• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「期待マネジメント」こそが、行き詰まりを打破する切り札

【特別対談】一橋大学大学院の楠木建さん×インフォバーンCEOの小林弘人さん

2012年5月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 16万部突破のベストセラーとなった本格的な経営書『ストーリーとしての競争戦略』を書いた一橋大学大学院の楠木建教授と、『メディア化する企業はなぜ強いのか』などでソーシャルメディア時代の企業の情報発信について説くインフォバーンCEOの小林弘人氏による対談の後編です(前編の「『上司説得型』を脱し『リアルタイム』で意思決定できる組織を」はこちらからお読みください)。

 コミュニケーションのコストが下がり、誰もが気軽に発信できる状況では、リアルタイムなマーケティングやPRが可能になった。そこで企業の行き詰まりを打破するものとして効果をあげるのが「期待マネジメント」なのです。

リアルタイム・マーケティングのために、現場への権限委譲が必要ということは分かりました。問題は、誰に権限を与えればいいのか、ということですね。意思決定者の選び方と同じように、ソーシャルメディア担当の選び方にもポイントはありますか?

楠木 建氏(写真:大槻 純一、以下同)

楠木:僕が人事部だったら、目が利かないと思うんですよ。誰をソーシャルメディア担当にすればいいのか、候補者が3人いてその中から選べ、と言われても、困ってしまう。

小林:今、会社の中でもけっこういろんな人がソーシャルメディアでつぶやいていて、炎上する人もいれば、会社とは別にTwitter上で人気を博している人もいる。中には普段の仕事ぶりは地味でも、ソーシャルメディア上では面白くて、「いいね」の数を難なく稼げている人もいる。ソーシャルメディア時代における『釣りバカ日誌』の「ハマちゃん」みたいなワイルドカードですね。『エンパワード』という、ソーシャルメディアにおける企業の体制作りについて解説した翻訳書では、それを「HERO=Highly Empowered and Resourceful Operatives(大きな力を与えられ、臨機応変に行動できる従業員)」と表現しています。

ソーシャルメディア時代の「ハマちゃん」を探せ!

 ハマちゃんは、会長スーさんからエンパワードされている(笑)。同様にソーシャルメディアによって、上層部からエンパワードされる社員も出てくるかもしれませんね。大企業の中でも、そういう人を何人か知っています。ただ、組織的にそれをエンパワーするとなると、ややこしくて、うまくいかないことのほうが多い。

楠木:なるほど、釣りバカのハマちゃんなのですね。それこそ、「好きこそものの上手なれ」ということでしょうか。

小林:そうですね。特技がある人なんかが、会社では見せない別な顔を持っていて、意外とソーシャルメディアで多くのファンを抱えていたりしますね。

楠木:そういった話をおうかがいしていると、つくづく自分はアナログな人間なんだなと思います。アナログといっても、電子書籍がダメというわけではなくて。電子書籍は紙の本の代替だから、抵抗はないんですよ。でも、Twitterは、自分が情報を書き込むだけではなくて、返信(リプライ)がくるでしょう。そういったインタラクションの要素が入るととたんに苦手で……。まあ、典型的な“昭和のおっさん”なのかもしれないですけど(笑)。 ところで、若い人でも、ソーシャルメディアが苦手な人っているんですか?

コメント0

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

「「期待マネジメント」こそが、行き詰まりを打破する切り札」の著者

楠木 建

楠木 建(くすのき・けん)

一橋大学大学院教授

1964年生まれ。92年一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。一橋大学商学部助教授および同イノベーション研究センター助教授などを経て、2010年から現職。専攻は競争戦略とイノベーション。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官