• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

やめた方が…制止を振り切ったF氏が日産の“巨体”に挑みかかる

第186回 日産 キャラバン【試乗編】

2013年4月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 激震いまだ収まらず……であります。

コメダ珈琲店のカツサンド取材がこれほどまでに反響を呼ぶとは……

 “ミスターGT-R”こと水野和敏さんの日産自動車退職は3月末日付けでしたから、そのリポートが解禁される、いわゆる“エンバーゴ開け”は4月1日ということになります。年度初めの月曜日。はてさてどこのメディアがスッパ抜くのかとドキドキしながら待っていたのですが、意外や意外、印刷工程が入るから初動が遅い新聞・雑誌だけでなく、WEBにもこの話が載っていない。結果的にはエンバーゴ開けから2日遅れた4月3日掲載の拙稿が先陣を切った形となり、期せずしてスクープ記事となったわけであります。

 当日の日経ビジネスオンラインは、読者諸兄のご興味をリアルに示すPVの伸びもすごかった。臨時掲載にもかかわらず、驚異的な数値を示しまして(数字を公開して自慢したいところなのですが、個別の記事に関しては非公開だそうです)、水野さんの動向が如何に世間の耳目を集めるかが証明されることとなりました。

 より詳しい話、よりツッコンだ話、また水野さんの仕事論などは4月26日の講演会で。残席僅少!「メガヒットを創る組織論~”GT-R”の生みの親が語ります!

 件の記事が掲載されて以降、多くの方から連絡をいただきました。面白かった、よく書いた、とおほめいたくものから、バイアスがかかり過ぎだ、お前はヒュンダイの手先か、という筋違いなものまで。記事をどのように理解されるかは読み手の自由です。感想に関して四の五の言うつもりはありませんが、嫌韓もここまで来ますとねぇ……。

 ほかにも水野さんのことをぜひウチでも書きたいから紹介してくれ、という連絡もいくつかいただきました。にわかエージェント状態であります。こちらは可能な限り対応していきたいと存じます。

 で、そんな緊急事態にもかかわらず、私はいつも通りにキチンと合コンに参加したりしております。緊急時にこそ冷静な行動が必要なわけでして、こういう地道な取材活動を疎かにしてはいけないのです。

合コンと言いましてもですね。要は取材なわけですよ。ヤマシイ気持ちなどは微塵もございません

 しかも4 on 4のガチ合コン。座り順もご覧の通り男女交互のガチ仕様でございまして、主催者(講談社の合コンキング栗原氏)の本気度が伝わる熱い会でございました。いやあ楽しゅうございました。

コメント9件コメント/レビュー

当方、デザイナーです。当然ながら「ハイエース」を意識されたんでしょうが、ここまで外観意匠が瓜二つなのは如何なものかと思います。特にリアビューはまんま「ハイエース」ですよね。トヨタ車の中でも「ハイエース」のデザインの完成度は群を抜いていると思いますが、ニッサンが考える“機能美”をエクステリアデザインで表現して欲しかったので残念です。(2013/04/15)

オススメ情報

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「やめた方が…制止を振り切ったF氏が日産の“巨体”に挑みかかる」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

当方、デザイナーです。当然ながら「ハイエース」を意識されたんでしょうが、ここまで外観意匠が瓜二つなのは如何なものかと思います。特にリアビューはまんま「ハイエース」ですよね。トヨタ車の中でも「ハイエース」のデザインの完成度は群を抜いていると思いますが、ニッサンが考える“機能美”をエクステリアデザインで表現して欲しかったので残念です。(2013/04/15)

街中で見かける割には、中々自分で運転する機会の無い、この手のバンを取り上げて頂き、なかなか面白かったです。ヨタ飛ばしですが、WEBサイトを下までスクロールして、「次ページへ」をクリックするすれば済む事で、そんな難しい作業ではないと思うのですが。。。(2013/04/15)

ヨタ飛ばしはどうしたんでしょう?(笑)(2013/04/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

それで本当に勝てるのか。 ロマンとソロバンのはざまで葛藤しました。

金井 誠太 マツダ会長