• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スキャンダルにもう「ふりむかないで」

2012年6月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ザ・ピーナッツの伊藤エミさんが亡くなった。報道によれば、死亡したのは今月の15日で、葬儀はすでに近親者のみで執り行われたという。71歳だった。

 マスコミ各社は、訃報を受けて、さっそく前夫である沢田研二さん(以下敬称略)の自宅に駆けつけた。

 が、彼は取材に応じなかった。
 あたりまえだ。だいたい、コメントを求めに行く方がどうかしている。
 いまさら何を言えというのだ?

 結果として、スポーツ各紙は

「沢田研二、元妻の死に無言を貫く」

 ぐらいな記事で誌面を埋めたわけなのだが、これも、考えてみればどうかしている。
 沢田研二が記者の問いかけに言葉を返さなかったことの意味は、

「自分が回答を拒否した旨を記事にしてほしい」

 ということではない。

「何も書いてほしくない」

 という意味だ。
 とすれば、コメントが取れなった以上、記事はボツにすべきだった。それが、まっとうなジャーナリズムというものだ。

 ……というのは、実のところ、ジャーナリズムの現場を知らないオダジマが振り回している青臭い正論に過ぎない。妥当性があるのかどうかはわからない。

 おそらく、現場の答えは違っている。
 取材が不調でも、事実がゼロでも、紙面は存在している。白紙を印刷するわけにはいかない。であれば、記事は、結局は書かれなければならない。このコラムと同じことだ。

 デスクは、記事に需要があると考えている。
 というよりも、四半世紀前に別れた前夫の追悼コメントを読みたがる読者への強力な信頼が、新聞を発行させている当のものなのである。
 

 とはいえ、本当のところ、需要はあったのだろうか。
 私は、ノーコメント記事に需要があったのかどうか、強い疑問を抱いている。
 ふつうに冥福を祈って、業績を振り返ればそれで充分ではないか。

 今回は、スキャンダルについて考えてみたい。

 ご存知の通り、この半月ほどの間に、芸能、政治、スポーツの各分野で、立て続けに大きなスキャンダルが報じられた。これほど続けざまに著名人の醜聞が発覚することは、最近では珍しいことだ。

 ところが、スクープは、たいして世間の耳目を集めていない。
 どういうことなのだろうか。
 われわれは、スキャンダルに関心を抱かない国民に成長したのであろうか。
 あるいは、この10年ほどの間に、わたくしども日本人の中で、スキャンダルを処理する基準が変わってしまったのかもしれない。
 だとしたら、その変貌は、何によってもたらされたものなのであろうか。

 念のために、スキャンダルを振り返っておく。

(1) 国民的人気アイドルグループの主要メンバーとされている女性アイドルの一人が、デビュー間もない時期にファンの少年と交際していた事実が発覚した。
(2) 小沢一郎氏の妻が支持者に宛てて書いたとされる直筆の手紙が公開され、その中で、小沢氏の不倫、隠し子および、震災時の行動が暴露された。
(3) 巨人軍の原監督が選手時代の不倫をネタに恐喝され、1億円を支払っていたことが発覚した。

 まず、(1)についてだが、この問題は、当該アイドルを博多に「左遷」することで既に一件落着している。

コメント23件コメント/レビュー

感受性が研ぎ澄まされたからと言うよりも、感受性が鈍くなったからとは考えられないか? いや、むしろ感受性そのものが変質を遂げてしまったのだ。 スキャンダルの暴露が何時ブーメラン的に自分を襲ってくるか分からない。即ち、高見の見物などもうできない、明日は我が身だと言う諦めと恐怖をスキャンダル記事の見出しを眼にしたとたんに感ずるから反応したくてもできなくなったのではなかろうか? (2012/06/29)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「スキャンダルにもう「ふりむかないで」」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

感受性が研ぎ澄まされたからと言うよりも、感受性が鈍くなったからとは考えられないか? いや、むしろ感受性そのものが変質を遂げてしまったのだ。 スキャンダルの暴露が何時ブーメラン的に自分を襲ってくるか分からない。即ち、高見の見物などもうできない、明日は我が身だと言う諦めと恐怖をスキャンダル記事の見出しを眼にしたとたんに感ずるから反応したくてもできなくなったのではなかろうか? (2012/06/29)

週刊文春買いました。さしこではなく小沢一郎の記事で。スキャンダルの部分よりも、一政治家の醜態の面においては看過できないです。放射能が怖くて地元岩手に顔を出さないどころか、東京からも一時期逃避行してただなんて。で、「剛腕」ですかぁ(笑)そんな小心者に振り回されてる国会も政治家たちも報道も、みんなどうかしてます。あっ、そういうことですか。大した器じゃないからスルーなんですね。ならば納得です。原監督の件は野球に興味ないけど、反社会的勢力(暴力団って限定しないからかな。以下自粛)弾圧ならば大歓迎ですが、これこそ封殺されるのがオチなので、やっぱり以下自粛(ほんとはすごく大事なんだけど以下自粛)。でなきゃ、こっちが晒される…かなぁ?(2012/06/29)

お決まりの便所の落書き「2かちゃんねる」ネタしかないんですね。(同情) いい歳して恥ずかしくないですか? まあ「自分で世間知らず」というのは判っているようですが・・・。スキャンダルネタなど、昔から「おばちゃんの井戸端会議」レベルの低俗なもので、「マスゴミ」が大衆読者を釣るエサでしかありませんよ。 世間だけじゃなく常識も知ったほうがいいですよ。(2012/06/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長