• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

チェルノブイリ被曝の母娘が語る「放射能との26年の闘い」

放射能の被害が覆い隠され、被害者が切り捨てられてしまう危険性

  • 藍原 寛子

バックナンバー

2012年5月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 4月26日、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故発生から26年を迎えた。

 4月以降、福島県内各地で、チェルノブイリ事故の教訓を学ぶ講演会や勉強会が相次いで開催されている。23日には白河市立図書館で「チェルノブイリ被曝者を迎えて~放射能被害を最小限に抑えるためのベラルーシからの提言」と題し、チェルノブイリ原発事故で被曝した母娘を現地から招いた講演会が開催された。NPO法人アウシュヴィッツ平和博物館(白河市)の主催、白河市と同市教委後援、チェルノブイリ子ども基金の協力。チェルノブイリ子ども基金事務局長の佐々木真理さんが通訳を務め、約80人の市民がチェルノブイリ被曝者の事故後26年の生活に耳を傾けた。

講演のため来日したワレンチーナさん(左)と娘のオリガさん

 講師はベラルーシのゴメリ市在住のポポモア・ワレンチーナさんと、その娘のゼレンケヴィッチ・オリガさん。オリガさんはチェルノブイリ原発事故の影響で、7歳の時に甲状腺がんの摘出手術を受けた。ワレンチーナさんは1992年、「私と同じような思いをしている母親たちを支援したい」と、チェルノブイリ事故による病気や障害と闘う親子を支援する団体「困難の中の子どもたちへ希望を」を設立。代表として活動を続けている。

 福島第一原発事故後の福島県で2人が語った、「未だ終わらない事故後26年」それは、今後も永遠に続く放射能との闘いの物語と、同じ「被曝者」へ向けた励ましのメッセージだった。

知らされなかった汚染、そして被曝

 ワレンチーナさんは原発事故当時の様子と、被曝した経緯など当時の様子を具体的に話した。

 ワレンチーナさんと夫は、息子と、オリガさんを含む双子の娘に恵まれた。チェルノブイリ時事故当時、双子の娘は2歳半で、一家はゴメリ市に住んでいた。

 原発事故後の1986年5月1日、原発から約80キロのところにある両親の家に家族で遊びに行き、みんなでジャガイモ植えなどの畑作業を手伝った。強い風が吹く日で、作業を始めてから約3時間後、突然、夫が鼻血を出し、ワレンチーナさんも気分が悪くなった。その日、病院で働いていたワレンチーナさんの母親が勤め先から呼び出され、顔色を変えて帰ってきた。その夜にワレンチーナさん一家はゴメリ市の自宅に帰ったが、翌日、マスコミがチェルノブイリ原発事故について報じたことから、初めて原発事故を知った。

 「情報は全く不十分で、事故の大きさ、人への影響が発表されることはなかった。住民の安全基準や方針も示されず、ただ言われたことは、外にいる時間を短くすること、帽子をかぶること、外から戻ったらシャワーを浴びて衛生面に気を付けるようにということだった。学校や幼稚園では屋外活動を最小限にし、やがて測定器も売られるようになった」という。

 福島第一原発事故直後に福島県内で行われたことと同じことが、チェルノブイリ事故後のソ連でも行われたことが分かる。

コメント6件コメント/レビュー

この記事の事実は福島の現実に変わり得る可能性があるかと思います。政府の取り組む姿勢に疑問と不信を感じています。(2012/05/22)

「フクシマの視点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この記事の事実は福島の現実に変わり得る可能性があるかと思います。政府の取り組む姿勢に疑問と不信を感じています。(2012/05/22)

記事の中で放射能の影響度に対する科学的な検証データに特に触れないままチェルノブイリと福島の原発事故が同列に扱われている点について、故意ではないとしても違和感を感じました。細かいデータを引用することなく情緒的な描写を重ね過ぎていて、そういう「ストーリー」を読みたい方には受けるかもしれないが、自分としては逆に記事から心が離れてしまった。あと、あえて疑問を呈すと、特に放射能の専門家とも思えない「アイシュビッツ平和博物館」なる方々が放射能に関する「情報センター」の建設なんかを検討されたりするのだろう。そこから発信される情報はどなたか科学的に検証されるのでしょうか?(2012/05/07)

大変役に立った。 情報の即開示が大切なこと。経済至上主義は、安全についてもコスト優先主義を主張させることが、人類破滅への指針となること。 福島は、真のコスト主義は、あらゆるリスクに対して、発生したときの対策コストとの比較であり、それより事前対策コストが安ければも当然事前対策をするという。真のコスト意識が関連した人たちに不足していたことが、真の原因と思います。 原発の再稼働は今の管理体制と運転員教育レベルでは、東海の臨海事故と原因は同じ管理教育レベルにあると言うわざろう得ない。緊急冷却装置の基礎教育や予備電源への理解も十分でない人たちに原子炉を任せるわけにはいかないと思うのが当然である。(2012/05/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員