• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「『孤独のグルメ』の音楽はJASRACフリー、どうぞみんなで使ってください」

誰でも演奏でき、誰でも聞ける、それが音楽の喜びじゃないか?

2012年7月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1月6日からテレビ東京系の深夜枠で放送されたテレビドラマ「孤独のグルメ」。深夜枠ながら好評を博し、DVD-BOXも発売された。このドラマのもうひとつの注目点が、音楽。「孤独のグルメ」は、1994年に連載が始まり、単行本は現在に至るまで42刷を重ねてきた超ロングセラーコミック『孤独のグルメ』が原作なのだが、そのマンガ原作者の久住昌之さんが音楽も担当している。

【番組の予告編はこちらから】


 面白いのはその先だ。久住さんは「孤独のグルメ」サントラの発売に際して、「このサントラの音楽は日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録しない。みんなで自由に使ってほしい」と宣言したのだ。狙いは何か、さっそく聞いてみた。

孤独のグルメ」O.S.T(スクリーントーンズ、2625円)

【大きな反響を呼んだ久住さんのツイート】

久住昌之@qusumi

「『孤独のグルメ オリジナルサウンドトラック』はJASRAC登録無し。全曲著作権フリーです。映像演劇宣伝等にどうぞお使いください。コピーして演奏してYouTubeにでもなんでもあげてください。でもその際ボクに一本メールくれたら嬉しい。」

※久住さんのツイッターはこちらから

そもそも、マンガ原作者の久住さんに劇伴の依頼が来ること自体が、不思議といえば不思議なんですが。

久住:意外に思われるかもしれませんが、ボクはマンガ家デビューと、バンドでライヴハウスに出たのが同じ1981年なんです。もちろんマンガの方が収入はずっと多いですが、あがた森魚さんや鈴木慶一さん、高橋幸宏さん等への歌詞の提供やCMソングの歌(花王「キュキュット」)等の仕事や、年間大小40本以上のライヴ演奏をしているんです。

で、なぜこういうお話になったんでしょうか。

久住:ひとつには、番組予算が厳しかったからじゃないかな?

久住 昌之(くすみ まさゆき)
1958年7月15日東京都三鷹市生まれ。漫画原作からデザインや音楽活動など幅広い活動を行うアーティスト。『孤独のグルメ』(画・谷口ジロー 原作・久住 昌之)は連載開始の1994年以来17年以上読み継がれ、新作も描かれている超ロングランコミック。日経ビジネスオンラインでは「僕たちの好きな男飯」で対談も。(写真:大槻純一)

そんな。

久住:いや本当です。ドラマの「孤独のグルメ」は、「10年間、このマンガのドラマをやりたかった」と言ってくださった共同テレビの吉見健士プロデューサーの熱意で、すごく大事に作り込んでくださって、マンガのファンからも新しく見た方からもとても好評なんです。けれど、現場はとにかく予算が厳しい状況だった。

孤独のグルメ【新装版】
(画・谷口ジロー 原作・久住 昌之、扶桑社・税別1143円)

 「ところで音楽はどうするんですか? よかったらやらせてもらえませんか」とスタッフに聞いたら「それはありがたいですが、お支払いできるギャラが」「そんなのいくらでもいいですよ」って。

いくらでも、と言っても…いくらくらいなんですか。

久住:シリーズ全12本用に、全部で60曲ぐらい作って録音してるいるんです。金額は公表できないけど、メンバーの「スクリーントーンズ」全員(以下敬称略:久住昌之、Pick & Lips=フクムラサトシ 河野文彦、Shake、栗木健、戸田高弘)の6人で割ったら、もうホントに微々たるものです(笑)。1曲あたり千円とか。

 仕事としたら完全に割に合いませんが、自分なりに計算はありました。まず、原作の主人公、井之頭五郎(表紙参照)と、ドラマで演じた松重豊さんのイメージを、自分の音楽でつなぐことができるんじゃないか、ということです。

確かに、マンガの五郎と松重さんは顔の印象からして全然違います。でも、あっという間に気にならなくなって「不思議だな」と思っていました。

久住:そこには、音楽の効果があるんです。

コメント10

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

「「『孤独のグルメ』の音楽はJASRACフリー、どうぞみんなで使ってください」」の著者

山中 浩之

山中 浩之(やまなか・ひろゆき)

日経ビジネス副編集長

ビジネス誌、パソコン誌などを経て2012年3月から現職。仕事のモットーは「面白くって、ためになり、(ちょっと)くだらない」“オタク”記事を書くことと、記事のタイトルを捻ること。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長