• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

BMWのSUV、運転席から「見くだす」のはいけません

第140回:BMW X6 M【総括編】

2012年4月5日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 気温の不安定な日々が続いておりますが、みなさま如何お過ごしでしょう。
三寒四温……という季節はとうに過ぎているのですが(これは冬の時期に使う言葉だそうで)、春夏物のスーツを着たら意外と寒くて大後悔することもあれば、用心のためにコートを羽織って出てみたら結局邪魔なだけだった……なんて日もあります。ともかく服の選択に難儀する毎日であります。

 とはいえ気温はやはりグングンと上昇している。一雨ごとに春めいて来る感があります。
鍋と熱燗が恋しい季節も間もなく終わってしまいます。なるたけ寒い日を選んで過ぎ去りし冬を惜しみながら、アンコウ鍋でもつついて熱いのを一杯やろう……という話になりました。敏腕弁護士、的場の兄貴と神田のいせ源であります。

こちらが神田須田町のいせ源です。創業天保(!)182年の歴史を誇る老舗中の老舗であります。写真の建物は関東大震災で倒壊後、昭和5年に建てられたものだそうです
こちらが神田須田町のいせ源です。創業天保(!)182年の歴史を誇る老舗中の老舗であります。写真の建物は関東大震災で倒壊後、昭和5年に建てられたものだそうです

 趣きのある造形は東京都の歴史的建造物にも選定されています。ご近所だと鳥すきの「ぼたん」や「藪そば」などが同じく歴史的建造物に選定されています。

美人女将にお酌をして頂き脂下がる的場大兄。いつもの「バカ!」「タコ!」「本を読め!」の説教モードに入ることもなく、終始ご満悦でありました。いせ源の女将さんは某女子大の卒業を記念した欧州一周旅行で当代のご主人と出会ったそうです。1ドル=360円の固定相場制の時代に卒業旅行でヨーロッパ一周とは、何とも贅沢な話ではありませんか
美人女将にお酌をして頂き脂下がる的場大兄。いつもの「バカ!」「タコ!」「本を読め!」の説教モードに入ることもなく、終始ご満悦でありました。いせ源の女将さんは某女子大の卒業を記念した欧州一周旅行で当代のご主人と出会ったそうです。1ドル=360円の固定相場制の時代に卒業旅行でヨーロッパ一周とは、何とも贅沢な話ではありませんか
こちらが名物のアンコウ鍋です。アンコウ鍋と言えば味噌で味付けするイメージがありますが、こちらはアッサリとした割り下で煮ていきます。うーむ。美味なり
こちらが名物のアンコウ鍋です。アンコウ鍋と言えば味噌で味付けするイメージがありますが、こちらはアッサリとした割り下で煮ていきます。うーむ。美味なり

 熱い鍋の写真が出たので、今回のヨタは調子に乗ってグルメ特集と参りましょう。

 新宿3丁目の裏通りにある中華の名店Rengeであります。こちらのお店は“Chinese Tapas”を標榜しています。目立たない場所にありますが、大変な人気なので早めから予約をしておいた方が無難でしょう。人気だけでなくそれだけの価値が十分にある店です。

牛スジの煮込みであります。うーむ旨い。クルマのインプレッション同様にボキャブラリーが貧困で申し訳ありませんが本当に旨いです。グツグツと煮立つ土鍋から漂う香りが堪らない。こうした料理はモタモタ話していないで熱いうちにサッサと食べるのが流儀というものです
牛スジの煮込みであります。うーむ旨い。クルマのインプレッション同様にボキャブラリーが貧困で申し訳ありませんが本当に旨いです。グツグツと煮立つ土鍋から漂う香りが堪らない。こうした料理はモタモタ話していないで熱いうちにサッサと食べるのが流儀というものです
ご一緒したのはこのお二方。ダイヤモンド社史上空前にして(今のところ)絶後である270万部のセールスを記録した「もしドラ」の編集者である加藤貞顕氏とサンマーク出版の池田るり子嬢。第三の人類“早稲女”卒のるり子嬢はおとなしそうな顔をしていますがトライアスロン仲間でもあります。覗き込んでいるのはシメのネギソバ。ここへ来たら必ずこれは食べないとあきまへん
ご一緒したのはこのお二方。ダイヤモンド社史上空前にして(今のところ)絶後である270万部のセールスを記録した「もしドラ」の編集者である加藤貞顕氏とサンマーク出版の池田るり子嬢。第三の人類“早稲女”卒のるり子嬢はおとなしそうな顔をしていますがトライアスロン仲間でもあります。覗き込んでいるのはシメのネギソバ。ここへ来たら必ずこれは食べないとあきまへん

コメント6

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「BMWのSUV、運転席から「見くだす」のはいけません」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員