• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

まことにはた迷惑な襲名披露

2013年4月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日来の、北朝鮮によるミサイル発射を匂わせる一連の恫喝的な意思表示について、私は、まじめに受けとめるべきなのかどうか、判じかねている。

 米韓両政府は、事態を受けて、素早い対応を示している。
 日本政府も、いくつか対策を講じているように見える。

 私は、これらの国々の動きについても、真に受けて良いものかどうか、判断を留保している。

 すなわち、米韓にしても、わが国の政府にしても、おそらく半ばほどまでは、「北の脅威」を利用しながら政策を遂行しているのであって、要するに彼らは、ふだんから彼らがアピールしたいと考えていたところものを、こういう機会を通じて、目立つ場所に押し出すことを心がけているはずなのだ。

 であるから、北朝鮮をめぐる関係各国の諸対応に関しては、万事冷ややかな目で、いくつかの方向から吟味しながら、総合的に判断しなければならないと考えている。

 なので、結論は、ここでは述べない。 
 というよりも、私の結論など、申し上げても仕方がないのだ。

 でも、せっかくの機会なので、国防や外交課題を度外視した視点から、この問題を読み解く方途を模索してみる所存でいる。

 無論、政治外交の現場にたずさわる当事者にしてみれば、北朝鮮をめぐる出来事は、どんなささいなことであっても国防上の重大事だ。彼らは、あらゆる事態を想定して、対応策を講じなければならない。のんびり笑っているわけにもいかないし、斜に構えていて良い立場でもない。私は、それらの、専門家の皆さんの尊い努力と苦労を否定しようとは思っていない。

 ただ、そうした専門家向けの「万が一」の部分を取りのけた上で観察してみるに、このたびの事態は、私のような者の目には、単にキム・ジョンウン第一書記が混乱しているというふうにしか見えないわけです。

 それでも、独裁国家の独裁者が混乱しているということであれば、これは緊急事態だ。
 額面通りにとらえれば、そうなる。
 でも、私は、そう思わない。

 どういうことなのかというと、キム・ジョンウン氏が演じて見せているこの数カ月にわたる混乱の様相は、彼がいまだにきちんとした独裁の内実を手にしていないからこそ起こっているドタバタ劇なのであって、つまるところ、これは、はじめてバイオリンを持たされた幼児が神経に障る擦過音を奏でている段階なのである。

 独裁者が幼児というようなことがあり得るものなのかと、問う人があるかもしれない。
 いくらなんでもそんなバカなことがあってたまるものか、と。

 しかしながら、おおいにバカな状況ではあるものの、これは、現実には、さしてめずらしくない事態でもあるわけで、特に極東アジアでは、大きな組織を担うリーダーの後継者として未熟な素人が選ばれることは、頻繁に観察される事例なのだ。今回はその話をしようと思う。幼児を戴く国のお話だ。

 順序立てて話をしないといけない。
 問題は、世襲だ。

 北朝鮮と韓国とわが日本は、いずれも世襲の政治指導者を戴いている。
 これは、偶然ではない。

コメント52

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「まことにはた迷惑な襲名披露」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長