• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ボルボやアウディに人材を供給する、あの日本車メーカーとは?

第168回 ボルボ V60 【インタビュー編】

2012年11月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

(ヨタ話を飛ばしてインタビューをすぐ読みたい方はこちら

 先週の週末はお台場の公園で自動車評論家、河口まなぶ氏が仕掛けたイベントに遊びに行ってきました。クルマとチャリを融合させた、6輪生活を楽しむオトナの集い「On The wheel」であります。

 当日は100名を超える参加者に、スバルやらフォルクスワーゲンやらが試乗車まで出して大盛り上がり。

 時間によっては試乗一時間待ちになるほどの大人気でありました。

 ここへクルマを出したのは慧眼でしょう。なぜなら先日某車が開いた一般向け試乗イベントでは惨憺たる……以下略。

試乗車ではありませんが、こんなクルマも。MAVICのサポートカーはBRZなんですな。ちなみにMAVICはフランスの自転車部品メーカー。最近トライアスロンの会場では“トライヘリウム”という超軽量シューズをよく見かけます。

 私も愛車フェル2号をボルボに載せて(こちらは今回特集したV60をSUV(多目的スポーツ車)化したXC60です)馳せ参じました。

 当日は9時開始。私は1時過ぎに到着したので一部の参加者は既に帰られた後でしたが、それでも多くの熱心な方々がクルマ談義、チャリ談義に花を咲かせておられました。

愛車フェル2号を展示すると、すぐさまかような人だかりが。フェル2号です。南極2号じゃありません。

 当日はロード乗りからMTB(マウンテンバイク)乗り、さらにはミニベロ(小径車)からリカベント(寝そべって足を前に蹴りだして乗るタイプの自転車)を愛車とする方まで、様々なタイプのサイクリストが集まっていました。その場で分解修理を披露される方などもいて、本気度高し。

「バイシクルNAVI」の編集長、河西 啓介氏。なんと幌を開け放したアルファのスパイダーにロードレーサーを2台も積んでの登場。雨が降ったらどうするのでしょう。
当日の首謀者……じゃなくて主催者、河口まなぶ氏と。お疲れさまでした。そういやバイクで一緒に走ったことがなかったですね。ニュルではカモられましたが、バイクじゃそうはいきませんぜ!

 話は飛びますが、先日参加したジョン・キム先生の出版記念パーティーで撮った一枚。

iPhone5により破竹の勢いで快進撃を見せる某A社。何と名刺が5色の中から選べるようになっています。「お好きな色をどうぞ」と。

コメント12

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「ボルボやアウディに人材を供給する、あの日本車メーカーとは?」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授