• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

無頓着派のママもこだわり派のエンジニアも、アクアの燃費に不満ナシ

第150回:トヨタ自動車 アクア【ユーザーインタビュー編】

2012年6月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 またやってしまいました。
 「あり得ない忘れ物シリーズ」第2弾であります。

 実は明日から海外に出かけるのですが、充電器類を詰めたケースを家に忘れてきてしまったのです。
 明日が出発ならまだ十分に間に合うだろう、と思われましょうが、さにあらん。
 忘れ物に気がついたのは、成田のホテルにチェックインして荷を解いてからなのです。
 明日のフライトは11時過ぎと比較的ゆっくり目。拙宅から直接空港へ向かっても良いのですが、首都高を抜けなければならないので時間を読むのが難しい。ギリギリに着くのは精神衛生上宜しくないですし、早く着き過ぎて時間を持て余すもの面白くない。

 空港周辺のホテルに泊まってしまえば、ゆっくりと朝寝を決め込むことができますし、出発前に空港周辺を軽く走っておくことだってできるのです。

 旅慣れた人間はこうするもんだぜフフフと余裕ブっこいてチェックインしたまでは良かったのですが、スーツケースを開けたら、ない、ない!どこにもない!
 先々週のホイールの悪夢が蘇ります。ああ、何たる失態。何たるドジ。サクサクと原稿を書いてゆっくり風呂に入ってビールでも飲んでマッサージを呼んで……。
 ささやかなゼータクを楽しまんとする野望はアッサリと打ち砕かれたのでありました。

ランシューズはあるしキャップもあるし洗面用具もある。ないのは電源キットだけです。トホホホホ…

 空港の電気屋で買うことも考えましたが、PCにケータイにデジカメにガーミンに……と全ての充電器類が都合よく揃っている筈などない。天草の岩崎誠さん(弟コラムの「慶大生と『走りながら考える』」で登場)のような方がいれば話は別ですが、そうそううまい具合に天使が現れる訳もない。電源がなければ向こうで仕事になりませんから、今夜中に家に取りに帰ることにします……。チクショー!

取り敢えず書けるところまでは書いてしまいましょう。私のPCの標榜持続時間は9時間ですが、限界まで試したことはありません。果たしてどこまで持つのやら

コメント6件コメント/レビュー

ACアダプタの類は国内だと、メーカー純正品を使うのがまっとうな堅気のやることで、社外品を使ってもしトラぶったら困るから、怪しいのは使わないという方が多いかもしれませんね。そもそもマニアックなショップやネットで掘り出さないと、USB電源アダプタぐらいしか市販品のチョイスもないですしね。しかしバッテリー充電器はさておき、ACアダプタに関しては所詮、電気は電気。電圧電流が合えば大丈夫です。ちょうど出張との事。海外のエレキ系のショップ(空港なんかや、街中のショッピングセンターやモールにもある)をのぞくと、マルチユースのACアダプタをいろいろ売っています。コンセントは現地のタイプだから変換プラグも購入するとして、電源電圧は各国の100~240Vぐらいに対応し、出力電圧も切り替えスイッチで変えられて、器具に差し込むコネクタもメジャーな10種類ぐらい入っていたりします。インターナショナルじゃない日本製品のコネクタは、一度汎用のUSBなどに変換してから、国内ならコンビニでも売っている汎用変換コネクタを継ぎ足せば解決。これなら機器別の全部のACアダプタを持ち歩かなくても、旅専用に1セットを常にスーツケースに入れて置けば、わざわざかき集めて詰め込んだり、忘れたりすることもなく便利ですよ。複数を同時に充電はできませんが、常時何台も給電しないでしょうし、必要ならもう一組。お勧めです、ぜひお試しを。(2012/06/19)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「無頓着派のママもこだわり派のエンジニアも、アクアの燃費に不満ナシ」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ACアダプタの類は国内だと、メーカー純正品を使うのがまっとうな堅気のやることで、社外品を使ってもしトラぶったら困るから、怪しいのは使わないという方が多いかもしれませんね。そもそもマニアックなショップやネットで掘り出さないと、USB電源アダプタぐらいしか市販品のチョイスもないですしね。しかしバッテリー充電器はさておき、ACアダプタに関しては所詮、電気は電気。電圧電流が合えば大丈夫です。ちょうど出張との事。海外のエレキ系のショップ(空港なんかや、街中のショッピングセンターやモールにもある)をのぞくと、マルチユースのACアダプタをいろいろ売っています。コンセントは現地のタイプだから変換プラグも購入するとして、電源電圧は各国の100~240Vぐらいに対応し、出力電圧も切り替えスイッチで変えられて、器具に差し込むコネクタもメジャーな10種類ぐらい入っていたりします。インターナショナルじゃない日本製品のコネクタは、一度汎用のUSBなどに変換してから、国内ならコンビニでも売っている汎用変換コネクタを継ぎ足せば解決。これなら機器別の全部のACアダプタを持ち歩かなくても、旅専用に1セットを常にスーツケースに入れて置けば、わざわざかき集めて詰め込んだり、忘れたりすることもなく便利ですよ。複数を同時に充電はできませんが、常時何台も給電しないでしょうし、必要ならもう一組。お勧めです、ぜひお試しを。(2012/06/19)

なるほど。オーナーの性格とクルマの性格が見事に一致していることがよく分かりました。(2012/06/18)

今回アクアの「走り」に注目して始まったのに、ユーザーは皆燃費ばかりに注目しているという結果(2人だけだけどね)。それがやっぱり現実なのか、それともただ単にサンプルが少なかったからなのか、検証してほしかったなあ~。(2012/06/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長