• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

スッキリ!する話に潜む毒

2012年8月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「日本生態系協会」という公益法人があるのだそうで、そこの会長に当たる人物が、ちょっと困った発言をしている。以下、引用する。

「――(略)――日本は福島がそうですが、これからですね内部被ばく、これがどうしようもないんでございまして、これからの放射能雲が通った、だから福島ばかりじゃございませんで栃木だとか、埼玉、東京、神奈川あたり、だいたい2、3回通りましたよね、あそこにいた方々はこれから極力、結婚をしない方がいいだろうと。結婚をして子どもを産むとですね、奇形発生率がどーんと上がることになっておりましてですね、たいへんなことになる訳でございまして。――(略)――」

 「えっ?」
 と言ったきり、言葉が続かない。
 どういうつもりなんだ?

 経緯を振り返ってみよう。
 新聞各紙が伝えているところを要約すると、状況はこんな感じだ。

 発言の主は、公益法人「日本生態系協会」の会長である池谷奉文氏。7月9日に「日本生態系協会」の主催で開催された「日本をリードする議員のための政策塾」という会合での講演だという。

 で、件の講演を聞いた福島市議会会派「みらい福島」の議員は、後日、池谷会長のもとに、真意を確認する確認書を送付する。と、池谷会長は「そのような発言はしておらず、事実に反する」と反論し、発言を裏付ける根拠を示すよう求めて来た。これに対し、同会派の菅野輝美議員は、8月29日に開いた記者会見の中で、「メモを取っており、他市の議員も聞いている」と主張している。

 一方、池谷会長の方は、同じ29日に各報道機関などに宛てた文書の中で、福島の人を差別するようなことは申し上げたことはありません」と発言を否定している。が、その後、福島民報社の取材に対し、発言内容を認めた上で「福島の人を差別するようなことは思っていない」と反論。これまでの取材に一貫して「発言していない」としていたことについては「差別発言ではないという意味だ」と答えた。 《以上、「産経新聞」8月29日、「福島民報」8月30日より抜粋》

 なんだか、グダグダな展開だが、真意はどうあれ、発言はあったということのようだ。
 それも、冒頭で引用した通りの文言で、だ。

 こういう場合、語る側の「真意」は、重要な要素ではない。
「差別の意図はない」
「いじめるつもりじゃなかった」
「足を踏む気はなかった。靴を踏んだだけだ」
「蚊がいたから叩いたのであって、殴った自覚は無い」
「蹴っていない。足を上げたらたまたまそこに人間がいたということだ」
「酔ってない。酒を飲んだだけだ」
「酔っぱらい運転なんかしてない。運転してるうちに酔いがまわっただけだ」

 問題は、「意図」ではない。
 「雨じゃない。大粒の霧だ」
 と言い張ったところで、洗濯物が濡れることには変わりがない。

コメント62件コメント/レビュー

法律は死ぬ人を守るのではなく、生きている人を守るためにある。殺人や自殺ほう助を増やす可能性があるかもしれないが、悩んだ末に医療行為を止めることを選んだ医者が殺人罪に問われるのはやめなければならない。(2012/09/07)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「スッキリ!する話に潜む毒」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

法律は死ぬ人を守るのではなく、生きている人を守るためにある。殺人や自殺ほう助を増やす可能性があるかもしれないが、悩んだ末に医療行為を止めることを選んだ医者が殺人罪に問われるのはやめなければならない。(2012/09/07)

多くの人からツッコミが入っていますが、イラストの尊厳死について、勘違いも甚だしいですね。そもそも前半と後半では全く話が違っているわけですが、後半の「死にたい」「死んじゃいたい」という書き込みと尊厳死はさらに全く異なる物です。尊厳死に関わりそうな文章は「老病や、苦痛や、醜貌よりも、一足飛びの死の方がずっと美しく、シンプルで、尊厳あるものだと感じている。」の中で「老病や苦痛よりも一足飛びの死」という言葉で辛うじて関わりが出てくるが、勘違いの結論になっている。別に「美しく、シンプルで尊厳ある物」と感じているわけではないでしょう?尊厳死というのは、「終わることのない苦痛の中で、機械につながれたまま身動きもできず、ただ生命活動を続けさせられているだけ」という状態に耐えきれず「お願いだから死なせてくれ」と懇願することです。そこには「死を美化」などという言葉は存在しません。生き続けることで現状が改善される望みがあるなら誰も死など選ばないでしょう。改善される望みなど持てないまま、果てしない苦痛が続くことに我慢できない、そこからの解放が唯一「死」しかないという状況なんですよ。(2012/09/06)

なぜかオダジマさんの論に切れ味が感じられません。本当はテーマにしたいことがあるにも関わらず、それを書ききれないとか、そういう頭の多くを占めてしまうような事柄を抱えておられるのではないでしょうか?(2012/09/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授