。
 いや、スキーは本当に楽しいですね。適切に整備された斜面を滑り降りる快感は、何事にも代え難いものがあります。山は白銀、朝日を浴びて……と。ガンガン飛ばせば鬱積したストレスもたちどころに解消され、明日への活力に繋がるというものです。

(編集担当I:え、ストレスなんてあったんですか?ストレスあるぐらいなら、もっときちんと原稿を…。はぁ~)

圧雪され、美しく縞模様が刻まれた朝イチの奥志賀ゲレンデ。ここにシュプールを刻むのは早い者勝ち。ノンビリと朝飯なんて食べているヒマはありません

 最近のスキー場はえらく空いておりまして、週末どころか正月休みでもリフトの待ち時間はゼロに近い。ゲレンデはほぼ貸切状態で、それこそ縦横無尽、好き放題に滑ることができます。こうした状況は、いちスキーヤーとしては大いに歓迎すべきことなのですが、スキー全体を“産業”として捉まえると手放しで喜んでばかりもいられません。

 スキーヤーの減少はそのまま業界の沈滞へと繋がります。実際に多くのスキー場が廃業、休業に追い込まれています。営業を続けているスキー場にしても、リフトの“間引き運転”が著しい。搬器が外され、錆びるに任せた鉄柱が枯れ木のように林立する姿はそぞろ哀れを催します。

ガラガラのゲレンデ。平日ではありませんよ。日曜日に撮った写真です

 数年前、中国が鉄不足で喘いでいた頃には、目敏い業者が大喜びで(解体作業も含めて)リフトの廃材を買って行ってくれたりもしたのですが…。彼の国の建築及び造船バブルが崩壊した今となっては、そんな気前の良い業者は見当たりません。

 落ちぶれ果てたショボいスキー場で滑るのはイヤですし、何よりスキー場が潰れてしまっては元も子もない。現在は、客が来ない→寂れる→ますます客が来ない→閉鎖……という辛く切ない“負のスパイラル”状態にあるのです。白馬など、外国人観光客の誘致に成功しているスキー場もありますが、それとて従来客の落ち込みを埋め合わせるには到底足りません。

全てのスキー場がリフトとゴンドラで連結されているのが志賀高原の魅力です。“遠足”でジャイアントまで降りて来ましたが……やはりここもガラガラ。こちらのリフトはかつて4人乗りのクアッドだったのですが、乗客減少でその必要もなくなったためペアに架け替えられてしまいました

 かつての日本人は、海外のスキーメーカーにとっても最重要顧客でありました。何しろ毎年モデルチェンジの度にポンポンと買い換えてくれるのですからオイシイことこの上ない。エエカッコしいの若い衆なぞは、競技をやりもしないのに競技用の高級モデルを買ってくれる。板のコストなんてモデルでそう変わるものではないでしょうから、高いモデルがたくさん出ればそれこそ大儲け。用具店の経営者や“関係諸氏”を大勢引き連れての“海外試乗会”なんてのも盛大に催されていたものです。今となっては“夢のまた夢”ですが。

コメント3

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「BMWがつくるSUVが納車3カ月待ちの不思議」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手