• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ジャパンが日本を野暮にする

2013年3月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ジャパン」という文字を見ると、反射的に身構えてしまう。
 たぶん、10年ぐらい前からだ。

 英語の文脈の中に「JAPAN」という英単語が含まれているケースでは、違和感は生じない。でも、日本文の中に「ジャパン」という英単語が混入している場合は、どうしても「あえて言った感じ」が残る。

 「日本」の英語名称である「JAPAN」は、多くの場合、アルファベットでなく「ジャパン」とカタカナで表記されている。ということは、「ジャパン」は、国際社会に向けて発信している体を装いながら、その実、あくまでも日本語話者に向けて語りかけられているわけだ。

 おそらく、「ジャパン」のうさんくささは、「《われわれは海外に向けて情報発信していますよ》ということを国内向けに発信している」という、その錯綜した構造から生まれているものだ。

 別の言い方をするなら、「ジャパン」が体現しているのは、「日本」という国の「状況」や「実態」ではなくて、その「自意識」なのである。

 「クール・ジャパン」は、さらに怪しい。

 個人的には「モボ」「モガ」とか言っていた時代、いや、さらに遡って鹿鳴館根性に立ち戻った感じを受ける。

 でなくても、「クール」というのは、誰かがほかの人間を賞賛する時に用いる言葉であって、本人が自称すべき形容ではない。

 少なくとも私は、自分自身をクールであると評する人間をクールだとは考えない。同様にして、自国のクールさを推進するための会議を設置している国を文化的だとも思わないし、そういう国が、努力の結果、クールに到達できるとも思わない。

 そのクールジャパン推進会議が、このほど、シンボルマークを作成する意向を固めたのだそうだ。

《政府が、日本のアニメやファッションを海外に売り込む「クールジャパン」を推進しようと、さっぱりして、あかぬけた日本人を表す言葉「粋(いき)」を前面に出したシンボルマークを作り、記念コインを製造する準備を始めたことが20日、分かった。政府は平成21年時点で4.5兆円あったアニメやファッションなどの海外ビジネスの規模を拡大し、安倍晋三首相が掲げる成長戦略に結びつけたい考えだ。――略――》(産経新聞 3月21日(木)7時55分配信、リンクはこちら

 言うまでもない話だが、自分たちが「粋」である旨をアピールすることは、「野暮」な態度だ。

 「粋」は、アピールしたり、推進したり、前面に押し出したりするものではない。
 強いて言うなら、そこはかとなく「にじみ出る」ないしは、「醸し出される」ものだ。あるいは、本人が過ぎ去った後に、残り香としてかすかに漂う余韻のような要素だ。決して、記念コインに刻印して配布して良いものではない。

 国の中枢にいる人たちが日本文化を海外に発信したいと思うその気持ちはよくわかる。
 この点について、私は反対しない。

 でも、だとしたら、どうして国は文化行政をないがしろにしているのだろうか。
 私の知る限り、政府は、21世紀にはいってからこっち、文化にかかわる各種の助成金や行政的な支援の枠組みを「仕分け」する方向で動いている。

コメント32件コメント/レビュー

問題提起という点において、この記事には同意します。しかし、1ー3ページの内容は主観的な見方(個人的意見の範疇とも言えるかと!)と数値のみを比較して内容をごちゃ混ぜにされていて、議論が建設的ではなく、感情的な反論のみに思えたのが残念でした。各国の文化予算はそもそも国内で国民へ還元するための(国民に向けての文化の提供という意味での)予算なのか、海外輸出を支援するための予算なのか、一緒くたにされていますが、それぞれの位置づけは全く異なるのでは?これがごちゃ混ぜだと今回の議論は正しく導けないと思います。日本が国内の文化を守り発展させるための努力は形こそ作っていても本当に本気度が見えにくく(予算が少ない)、極めて中途半端です。一方で、海外へのアピールを支援するのは、方法こそまだ議論の余地が大有りですし、クールジャパンというネーミングも微妙という小田嶋さんの指摘も理解できなくはありません。でも、日本では自分を見せびらかさずに控えめに振る舞うことは美徳とされていても、海外では積極的にアピールすることを厭わない文化があります。江戸時代ではないのですから、どう具体的に進めるのが本当の意味で"クール"な日本文化(私もここで考えられているのは所謂大衆文化のことだと思います)を輸出することを後押することに繋がるのか、建設的な意見を出すべきでは?でないと、小田嶋さんのの言われるような困った委員会の方々はまともなことができないかと思いますが。(2013/03/22)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「ジャパンが日本を野暮にする」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

問題提起という点において、この記事には同意します。しかし、1ー3ページの内容は主観的な見方(個人的意見の範疇とも言えるかと!)と数値のみを比較して内容をごちゃ混ぜにされていて、議論が建設的ではなく、感情的な反論のみに思えたのが残念でした。各国の文化予算はそもそも国内で国民へ還元するための(国民に向けての文化の提供という意味での)予算なのか、海外輸出を支援するための予算なのか、一緒くたにされていますが、それぞれの位置づけは全く異なるのでは?これがごちゃ混ぜだと今回の議論は正しく導けないと思います。日本が国内の文化を守り発展させるための努力は形こそ作っていても本当に本気度が見えにくく(予算が少ない)、極めて中途半端です。一方で、海外へのアピールを支援するのは、方法こそまだ議論の余地が大有りですし、クールジャパンというネーミングも微妙という小田嶋さんの指摘も理解できなくはありません。でも、日本では自分を見せびらかさずに控えめに振る舞うことは美徳とされていても、海外では積極的にアピールすることを厭わない文化があります。江戸時代ではないのですから、どう具体的に進めるのが本当の意味で"クール"な日本文化(私もここで考えられているのは所謂大衆文化のことだと思います)を輸出することを後押することに繋がるのか、建設的な意見を出すべきでは?でないと、小田嶋さんのの言われるような困った委員会の方々はまともなことができないかと思いますが。(2013/03/22)

理詰めで文化を創ろうなんていうことをしているから、世界に負けるんだ、ということに気付かない、日本のエリート頭脳ってことですか。社会主義国ですな。。。(2013/03/22)

基本的にコミックやアニメを「有害である」「無益である」「倫理的に問題がある」として規制したい人々が、「それでも儲かるかもしれない」と利権に寄生したがっているのが丸分かりの構図。あまりの下心の醜さに興ざめにもほどがあるというものです。そんなにカネが欲しいのか。文化を云々するなら歴史ある伝統芸能その他をもっとサポートすべきでしょう。カネにならないからイヤだってか。(2013/03/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長