• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

走りの“粘っこさ”が信条の、「セダンと貨物車」の合体カー

第182回 ルノー カングー【試乗編】

2013年3月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 ヨタ飛ばしはこちら

 そして3月19日の講演会のお申し込みはこちら。普段、webと誌面でしかお目にかかれない生フェルをせひ、ご堪能下さい!

 またかと言われそうですがスキーに来ております。

今回は八方尾根にやって参りました。宿泊先は白馬東急ホテル。白馬といえばやはりココでしょう。アメリカのシェールガス輸出におびえるロシア人客多し

 いやはや今回ばかりは参りました。今シーズンは非常にツイておりまして、たとえ雪の予報が出ていても大概はそれを跳ね返して、“晴れ男”の名を欲しいままにして来たのですが、世の中そう甘くはありませんでした。

 週末の北日本は、秋田新幹線が脱線してしまうほどの猛吹雪。気温はそれほど低くなかったのですが、何しろ風がすごい。八方尾根の大動脈であるゴンドラは強風のためあっさり運休し、やっと動き始めたと思って大喜びで乗ってみたらすぐ停止。容赦なく吹き付ける風にあおられて、グラグラ揺れるゴンドラに宙吊り状態で閉じ込められてしまいました。

やっと動いたゴンドラは強風ですぐに停止してしまいました。宙吊りです。オシッコしたいです

 しばらくすると、「宙吊りになった搬器を回収するため、回収運転を行いまーす」と何とも事務的な放送が流れ、ゆるゆると運転再開。“回収”って、俺達は生ゴミかよとブツクサ言いながらも、何とか上の駅に着き、ゴンドラを降りると兎平はまさかのホワイトアウト。

これはひどい。兎平ステーションです。強風で顔が痛いです。もはやレジャーとは言わず“苦行”であります
兎平のゲレンデはご覧のとおり。急斜面で救助作業に当たるパトロール隊員がお分かりいただけるでしょうか

 視界が悪い上にボーダー諸氏が辺り構わず座り込んでいるため、衝突事故が多発しています。座るときはどうかゲレンデの端でお願いします。

けが人を搬送するパトロール隊員。この姿勢で下まで降りるのは相当にキツイはず。えらいもんです

 スキーは用具の進化により、転んで足の骨を折る事故が激減したそうです。代わりに増えたのが衝突事故とボーダー諸氏の脱臼です。転倒時に思わず手をついて肩や手首をグキっとやってしまうらしい。お互いに気をつけて滑りましょう。ようやくボトムアウトしたスキー産業です(徐々に客足が戻ってきたそうで)。慈しみ育んでいきたいものです。

そうそう。笹子トンネルは上下線ともフルに開通しています。ご覧のとおり天井の排煙パネルは取り外されたままなので、三国トンネルのように妙に縦長な感じがします

コメント3

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「走りの“粘っこさ”が信条の、「セダンと貨物車」の合体カー」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック