• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

あってはならないし、なくなりもしないものについて

2013年1月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 体罰の話はあんまりしたくない。
 いくつかの媒体で既に書いていることもあって、どう書いても話が重複するからだ。

 といって、重複を避けるためにあえて角度を変えて書く試みは、ほぼ必ず失敗に終わる。一番おいしい話は既に書いてしまっているわけだし。

 今回は、何度か書き始めて、その度に、アタマの10ラインほどのところで挫折している。

 それでもテーマを変えずに頑固に書き進めてみようと思っているのは、何回か書き直しをしているうちに、「今のこの“書きたくない”という気持ちの中に、問題の解答が眠っている」という直感を得たからだ。

 もっとも、コラムニストの直感は当てにならない。

 とっかかりが見つからない時や、オチを求めてさまよっている時、書き手は、かなりとんでもないところに活路を求める。

 道に迷った雀が煙突の中で死んでいる絵柄を思い浮かべてもらうと良いのかもしれない。
 私は、時々、煙突の中で羽ばたいている。

 というよりも、「活路を求める」タイプのソリューションを採用している時点で、執筆者は、正常な思考法から逸脱している。その意味からすれば、経験を積んだコラムニストが、アイディアに行き詰まった挙げ句に到達する「活路」は、外から見れば、墓穴なのである。
 
 それでもなお、詭弁や奇論珍説に頼ってでも、最後にもう一度だけこの件について書かねばならないと私が思い定めているのは、この度、大阪で起こった体罰による高校生の自殺事件に関連して、巷間で戦わされている体罰論のどれもこれもが、私がツイートした内容も含めて、どうにも空疎に思えるからだ。

 空疎でないにしても、既視感を抱かせる議論ばかりではある。この話題は、もう何年も前から、膠着状態に陥っている。

 おそらく、問いの立て方が間違っている。

「体罰は是か非か」

 という二択問題を掲げた瞬間に、既にして議論は、硬直しているのだ。
 議論に参加しているメンバー自身も、うすうす勘づいている。

「ああ、オレはまた同じ話をしている」
「ほら、お約束の論駁がやってきた」
「また極論だ」
「っていうか、どうしてこの人たちは同じ質問を繰り返すんだ?」
「出た。黄金の建前論」
「そりゃ世界中があんたみたいないい子ちゃんでできあがってるんなら、そもそもこんな話をする必要もないわけでさ」
「キミが強くて男らしいことはよくわかったから、質問に答えてくれないか」

 論敵の反駁が凡庸であることにもうんざりさせられるが、自分が言っていることがまた、誰かがどこかで言っていたことの焼き直しである事実にも、実は、がっかりしている。

 なにより、現職の教諭がほとんどまったくこの議論に参加して来ないことが、体罰論のむなしさを物語っている。

コメント64

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「あってはならないし、なくなりもしないものについて」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック