• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“懲罰”できるほど、われわれは偉いのか?

2012年12月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 選挙の翌日、開票結果の全容が明らかになった時点で、私は以下のような感想をツイッターに書き込んだ。

「自民党が大勝したのは痛恨だけど、民主党の惨敗はざまあみろだから、今回の選挙はオレの中では一勝一敗の五分だよ。」

 たわけた言説だと思った人は正解。これは、理屈になっていない。モロな自家撞着だ。

 とはいえ、冗談にまぎらせてはいるものの、このコメントは、私の本心ではある。
 つまり私は、自民、民主のいずれにも肩入れをしていなかったわけで、そういう無党派の人間からしてみると、上に挙げたツイートは、明らかな矛盾をはらんでいながら、それなりに正直な感慨なのである。

 本来であれば、選挙の結果に対して、有権者は、自分の支持政党の勝利なり敗北に応じた受け止め方をするはずだ。

 自民党を支持していた人間にとって、今回の開票結果は喜ばしいものであったはずだし、民主党を応援していた人間は、まったく逆に、この度の結果に落胆せねばならない。

 ところが、私の知る限り、かなり多くの人々が、アンビバレントな感慨を表明している。

「一言で言ってどうだった?」
「一言じゃ言えないよ」
「強いて言うなら『ヨロコワい』ぐらいか?」
「『ザマ悔しい』という感じもあるな」
「オレは『オザい』にしとく」
「『閣下掻痒』ぐらいでいかがでしょうか」

 メディアの論評も然りで、民主党の敗北を「必然」としながら、自民党の勝利を「本当の支持ではない」と決めつけるタイプのコメントが各所で大手を振るっていた。

 これって、変ではないのか?

 私自身の感想が、スジの通らない「一勝一敗」のヌエ的なジョークに着地してしまったのは、キャラクター的に仕方がない(って、自分で「仕方がない」というキャラもどうかとは思うが)のだとしても、専門家を自任するコメンテーターが、一方の敗北を確認していながら、もう一方の勝利を認めていないのはアンフェアではないか。

 もしかして、きょうびの選挙は、敗北だけがあって、勝者のいない戦いなのだろうか。

 思うに、私を含めた無党派層の多くは、これから先しばらくの間、自分たちが政治に対して真摯な関心を抱いてこなかったことへのしっぺ返しを受けることになる。気まぐれに買い求めた安物の調理器具でやけどをしたり、たいした覚悟もなく始めた習い事にスケジュールを圧迫されたりというお話は、われわれの日常にありがちな失敗談だが、相手が政治ということになると、支払うべき軽率へのコストは高いものにつく。われわれはそれを覚悟せねばならない。

 今回は、どうして私が政治に興味を持てなかったのかについて書いてみることにする。

 いまここで私は「われわれ」という主語を使うことを自粛したのだが、かなり多くの読者にとって、私の問題は共有されていると思う。私たちは、ずっと長い間、政治にうんざりしてきた。のみならず、政治家を軽視し、嘲弄し、笑いものにしてきた。そのことの結果は、投票率の低さと、投票行動の極端さの両方にあらわれている。で、この先、政治不信の結果は、ほかならぬ政治の混迷という、よりやっかいな現実として立ちはだかることになるだろう。

 有権者が政治を軽視しているということの意味は、単純に興味を持っていないというだけではない。

 より重要なのは、われわれが政治に携わる人間を軽蔑していることだ。

コメント59件コメント/レビュー

お客様は神様だと、商人が客を気持ちよく買い物をさせる為に言う。しかし、客の中には自らを商人の前では「神」だと信じるバカが出現。増殖し止らない。ある点までは商人の思うつぼだったが、何時からか、モンスターと呼ばれるまでに成長した人々が増えてしまった。政治に対しても、やはり自らは客だと思う人が増えたのと、同じ事だろう。何らかの利益を与える人、それは商人と同じだ。先生も客からしたら商人なのだ。権威が落ちるのは当然だ。医師も先生。教授も、政治家も、みんな先生だ。ネットのおかげで知識は増えた。しかし頭が良くなったわけではない。その証拠に、客は棚を眺めながら上を向いてぼた餅が落ちてくるのを待っている。落ちてこないといって文句ばかり言うのだ。(2012/12/25)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「“懲罰”できるほど、われわれは偉いのか?」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

お客様は神様だと、商人が客を気持ちよく買い物をさせる為に言う。しかし、客の中には自らを商人の前では「神」だと信じるバカが出現。増殖し止らない。ある点までは商人の思うつぼだったが、何時からか、モンスターと呼ばれるまでに成長した人々が増えてしまった。政治に対しても、やはり自らは客だと思う人が増えたのと、同じ事だろう。何らかの利益を与える人、それは商人と同じだ。先生も客からしたら商人なのだ。権威が落ちるのは当然だ。医師も先生。教授も、政治家も、みんな先生だ。ネットのおかげで知識は増えた。しかし頭が良くなったわけではない。その証拠に、客は棚を眺めながら上を向いてぼた餅が落ちてくるのを待っている。落ちてこないといって文句ばかり言うのだ。(2012/12/25)

今回の記事には同意できません。国民が・・・との声は数々ありますが、その国民に情報を発信しているマスコミの問題のほうが大きいのではないかと思います。また、昭和40年代との比較がありましたが、そのころとの比較もあまり意味がないと思います。当時は高度成長時代で、政治家のレベルが低くても経済発展で問題が出にくい時代だと思います。そのころから政治家のレベルが下がったのではなく、厳しい環境になったのに、相変わらず低いレベルの政治家だったとのことではないでしょうか。また、自民党が勝ったのではないのは比較して議席が伸びただけで得票率は変わらないのだから、単純に民主党が自滅したのは正しい判断だと思います。逆に民主党政権に対し、投票しなくなったのはその政権運営にNOを突きつけたのであり、国民のレベルが低いとの単純なコメントはそれこそレベルの低いものではないでしょうか。(2012/12/25)

小田嶋さん、政治にベストを求めすぎではないですか。所詮選挙民がベターを選ぶだけだと思いますよ。政治家(政治屋もいるが)も人間で職業を選択しているだけでは。間違いもするし不用意な発言もする。それから、中学校の英語の教科書にもありましたが、「権利」のあるところには必ず「義務」がある。「権利」を主張して「義務」を果たさないのは「権利」を放棄することにつながりませんか。「投票しない」事は「権利の行使」ではなく、「義務の放棄」だと考えます。断定は出来ないが。半年後の「参議院選」でベターな議員候補が見つかることを祈っております。(2012/12/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長