• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ウは鵜飼いのウ

U is for UKAI

2012年9月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 原稿を書く仕事をしていて困るのは、書く内容が見つからないことではない。
 材料はいくらでもある。テーマも切り口も、それこそ売るほどある。
 とはいえ、だからといって、現実には、無限に原稿が生産できるわけではない。

 厄介なのは、書きはじめてみて、自分の書いた原稿が気に入らない時だ。いったんそう思うと、続行はかなり困難になる。気持ちが萎えてしまう。

 ダメな原稿は、書き出しの10行ほどで、なんとなくわかる。
 もう少し書き進めてみて、どうやら本格的にダメらしいということが判明してみると、もはや先に進むことは不可能になる。色々といじくりまわしてみても、どうにもならない。ダメなものはダメだ。
 というわけで、そういう原稿は、テーマごと捨てるほかに処理のしようがない。

 ここまで書いた以上、なぜダメなのかについても、種明かしをしておく。
 ダメな原稿がダメな理由は、実は、自分の原稿じゃないからだ。

 一見、うまく書けているように見えても、アイディアの根本のところが、誰かの書いた本の焼き直しだったり、雑誌の記事の再構成だったりすると、やっぱりうまく行かない。というよりも、ほかならぬ自分が、好きになれない。

 一方、他人の目にはつまらない原稿に見えているのだとしても、自分のアイディアが反映されているテキストなら、私は納得する。私はそういうタイプの書き手だ。すなわち、原稿の完成度よりもオリジナリティーを重要視しているということで、別の言い方をすれば、私は独善家なのかもしれない。

 だから、資料を集めすぎると、ほぼ必ず失敗する。
 もちろん、原稿を書き起こすにあたって、周辺事情について勉強することや、一次資料に当たることは、必要な段階ではある。特に、時事的なできごとや、政治経済にかかわる問題を扱うためには、最低限の知識はあらかじめアタマの中にインプットしておかなければならない。

 でも、あんまり材料を集めすぎると、資料に振り回されることになる。
 一人の人間が一定の時間内で消化できる情報量には、おのずと限界がある。その臨界量を超えた情報は、未消化なまま、垂れ流しにされる。
 と、結果として、他人の書いたテキストを並べ替えて書き写しただけの、学生のレポートみたいなものができあがってくる。

 それはそれで、まったく価値の無い文章ではないのかもしれない。でも、私は気に入らない。プロの書き手として、恥辱を感じる。

「どうしてオレが他人の考えを書き起こさないとならないんだ?」

 そう思ってしまうと、もうダメだ。タイピングする指が止まる。先に進むことができない。
 当然だ。私はゴーストライターではない。ピチピチの生命力は無理でも、せめてゾンビぐらいではありたいと思っている。だとしたら、他人の原稿を書き写していて良いはずがないではないか。

 今回は、わが身を反省する意味もこめて、「勉強」について書いてみたい。
 思うに、わたくしども21世紀の日本人は、「勉強」に毒されている。

 われわれはあまりにも安易に勉強して、その結果を、あまりにも単純に吐き出している。その結果、勉強家の皆さんのおりこうさんなご意見が席巻しているこの世界は、むしろ前世紀よりずっと息苦しい場所になっている。

 こんなことが起こっている原因のひとつは、「情報源」へのアクセスが容易になったところにある。
 私たちは、ウィキペディアを常備し、Googleをポケットに忍ばせている。
 で、誰もが事情通みたいな顔をしている。

コメント43件コメント/レビュー

石原伸晃氏に対して全く同じ意見を持っている人がいるのを知り、嬉しく思いました。小泉政権のころからその印象を持っています。もしかすると、本当は奥深く勉強しているのかもしれませんが、彼の発言からは浅さしか感じません。自分の信念・信条を発言しているというよりは、学校のテストで一番いい点を取るためにどう解答するのがいいか、見栄えのいい言葉を探しているかのような発言です。もちろん、見栄えのよさは政治家にとって大事なことですが、もう一段深いところから見栄えをよくできたらいいのにと感じます。(2012/09/25)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「ウは鵜飼いのウ」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

石原伸晃氏に対して全く同じ意見を持っている人がいるのを知り、嬉しく思いました。小泉政権のころからその印象を持っています。もしかすると、本当は奥深く勉強しているのかもしれませんが、彼の発言からは浅さしか感じません。自分の信念・信条を発言しているというよりは、学校のテストで一番いい点を取るためにどう解答するのがいいか、見栄えのいい言葉を探しているかのような発言です。もちろん、見栄えのよさは政治家にとって大事なことですが、もう一段深いところから見栄えをよくできたらいいのにと感じます。(2012/09/25)

問題の根源にあるのは、各党の党員が、例えば野田さんの政治理念を支持していないにもかかわらず、他に適当な看板がないから「人間として」ではなく「物体として、単なる看板として」野田さんを総裁に選んでいるという点でしょう。だから野田さんも、人間として理念を語ることが許されなくなってしまうのだろう。物体としての看板は、下ろすまでは同じことが書かれていなければならない。「自分の理念を語ること」と「総裁であること」のどちらが大切なのかを取り違えているようにも見える。各党の党員も「絵に描いた餅のような党の理念」などでは国民は支持してくれないこと、「生きている人間の理念、心からの声」が国民を動かすことに気づくべきだと思う。誤解を恐れずに言うならば「失言することがあったとしても自分の言葉で語る人」を支持する党でなければ、国民の信頼は得られないということを知るべきだ。オダジマさんも、いつも批判にさらされながらもコラムの読者コメントの数は少なくならない。それは「下らないことも書くが、コイツは自分の言葉で書いている」とみんな知っているからだ。その点が「好きではないが信用できる」と感じさせるのだろう。政治家の皆さんもそういうことをコラムニストから「勉強」したほうがいいのではないか。(2012/09/24)

現代はネット時代なので、マスコミの偏向報道にもある程度対処できますが、情報を読む立場としては、ネットもマスコミと基本的には同じスタンスで見ないといけない、ということを多くの人がわかっていないような気がします。検索した情報を読んでわかったような気になっている人が多い、ということを小田嶋さんは、警告していると、私は、(拡大)解釈しました。自分の考え方をしっかり持たない人(収集した情報で自分の考えを作ろうとする人)は、人に迎合しているだけです。まあ、人も細菌と同じで日和見菌が多数を占めているのは自然の法則なんでしょうか。(2012/09/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授