• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

鉄砲玉たるの資格

2012年9月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 電話が鳴る。
 と、思わず身構える。

 最近、固定電話にかかってくる電話は、マトモなものの方が少ない。
 先物取引、銀行のキャッシング勧誘、保険会社の契約確認を装った新商品セールス、生協のロボット電話、宗教団体のランダム折伏……もしかすると、あと5年ほどで固定電話のビジネスモデルは壊滅するかもしれない。それほど、回線に乗る通話の内容は劣化してきている。

 いまのところはまだ、登録に際して自宅の電話番号を必須とするタイプの契約書類が残っていたりする。が、その種の設定も順次カタチを変えて行くはずで、そうなると、いよいよ「家の電話番号」を持っていることが「市民」の証であった時代は過去のものになる。この流れは誰にもとめられないだろう。

 おそらく、10年後のこの国を動かしている新しい市民階級は、新聞と電話と自家用車を持っていない。
 それらの代わりに、彼らが何を持っているのかは、まだはっきりしない。
 もしかしたら、何も持っていないのかもしれない。

 15年ほど前に知人から聞いた話だが、当時は、アメリカでアパートを借りるためには、銀行口座を持っていることが必須だったのだそうだ。

 ところが、銀行に口座を作りに行くと、窓口で住所と電話番号を求められる。
 えっ、と思ってAT&Tに電話回線の契約に行くと、今度は、銀行口座と住所が無いとダメだと言われる。

 三題噺みたいなお話だが、これは実話だ。
 結局、私の知り合いは、たらい回しにあったあげくに、クライアントの紹介で銀行口座を作るところを突破口にして、なんとか3つの市民の証を手に入れたということなのだが、かように、20世紀の世界では、洋の東西を問わず、電話は、市民が市民であるために必要なアイコンのひとつだったのである。

 その電話の解体は、「家」なり「世帯」という単位で把握されていた「市民」が、「個人」にバラけたことを意味している。

 だから、今、こういう時代になってみると、固定電話の発信音を鳴らす通話の多くは、「過去」からかかってきている感じがするわけで、事実、学生時代の仲間の訃報や、血縁がらみの連絡事項や、昔の名簿を元に連絡をしてくるタイプの「古い」用件は、どれも固定電話の回線をたどってやってくる。

 電話取材もそうだ。彼らは必ず固定電話のベルを鳴らす。これについては、いまのところ例外はない。

 先方が私の携帯の番号を知らないという事情はある。が、知っている相手でも、取材の場合は、必ず固定電話にかけてくる。そうするのがスジだといった規範意識みたいなものが働いているのかもしれない。取材を携帯の回線で済ませるのはいかにも安直でいけない、とかなんとか。

 どっちみち安直なことは変わりない。少なくとも、こちら側からみれば大差はない。が、取材をする側の気持ちとしては、なんというのか、携帯よりは、固定電話の方が、より「パブリック」な声を代表していると思いたいのかもしれない。

 用件は様々だが、ネタは割れている。
 電話取材で「識者」のコメントを収集している記者は、こちらの発言について、予断を持っている。

コメント24件コメント/レビュー

まず第一に固定電話より携帯の方がろくでもない。携帯は通話よりメールの方が多いことを考えると自宅のPCに来る迷惑メールを含めて数を取るべきだ。携帯はブロック機能が豊富なので一方的な電話を拒絶しているが固定電話は殆ど拒絶されていない。また着信の都度電話口まで行かなくてはならないから迷惑と感じるだけであろう。話のつかみとして引き合いに出したのだろうが、正しい統計がなされていないと表明してからの記事は記事そのものも鵜呑みにできない。検証してみたくなる。後半の同意を求める記事内容は理解できるが、これこそが携帯文化ではないのか?常に誰かと繋がっている、自分でなく誰かが言っていたことが意見となる、討論でなく同意する者を選択してあたかも多数であると工作(錯覚)する、など。記者の劣化も形態文化の浸透だからやむをえないでしょう。(2012/10/01)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「鉄砲玉たるの資格」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

まず第一に固定電話より携帯の方がろくでもない。携帯は通話よりメールの方が多いことを考えると自宅のPCに来る迷惑メールを含めて数を取るべきだ。携帯はブロック機能が豊富なので一方的な電話を拒絶しているが固定電話は殆ど拒絶されていない。また着信の都度電話口まで行かなくてはならないから迷惑と感じるだけであろう。話のつかみとして引き合いに出したのだろうが、正しい統計がなされていないと表明してからの記事は記事そのものも鵜呑みにできない。検証してみたくなる。後半の同意を求める記事内容は理解できるが、これこそが携帯文化ではないのか?常に誰かと繋がっている、自分でなく誰かが言っていたことが意見となる、討論でなく同意する者を選択してあたかも多数であると工作(錯覚)する、など。記者の劣化も形態文化の浸透だからやむをえないでしょう。(2012/10/01)

「SNS右翼」を知らずに「SNS左翼」のことを聞かれても困りますよね。ところで、「ネット左翼」もあるんでしょうがどなたかどのような連中のことを言うのか説明してください。そもそも、左翼、右翼の区別を現在は何で行っているのでしょうか?いわゆる国粋主義、或いは愛国主義一般が右翼なのかなぁ?{40~50年昔は、共産主義に対する支持、反発の度合いで左右の別をしていたのでしょうが・・・}(2012/09/30)

読者の質も落ちたもんだ。「来年から本気出す」=本気を出すつもりはない だろw(2012/09/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授