• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

最大与党を代表して一言

2012年11月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 選挙が近づくと気分が塞ぐ。
 理由は、ウソをつかねばならないからだ。

 というよりも、選挙について正直に思うところを書くと、必ず叱られるわけです。
 この10年ほど、ずっとそういうことが続いてきた。

 投票に関して不用意な本音を吐露すると、必ずや四方八方から集中砲火を浴びるのだ。
 で、謝罪に追い込まれ、改心を余儀なくされ、「次の選挙では、必ず投票所に足を運びます」と誓うことを求められる。

 だから、選挙については、ここしばらく、率直な心情を吐露していない。
 で、気が重いわけだ。

 わかったよ、良識ある市民のふりをすれば良いわけだろ? と、やさぐれた気持ちで路傍の石を蹴る――いい年をした男のやることじゃないとは思いながらも、こればかりはどうしようもない。なんとなれば、酒をやめた時、私は大人であることに伴うあれこれを一緒に放棄したからだ。わがことながら子供っぽい弁解だとは思う。でも、子供っぽい気分の中でしか生き残れない何かを固守する生き方を選択した以上、馬鹿は承知の上なのである。

 つい先日、ある会合で会った若い人に

「最近オダジマさんは、コラムの前段に当たる部分で『馬鹿は承知だ』という意味の弁解を必ず書いているように思います」

 という、大変に鋭い指摘を承った。
 なるほど。
 ぐうの音も出ない。

 が、それでも、馬鹿は承知だという事前弁解を見破られていることを承知の上でなお、私は同じ手順の馬鹿を型どおりに展開する所存でいる。なぜなら、コラムというのは、利口な人々の考えではなくて、馬鹿な人たちの存念を代弁する枠組みであると考えるからだ。

 今回の選挙で、私が投票に行くかどうかは、内緒だ。
 なんというのか、内緒にするだけの世間知ぐらいは、この何年かで身につけたと、そういうふうに理解してほしい。

 で、内緒にする代わりに、ここでは、「どうして選挙について本当のことを言うと叱られるのか」という点についてあらためて考察してみようと思っている。

 さよう。変な話だ。
 でも、これは案外に重要な論点なのである。

 つまり、わたくしどもの社会は、55年体制崩壊以降の政治状況において、常に最大与党の地位を独占してきた「政治不信党」の主張に耳を傾ける努力を怠ってきたわけで、その「政治不信」への関心と愛情の少なさが、現在の政治状況の混迷を招いていると、ちょっと大げさにいえばそれぐらいのことは言って良いはずなのだ。だからこそ私は、「主張しない人々の声」や、「投票しない人間の票」について真面目に考える回路をどこかに確保しておかないと、この国の政治は、この先どこまでも硬直して行きますよ、ということを、この場を借りて、せめて選挙前に言い残しておきたいのである。
 
 われわれは、政治について語る時、賢いふりをしたり、正しいふりをしたりしがちだ。

 その一方で、わたくしどもが政治を通して実現しようとしている思いは、必ずしも正しさや賢さではない。かなり多くの場合、われわれは、政治を介して、復讐や憂さ晴らしみたいなことを企んでいる。もっとはっきり言えば、政治というのは、人々の怨念や嫉妬を実体化させるための、ある意味で非常に俗っぽい装置なのだ。

 にもかかわらず、市民社会の建前では、政治的にふるまうことは、市民としての良識にかなった、崇高な態度であるというふうに説明されている。この実態と理念の乖離が、政治をめぐる言葉を空疎に響かせ、聞いている人間をうんざりさせるのである。

小田嶋隆×岡康道、「人生の諸問題」なイベント開催!
小田嶋隆さんと、高校の同級生(「人生の諸問題」でおなじみ)、岡康道さんのトークイベントが12月4日(火)、代官山蔦屋書店で開催されます。詳しくはこちらを。

コメント105件コメント/レビュー

民主主義の世の中だから小田嶋さんがどのような意見をお持ちでも構わないが、選挙に行かないことを正当化するような発言は謹んでもらいたい。4割に満たない投票者に選挙結果を任せておいて「碌な議員が居ない」「誰がなっても同じ」などと投票者に結果責任を負わせ、自分達は遊びに行っている輩の如何に多いことか。小田嶋さん自身もその一人であるのかその代弁者なのかは知らないが、『最大与党』なんてふざけた言い方をしないでもらいたい。なぜ「白紙投票」「全て×」を進言しないのか?(2012/12/03)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「最大与党を代表して一言」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

民主主義の世の中だから小田嶋さんがどのような意見をお持ちでも構わないが、選挙に行かないことを正当化するような発言は謹んでもらいたい。4割に満たない投票者に選挙結果を任せておいて「碌な議員が居ない」「誰がなっても同じ」などと投票者に結果責任を負わせ、自分達は遊びに行っている輩の如何に多いことか。小田嶋さん自身もその一人であるのかその代弁者なのかは知らないが、『最大与党』なんてふざけた言い方をしないでもらいたい。なぜ「白紙投票」「全て×」を進言しないのか?(2012/12/03)

小田嶋さんのお気持ちは十分わかります。選挙自体に対する無力感というか、民主主義の限界を感じます。でも、今回の選挙は、いつもよりは、選択肢が増えて少しは、選挙に行く意味も感じられるのではありませんか。今回の選挙でどの党も同じぐらいの当選者数になってくれることを期待してます。中央の政治がどうであれ、地方や民間の力が世の中を動かしているんですから、極論をいえば、中央は、どうでもいいんです。(2012/12/03)

「この人だけは当選してほしくない」制度も、人気投票である点ではまったく同じだとおもいますけど。よく知りもしないで報道のイメージを無批判に受け入れて投票しちゃうひと続出でしょ。今の制度の方がマシ(2012/12/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員