• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ウェブ時代でも、声を挙げるのは「ちょっとおっちょこちょい」な人

シーズン4・『いつだって僕たちは途上にいる』プロモ編その2

2012年7月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回から読む

いつだって僕たちは途上にいる』(岡康道×小田嶋隆)

 岡康道さん、小田嶋隆さん、そして清野由美さんのこの企画「人生の諸問題」は、この9月で連載開始から5年になります。連載に加筆した書籍が新たに発売されました。「人生の諸問題・シーズン3」をもとにした単行本の第3弾『いつだって僕たちは途上にいる』(講談社)が刊行されました。ちなみに単行本のシリーズ名は「人生2割がちょうどいい」。この本はそのPart3となります。

 いつものことですが単行本販促企画としまして、「シーズン4」をお送りしております。プロモです。しかしこうして編集側の清野さんと私がゆったり構えていると、意外に鋭い言葉を繰り出してくるのがこのお二人の油断がならないところ。ぜひ、単行本と合わせて、お楽しみくださいませ。(担当Y)

:ツイッターを初めとするネットメディアが言論空間を少しゆがめている、という話を前回の最後で小田嶋が話していたけど、それは広告にも、もちろん影響を与えているんですよ。

 昔は広告の反響って、電車で女子高生が話題にしている場面を見て、「よしっ」なんて思うような、のどかな牧歌的なものだったんです。それが今どきだと、新しいコマーシャルを発表したら、それに対する不満の声みたいなものが即ツイッター上に飛び交うでしょう。

小田嶋:クリエーターをすごく憶病にしちゃうよね。

:そうなんだよ。ただ、これも前回で小田嶋が言ったように、ツイッター上でどんなに叩かれても、実は「いいな」と思っている人たちは、リアクションというリアクションはしないよね、ということも少しは分かってきた。

絶賛される企画は、凡庸な記事に敗れ去る

コラムニスト 小田嶋隆氏
(写真:大槻純一)

小田嶋:それは昔、俺がマニアックなパソコン雑誌に関わっている時に実感したことがあって。そういうところでは、一太郎特集みたいな凡庸な企画は悪評さくさくなわけ。「オタクの雑誌が、今さらそんなメジャーなパソコンソフトなんか特集してどうするんだ」、とか、ばかじゃないか、とかいう声が編集部にがさがさ来て、編集部は「やっぱりな」と反省していたんだよ。

 で、ある時、「パソコン貧乏」と題した特集を組んだのね。それは「パソコンを持って俺たちはどれだけ貧乏になったか」という話だったんだけど、そうしたらマニアにガン受けして、ものすごい勢いで絶賛のはがきが舞い込んだ。それで、「よし、しばらくはこの方向だ」ということになったんだけど、3カ月後に雑誌売り上げの分析が出てきたら、全然売れてなかった。で、何が売れていたかといえば、マニアから酷評されていた一太郎特集が、結局、一番売れていたの。

:それって雑誌だけに限らず、広告のコミュニケーションとか、すべてに言えますよ。本当は、ダイレクトに届く声をどう読み解くかという部分に、プロフェッショナルの意味はあるわけでさ。

小田嶋:反応がないことと、本当の反応とはつながっていないよね。

:例えば僕たちが制作したCFが放映されると、「またおふざけか」みたいな意見が来るわけよ。最初はクライアントも、「どんな反応でも、反応があるということが届いたことですよね」と余裕を持っているんだけど、それがだんだんたまってくると、「いくら何でもこれは…」になってくる。すると、やっぱりクライアントとして傷を負うんだよ。

コメント5

「人生の諸問題」のバックナンバー

一覧

「ウェブ時代でも、声を挙げるのは「ちょっとおっちょこちょい」な人」の著者

岡 康道

岡 康道(おか・やすみち)

クリエイティブ・ディレクター

1956年生まれ。佐賀県嬉野市出身。80年早稲田大学法学部卒。同年、電通に営業として入社。85年にクリエーティブ局へ異動。99年7月クリエーティブエージェンシー「TUGBOAT」を設立。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

清野 由美

清野 由美(きよの・ゆみ)

ジャーナリスト

1960年生まれ。82年東京女子大学卒業後、草思社編集部勤務、英国留学を経て、トレンド情報誌創刊に参加。「世界を股にかけた地を這う取材」の経験を積み、91年にフリーランスに転じる。2017年、慶應義塾大学SDM研究科修士課程修了。英ケンブリッジ大学客員研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授