• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

緊迫する朝鮮半島、韓国新政権はどうなる、日本はどうする

『中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』の著者、鈴置高史氏に聞く

2013年2月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 北朝鮮の核実験によってにわかに緊迫の度を増した朝鮮半島。2月25日に船出する韓国の朴槿恵(パク・クネ)新政権は難しいかじ取りを求められる。今後、朝鮮半島は、東アジアはどうなっていくのか。日本はどのように対応したらよいのか。日経ビジネスオンラインで連載中の「早読み 深読み 朝鮮半島」を大幅に加筆・修正して『中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』をまとめた鈴置高史・日本経済新聞編集委員に聞いた。

(聞き手は田中太郎)

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』は、米国との同盟から離れ中国にすり寄る韓国の動きを通して、アジアの勢力図の激変を描いています。鈴置さんが韓国の「離米従中」を確信したのは、いつ、どんな出来事がきっかけだったのでしょうか。

「我が国は属国だったのだから……」

鈴置:2000年のことでした。当時、香港に勤務していましたが、韓国外務省のチャイナスクールの1人から異常ともいえる中国賛歌を聞かされたのです。「中国は広い。中国人は優秀だ。偉大な中国が世界をリードする時代が来る。韓国も日本も中国の下で生きるしかない」といった感じです。

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)氏
日本経済新聞社編集委員。1954年、愛知県生まれ。早稲田大学政経学部卒。77年、日本経済新聞社に入社、産業部に配属。大阪経済部、東大阪分室を経てソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~03年と06~08年)。04年から05年まで経済解説部長。95~96年にハーバード大学日米関係プログラム研究員、06年にイースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。「中国の工場現場を歩き中国経済のぼっ興を描いた」として2002年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。(撮影:佐藤久)

 特定の国にのめり込んでいる姿を見せるのは外交官としてはもちろん好ましくない。でも、この人はそんなことはお構いなし。日本の外務省のチャイナスクールも中国べったりと批判されています。ただ、日本の「べったり」は中国屋としての利権がベースにある。これに対し、この韓国外交官のそれは「位負け」といいますか、精神的な劣後感が根にありました。中韓関係の特殊さという言葉では言い足りません。「先祖返り」という単語が頭に浮かびました。

 決定的に確信したのは2006年のことです。台頭する中国の傲慢さに話題が及んだ際、韓国の友人が「我が国は属国だったのだから中国に従うのは仕方がない」と述べたことです。その頃から他の韓国の友人たちも「属国だったのだから……」と一斉に言い始めたのです。『中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』のプロローグでもこの話は書きましたが、当時の私にとってかなりの驚きでした。

 覇権国家が生まれそうになると周辺国が団結して抑えようとする――といった国際政治学の理屈で世の中を見ていたからです。でも、人の世というものはそんなに単純ではない。過去のいきさつ――つまりは歴史ということなのでしょうがこれがあり、また地理的な問題――地政学的要因もあります。

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』(鈴置高史著、日経BP社)

 そうした背景を持つ韓国人が、台頭する中国を目のあたりにした時「昔のように従うしかない」と考えるのは当たり前のことなのでしょう。そして少し前までだったら、その思いを外国人に隠そうとしましたが、今や「米中の間では等距離外交」を前提に議論を進める韓国人がほとんどです。まだ、米韓同盟は存在しているのですがね。

 聞かれもしないのに「国が滅ぶかどうかの瀬戸際で(米韓)同盟など裏切るのは当然だ」と日本人に演説する人も登場しました。彼らの意識は急速に変化している最中なのです。 

コメント18件コメント/レビュー

仰られるほど北朝鮮は中国の言いなりでしょうか?傍から見ますと、そんな2国になびけば両方から搾取されるとしか思えせんが・・・。李朝以前は何回も戦ったはずですよね。核を持てという声も聞きますが持たずに、持てずにこのままでしょうか?北が今のままでは危なっかしくてしょうがありませんし、米本土を人質にしてまで日韓を守るはずもありませんから、米国が日韓に核兵器を供与すればいいのかと。どうせ多過ぎるから廃棄しようとしているモノですもの。事態が改善されたら返却とかの条件を付ければ宜しいかと。中国は慌てるでしょうね。(2013/02/25)

オススメ情報

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

「緊迫する朝鮮半島、韓国新政権はどうなる、日本はどうする」の著者

田中 太郎

田中 太郎(たなか・たろう)

日経エコロジー編集長

1990年早稲田大学卒業、日経BP社入社。「日経レストラン」「日経オフィス」「日経ビジネス」「日経ビジネスアソシエ」「日経エコロジー」「ECO JAPAN」などを経て2014年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

仰られるほど北朝鮮は中国の言いなりでしょうか?傍から見ますと、そんな2国になびけば両方から搾取されるとしか思えせんが・・・。李朝以前は何回も戦ったはずですよね。核を持てという声も聞きますが持たずに、持てずにこのままでしょうか?北が今のままでは危なっかしくてしょうがありませんし、米本土を人質にしてまで日韓を守るはずもありませんから、米国が日韓に核兵器を供与すればいいのかと。どうせ多過ぎるから廃棄しようとしているモノですもの。事態が改善されたら返却とかの条件を付ければ宜しいかと。中国は慌てるでしょうね。(2013/02/25)

右派はいつでも自分の屁理屈がある。「元寇以来初めて、中国の艦船が日本に押し寄せてきているのですから。」あらら、何時から日本が元を中国と認めたか?珍しいね。日本はいつも自分に都合の言い屁理屈を作るね。日本をぼこぼこにして、あわや滅ぼす元について、日本は何時もモンゴルと言うじゃないか?何故今中国と言うのでしょうか?中国が日本にとって脅威と言う妄想を根拠付けたいでしょうか?しかし、歴史上、中国は日本に対して全く不利の事をしたことも無い上、実に日本の文化の生みの親です。こんな大恩があるのに、日本は中国に対して何をしたか?君ら日本人は良心と言う言葉は知らんと、か?反論が出来るなら、是非拝見させて下さい。(2013/02/25)

鈴置さんの記事、いつも興味深く読ませてもらっています。◇以前より、『日本はこのままでいいんだろうか』と危惧していました。◇前中国大使であった丹羽宇一郎氏は伊藤忠役員時代に「日本は中国の属国として生きていけばいいのです」と言ったらしいですが、目先の問題に振り回され無策のままやっていると、いずれ、丹羽氏の言ったとおりになってしまうかもしれません。目先の利益の為に中国を頼るのもいいですが、経済大国になった「腹に一物」の中国(共産党)は軍事大国も目指しているわけです。「抗日(日清)戦争の頃とは違う」と脅しもかけてきました。そういう意味で日中平和条約以降の中国は、ある意味日本を属国にするためにひたすら耐えてきた40年なのかもしれません。余談ですが、お人好しの日本は、随分と技術移転させてしまいました。◇そのためにも、対中国に関しては、経済界の自由にさせるのでは無く、日本の矛先を制御しながらの、政府主導の計画的な経済対策が必要では無いでしょうか。そのためにも、役人にしっかりしてもらいたいです。政権が変わろうと、大きくずれないように、この辺りの手綱はしっかりと握っていてもらいたい。(2013/02/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

それで本当に勝てるのか。 ロマンとソロバンのはざまで葛藤しました。

金井 誠太 マツダ会長