• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ステップワゴンはシビックでありカローラである

第154回:ホンダ ステップワゴン【開発者インタビュー編 その2】

2012年7月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 今週もなにかとバタバタしておりまして、盛り沢山のエブリディでございました。

 まずは作家の岩井志麻子センセと、彼女の縄張りである歌舞伎町でしっぽりと会食を。
いつもは愛夫であるジョン・ウォン君も同席されるのですが、今回はお国へ一時帰国中とのことで、サシでのお食事と相成りました。何しろエロ系2人で酒を飲むワケですから、どんな話をしたかなんて、とてもエスタブリッシュな日経BPの誌上では開示できません。会話の80%はピー音の世界。アサ芸辺りで書きますか(笑)。

志麻子センセ馴染みの店で豚しゃぶを。おいしゅうございました
2次会は志麻子邸至近のタイ料理屋でバッタの唐揚げを摘みながらシンハービール。文庫化されたご著書を2冊頂きました
あの女』と『現代百物語―悪夢

 「あの女」のモデルとなった方は私もよく知る方ですので、そりゃもうものすごくリアルです。うーむ、女ってコワイわ……。

これが問題のバッタの唐揚げ。「これがウマイんですわー!」とバリバリ召し上がる志麻子センセ。さすがです。肉食系を遥かに超える雑食系の面目躍如

 日曜日は目黒のBlues Alley Japanで、ラテンな一夜を。ここへ来るのも2年ぶりくらいでしょうか。久しぶりのライブハウスです。

この美しい女性は本日の主役である小林香織さん。
アルトサクソフォーンとフルートの奏者なのです

 ご覧のとおり華奢な美人なので、初めにステージに立たれた際は、正直「大丈夫かいな?」と思いました。ですが外見にダマされちゃいけません。パワフルで実に“男らしい”演奏です。いやはや圧倒されました。素晴らしい。作曲もするしナレーションもする。これからが楽しみです。

 同じBlues Alley Japanで8月も出演の予定があるそうです。これは行かねばなるますまい。

コメント1

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「ステップワゴンはシビックでありカローラである」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック