• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お父さんが大学に行った理由

2012年11月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 来年4月の開学を目指していた秋田公立美術大学(秋田市)など3大学について、田中真紀子文部科学大臣が新設を不認可とした問題は、事件勃発から4日を経て、一転、既定の方針通り認可することで落着しようとしている。

 当初「田中文科相不認可問題」というタグでまとめられていたこの話題は、いつしか、「真紀子大臣不認可騒動」という感じの微妙におちゃらけたタイトルに差し替えられ、紙面での扱いも、政治面から社会面に移った。3日目からはスポーツ新聞に下げ渡された。現在は、最終段階としてワイドショーの画面上で処理されている。なんというのか、ライオンの食べ残しをハイエナがつつき回し、そのまた残骸にハゲタカが群がっている図に似ている。

 ってことになると、それをまたひっくり返している当欄は何なのかという自問がこみあげて来るわけなのだが、深く考えるのはよそう。ニュースにも食物連鎖がある。わたくしどもは清掃業を営んでいる。世界は美しい。

 おおまかな経緯は以下の通りだ。

1.真紀子大臣が不認可の意思を表明(11月2日)
2.秋田美術大学長などが反発(4日)
3.真紀子大臣、文部科学委員会で「まだ不認可の文書は出していない。世間は誤解している」と釈明(5日)
4.真紀子大臣「新基準で審査する」として、3大学不認可処分を事実上撤回(6日)
5.真紀子大臣は、3大学について「今回(の騒動が)逆にいい宣伝になって4、5年間はブームになるかもしれない」と記者団に語る(7日)

 こうしてあらためて起こったことを並べ直してみると、あまりにもばかばかしくて真面目に取り合う気持ちになれない。
 「劇場型政治」という言葉自体、もはや手垢のついた表現だが、当件は劇場型ですらない。
 ラノベ型政治、あるいは猿回し会見ぐらいに形容するのがせいぜいだろう。

 とはいえ、ここまでバカげて見えるお話には、かえって大真面目な問題が隠されている。というのも、芝居がかった事件は、表面的な筋立てとは別のところに犯人を隠匿しているものだからだ。

 実際、「事件」が「騒動」に変質し、「火ダネ」が「炎上」に発展して行く中で、「大学の淘汰」という、これまでたいして紙面を割かれることのなかった話題が、いつの間にやら国民的な関心事になっている。もし、誰かが大学設置問題を国民世論にアピールする目的で、この度の騒動を仕組んだのだとすれば、その人間は、まんまと大成功を収めたことになる。

 陰謀論を弄んでいるのではない。
 が、私は、真紀子大臣が、はじめから3大学の認可取り消しを意図してこの度の行動を起こしたというふうには、どうしても思えないのだ。

 無論、真紀子大臣が、後先のことを考えられない天然モノの三秒頭である可能性は否定できない。でも、だとすると、問題の本質は、真紀子大臣の手腕というよりは、野田首相の任命責任に帰着させなければならない。だが私は、そういう問題ではないと思っている。いかな真紀子さんとて、3手先ぐらいまでは考えて行動しているはずだ。

 思うに、真紀子大臣ならびに文科省の狙いは、はじめから、「大学の数」をめぐる問題をテーブルにのせるところにあった。そう考えた方が色々なことの辻褄が合う。

 今回の騒動が、発端から着地点まで周到に計算された芝居だったとまで言うつもりはない。が、ある部分までは、田中真紀子という稀有なキャラクターを利用した広報だったはずなのだ。

 真紀子大臣は、弁も立つし、何より絵になる。だから、ちょっとしたことでいつでも記者を集めることができる。

 おそらく、自分のアタマの良さを自認している人間が真紀子さんとタッグを組んだら、真紀子さんを使って一興行打ちたくなるはずだ。そうでなくても、真紀子さんをアドバルーンに、何かを訴えるぐらいなことは企画したくなる。そうさせる何かが彼女にはあるのだ。

コメント69件コメント/レビュー

大臣の件は、本人が申請内容を確認した上で妥当だと思う理由で決断していれば、何も問題なかった話。いきなり言うなんて非常識だ、と言っている人もいたが、大臣が判断をするタイミングは最終的な状態と決まっているので、今の制度では適切であるはず。「もう校舎も完成しているし、募集もしている」って、最終的にOK/NGの判断が下せる今の制度に問題がある。で、どうして大学が新設されるのか?申請しているのは、ほとんどが何らかの学校を既に運営している上での大学新設。少子化で経営が厳しくなってきた→何もしなければ破たんしてしまう→大学を新設すれば補助金がもらえる→しばらく(少なくとも自分が経営者でいる間)は破たんから逃れられるかも。って感じでしょうか。冷静に考えれば、学生が入学してくれたら授業の質が悪くても確実に授業料を払ってくれるワケで、こんな美味しくも計算が成り立つビジネスはないかもしれませんね。(2012/11/12)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「お父さんが大学に行った理由」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

大臣の件は、本人が申請内容を確認した上で妥当だと思う理由で決断していれば、何も問題なかった話。いきなり言うなんて非常識だ、と言っている人もいたが、大臣が判断をするタイミングは最終的な状態と決まっているので、今の制度では適切であるはず。「もう校舎も完成しているし、募集もしている」って、最終的にOK/NGの判断が下せる今の制度に問題がある。で、どうして大学が新設されるのか?申請しているのは、ほとんどが何らかの学校を既に運営している上での大学新設。少子化で経営が厳しくなってきた→何もしなければ破たんしてしまう→大学を新設すれば補助金がもらえる→しばらく(少なくとも自分が経営者でいる間)は破たんから逃れられるかも。って感じでしょうか。冷静に考えれば、学生が入学してくれたら授業の質が悪くても確実に授業料を払ってくれるワケで、こんな美味しくも計算が成り立つビジネスはないかもしれませんね。(2012/11/12)

そんな大学にも入れない人は、志願制の自衛隊に入れば宜しい。あそこにも「青春」は有りますぞ。腰掛けもOKです。入学金も要らない上に奨学金(給料)も貰えます。その上、何かの時は国のお役にも立てて、一石3鳥!(2012/11/12)

ダメ若者って、よく言うよ。自分達もモラトリアムの収容所暮らしをしていただろうに。上の世代からダメ若者といわれていただろうに。そういうあなたの子供達もダメ若者の部類だろうに。それ、茶の間の正義です。(2012/11/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長