• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

燃費ネンピと言うけれど、アクアは大したスポーツカー

第146回:トヨタ自動車 アクア【試乗編】

2012年5月21日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 何かの雑誌で読んだのですが、最近“荒れる中高年”というのが問題になっているようで。

 電車の中で大声で電話していたり、大股開きで座席を占領していたりするのは、“マナーの悪い若者”よりも、むしろ“無神経かつ横柄な中高年”にこそ多い、と。

 車内で通話はダメですよとか、ちょいと詰めてくださいませんか、なんて注意しようものなら、なんだこの若造め、と逆ギレしてしまうのだそうです。肩が触れたの足を踏んだのと些細な事でケンカになるのも、大抵は中高年なのだとか。キレて暴れるのは若者の特権(そんな権利はありませんが)なのかと思っていましたが、昨今問題をおこすのはオッサンばかりだと。

 確かに注意して車内を見渡してみると、そうしたマナーの悪い輩は中高年のほうが多いようにも見受けられます。泥酔してホームのベンチに転がっているのも、飲み会でイッキ攻勢にあった(最近の若い方はイッキなんてやらないんですかね)若者よりも、自分で勝手に飲んで自爆したオッサンのほうが多いような気がします。

自爆系のオッサン。まだまだ朝晩は冷える日がありますからね。くれぐれもご自愛下さいませ

 で、今夜は久しぶりに節度も分別も弁えた中年が4人集まりまして、厳かにディナーなど。

 学生時代の運動部の仲間なのですが、みんなそれぞれマトモになったものです。

 右から2番目の佐野くんなんざ、ワルのワルの大ワルで、私はそのうち逮捕されるのではないかと楽しみしていたのですか、結局警察の世話になることもなく、今や高収益企業の大社長です。私が物を書くキッカケを作ってくれたのもこの佐野くんでした。

 都倉くんも大矢くんも過去にはそれぞれ興味深いエピソードがあり、ここでご披露して読者諸兄に大笑いして頂きたいところなのですが、彼らも今は改心して、それぞれカタギの道を歩んでいる訳ですから、一時の笑いのために、彼らの幸福な生活を脅かすようなマネは止めておきましょう。

みんなマトモになりました。原宿の南国酒家にて

 それではさっそく参りましょう。“世界一の低燃費”を実現したハイブリッド界の“小さな巨人、トヨタ自動車「アクア」の試乗編です。

コメント12

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「燃費ネンピと言うけれど、アクアは大したスポーツカー」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏