• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スポーツカー(86)は役員会議で作るべからず

第165回:トヨタ 86 【開発者インタビュー編 その4】

2012年10月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 今週は目出度いことが続いたのでそのご報告を。

 まずはBaby newsから。
 トライアスロン仲間の倉本浩一・リエチ夫妻に玉のような赤ちゃんが生まれました。ウエイト3710gと誕生当初から大物ぶりを伺わせております。せっかくトライアスロン夫婦から生まれた子供なのですから「鉄子にしろ」とか「いやガチ子だ」とか勝手な案が飛び交っておりましたが、最終的には「蘭」ちゃんと命名されました。RUNにかけたのでしょうな。
 手ブラで見舞いに行った上に他の人が持ってきたドラ焼きとかバナナとかを貪り食って大変失礼いたしました。おいしゅうございました。

 お子様が健やかに育ちますよう。

リエチは気の強い跳ねっ返り娘だったのですが、子供を産んだ瞬間から母親の表情に。一方の浩一くん、瞬時に父親スイッチとはいかないご様子。まあ焦らず慌てずのんびりとね

 お次はフランフランの20周年記念パーティーでの1コマ。

 天王州アイルに1号店がオープンしたのが1992年7月のこと。それまでは気の利いた雑貨店と言えばソニプラくらいしかありませんでしたから、その登場は衝撃的でありました。以来着実に店舗数を増やし続け、今では国内外160店舗にまでなりました。昨年は運営会社であるBALS(バルス)を衝撃的なMBOで上場廃止され、高島さんも香港に居を移しアジアでの展開を始めています。香港、或いはシンガポールで上場する日も近いでしょう。

BALSの高島さんと。ロサンゼルスで開かれたトライアスロン大会の帰路、空港のラウンジで「今までとこれから」のお話をじっくりと伺ったことがあります。大変勉強になり、刺激にもなりました。有言実行の方ですね。益々のご発展を祈念いたします

 「ヨタは1ページまで」のお約束ですから今日はこの辺で。些か慌ただしい展開ですが早速本編へと参りましょう。

 トヨタ自動車 「86」開発者、スポーツ車両統括部 ZR チーフエンジニア 多田哲哉さんへのインタビューの最終回です(何しろ4回も引っ張りましたからね。いい加減今回で上げないと他のクルマに乗れなくなってしまいます)。

コメント29

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「スポーツカー(86)は役員会議で作るべからず」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者