• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

イルミネーションが後ろめたさを照らし出す

2012年12月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 電力各社の電力使用状況が、時々ツイッターのタイムラインに流れてくる。
 親切な人やおせっかいな人や押し付けがましい人や心配性の人が、それぞれ、折にふれてリツイートしてくれるからだ。

 見ると、たしかにこれは、かなりヤバい。
 この夏、大飯原発の再稼働を前に、電力不足の懸念が叫ばれていた当時と比べても、状況はさらに逼迫している。

 東京電力は、なんとか90 パーセント前後で持ちこたえている(それでも12 月10 日には90.33%に到達した)が、中部電力東北電力北海道電力は、連日90 パーセントを超えている。軒並み、真っ赤な警報ラインだ。特に東北電力は、12月9 日に97 パーセント、10 日に95 パーセントを記録している。これって、ほとんど電力ダウン寸前ではないか。

 ここへきての電力不足の原因については、原子力発電所の停止以外にも、火力発電所の定期点検や事故による停止など、いくつかの要因が背景にあると言われている。
 一部には、「総選挙を意識した電力会社による自作自演ではないか」と言っている人々もいる。
 どっちにしても、電力各社が経年劣化した火力発電所をギリギリのところで操業させていることはたしかで、総体として、電力の需給状況が厳しい状況にある点は、動かしがたい。こんな記事もある。 

 大変に憂慮すべき事態だ。

 なのに、クリスマスシーズンの町を歩くと電飾が目に飛び込んでくる。
 12月に入ってからこっち、都心の繁華街はどこもかしこも贅を凝らしたイルミネーションを競っている。
 六本木のけやき坂も、新宿のサザンテラスも、赤坂のサカス周辺も、ピッカピカのキンキラキンのギーラギラだ。

 こういうのは、おかしいのではないか?

 今回は、「節電」について考えてみたい。

 わが国のエネルギー政策のあるべき姿だとか、原子力行政の光と影だとかいった話題については、もっとアタマの良い人たちが別の枠組みで演説をしてくださるのであろうからして、私は、そこのところには踏み込まない。

 あくまでも、ちまちまと「節電」に絞って話をしてみる所存だ。

 というのも、これから先、わが国の原子力行政がいずれの陣営の思惑で動かされることになるのだとしても、節電が重要な課題である点は変わらないはずだからだ。電力のモトがどこからやって来るのであれ、われわれが、これから先の先細りの時代を、野放図に電気を浪費しながら暮らしていて良い道理は無い。

 にもかかわらず、電飾は今日もピカピカしている。
 ロマンチックだとか幻想的だとかファンタジーの世界にいるみたいだとかなんとか、セクシーサンタの衣装を身にまとったレポーター嬢は、しきりに嬌声をあげて両手をくるくるさせている。

 なんと馬鹿馬鹿しい顛末ではないか。

コメント55件コメント/レビュー

YouTubeの上向き親指、下向き親指みたいに、ここのコメント欄にも「評価する」「評価しない」のスイッチをつけられませんか? 小田嶋氏が考え書く労力の1%の思考もなさずに書き散らされるのに、うんざりする。(2012/12/15)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「イルミネーションが後ろめたさを照らし出す」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

YouTubeの上向き親指、下向き親指みたいに、ここのコメント欄にも「評価する」「評価しない」のスイッチをつけられませんか? 小田嶋氏が考え書く労力の1%の思考もなさずに書き散らされるのに、うんざりする。(2012/12/15)

震災以前からクリスマスシーズンのイルミネーションについては、「バカじゃないか?」と感じていたし、今年は今年で「おいおい、こんなにギンギラギンにして一体どうしたんだ。去年の騒ぎをもう忘れてしまったのか、何だかおかしくないか?」と思っていたので、小田嶋氏の今回コラムには全面的に同意する。要は、感性の問題ですね。 ■小田嶋氏のコラムに対して経済的な観点から反論するコメントが多いが、何だかんだ言ってアメリカ由来の経済至上主義、奇妙な楽観主義が骨身に沁みついてしまっているだけだね。未だに経済成長を標榜したり、TDLの何たらパレードに涙したり、「感性」の違いは埋めようがない。こういう方々が天声人語式の「ひとりひとりが自分のこととして考えなければならない」風な「反省」を容易に共有するんだろうな。 ■反省という言葉で思い出すのが、戦後間もなく文壇論壇で知識人の戦争責任問題が論じられた時に、小林秀雄が「頭のいい奴はたんと反省するがいい。俺は馬鹿だから反省などしない。」と言って、第二次大戦について一切語らなかったことだ。様々な批判に対して、小林秀雄は沈黙に耐えた。これは逆説で、この沈黙の中にこそ小林秀雄の反省がある。自分のことは棚に上げて偉そうに説いてみせる天声人語式の「反省」とは千里の径庭がある。 ■而して、感性の違いは世代・年代の違いを超えて大きいものがあるんだねえ。(2012/12/15)

田舎に住んでイルミネーションをみなければいいのかなと思います。(当方暗い田舎好き)ただ、イルミネーション必要な方に、新しい発電所の建設費用は負担してほしいなと思いますが。(2012/12/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授