• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ボルボ党」のベテラン医師が、30年以上“浮気”しない理由

第170回 ボルボ V60【ユーザーインタビュー編】

2012年11月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 ヨタ飛ばしのリンクはことのほか好評のようでございまして、擁護派もアンチ派もこれで棲み分けができて一安心。めでたしめでたしでございます。

 アンチヨタの方はこちらをポチッと。のちほどお目にかかりましょう。

 さて、この週末は久しぶりにオープンエアで海辺の道を飛ばして参りました。

季節外れの穏やかな天気で気温は何と22℃。半袖に窓全開でドライブができました。潮風が気持ちいい

 考えてみれば自分のクルマで遠乗りするのなんて3ヶ月ぶりのことです。このごろ立て続けに試乗車を預かっていたものですから、愛車フェル11号はガレージでホコリまみれになり、自分の出番を今か今かと待ちわびていたのです。先月車検を受けた際も、「タマにはエンジンを回さないと、腐っちゃいますよホント」とクルマ屋さんに言われたものです。週に1回のペースでアイドリングくらいはしていたのですが、それもほんの気休めレベル。オイルが下に落ちきってしまうのを防ぐ程度のものでした。

さすがに日陰に入ると涼しく感じますが、座席後ろのシールドを立てれば風の巻き込みはほとんどありません

 オープンカーというと夏のイメージがありますが、実は春先と今の季節が一番快適です。真夏なんてクソ暑くて乗れたもんじゃありませんし、冬は冬でまたクソ寒い。皮ジャンを着込み、ニットキャップを被り、「冬こそオープンよ」とのたまう方もおられますが、やせ我慢は体に毒です。意地を張らず、屋根を閉めちゃえばいいんです。

 で、伊豆を走るときに必ず訪れるのがここ。いとう漁港直営の店「波魚場」であります。波止場ではなく波魚場と、「止める」が「魚」(とと)になっているところがミソです。

 潰れたファミレスを居抜きで使用した手作り感覚あふれる店ですが、漁港直営だけあって何しろ魚が新鮮でメチャ旨い。しかも安い。このあら煮定食なんて900円です。

豪華二段重ねのあら煮にプラスして、大盛りご飯に大盛り味噌汁。ひじきの煮つけに白身のお刺身までついてお値段たったの900円

 ランチタイムだけ開店の超強気営業が、武士の商法ならぬ漁師の商法でステキです。

あら煮のアップ。どうですこの威風堂々たる居ずまいは。私はもう骨までシツコクしゃぶり尽くしました。おいしゅうございました

コメント20

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「ボルボ党」のベテラン医師が、30年以上“浮気”しない理由」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長