• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

いつかゴミになる日まで

2012年9月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アグネス・ラムの写真集が売り出されるのだそうだ。
 値段は3990円。
 ん? アグネス・ラムを知らない?
 たしかに、40歳より年少の皆さんは、名前を聞いたことがないかもしれない。

 簡単に説明しておく。アグネス・ラムは、1970年代に一世を風靡したグラビアアイドルの元祖みたいな人だ。CMや雑誌の表紙や電車の中吊りに、一時期は、顔を見ない日がないほどメディアに大量露出していたものだ。

 もっとも高校生だった私たちが見ていたのは必ずしも顔だけではなかった。というのも、彼女は、多くの場合、水着姿で登場していたからで……と、これ以上の解説は野暮だ。やめておく。どうせ言葉では説明できない。

 詳しくはウィキペディアを読んだうえで、Googleの画像検索でもひとあたり眺めてみてください。会社にいるなら後ろに気をつけて。

 ……と、精一杯親切に紹介してみたところで、おそらく、アグネスをはじめて見る人たちは誤解をしているはずだ。私には手に取るようにわかる。あなたたちは、典型的な偏見を抱いている。

 似たような水着写真のサムネイルが、画面上にズラリと表示されるのを見たら、誰だって
「要するにこういう感じで消費された人なんだな」
 と思う。それは仕方のないことだ。どのみち、本当のキモのところは、同時代に同じ空気を呼吸していた者にしかわからないのだ。

 あの時代のあの環境の中で、彼女の写真が、いかなる層に支持され、放課後の教室でどんなふうに迎え入れられていたのかは、1970年代に高校生だった者にしかわからない。

 だからもうこれ以上の説明はしない。誤解している皆さんは、一生誤解していれば良い。われわれが理解していると思っているその理解にしたところで、あの時代に蔓延したもっともポピュラーな誤解であったに過ぎないわけだし。

 それにしても3990円という値段は消費者を舐めている。
 われわれは舐められている。
 業界の人間は、「オヤジは何でも買う」と思っている。
 こんなことを許していて良いのか?

 ……でもまあ、買うヤツは買う。
 舐められて、足元を見られて、タカをくくられて、半笑いの顔でぞんざいな営業をかけられながら、それでも買うヤツは買うのだ。

 実際に、私は、買いそうな男の顔を四個ほど思い浮かべることができる。その顔は、「ウルトラQ」のDVDボックスを予約購入したメンバーと重複している。

コメント43

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「いつかゴミになる日まで」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授