• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「負けると分かっていても戦う」理由

2013年5月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 橋下徹大阪市長が、「従軍慰安婦は必要だった」という主旨の発言をした件については、既に、様々な論客が、それぞれの立場から論評を加えている。

 当サイト(日経ビジネスオンライン)にも、5月16日更新分のエントリーで、慎泰俊さんが行き届いた記事をアップしている。こういうものを読んでしまうと、私のような者が、余計な言葉を付け加える気持ちにはなりにくい。

 なので、当欄では、市長の発言そのものよりも、橋下さんの「態度」に焦点を当てて、事態の経緯を見直してみるつもりでいる。私としては、橋下市長の、常にも似ない頑なな態度の裏にあるものが、少しでも見えてきたらうれしいと思っている。

 とは申すものの、橋下さんが、今回に限って、なにゆえにかくも頑固であるのかについては、私自身、現時点で、納得の行く説明を見出し得ているわけではない。当稿を通じて、解答に到達できれば万々歳なのだが、それがかなわなくても、市長の発言の周辺にある事情を洗い直すことができれば、最低限の仕事は果たせると考えている次第だ。どうかひとつ、そのつもりで、ゆるゆると読んでいただきたい。

 発言は、不適切かつ無神経だった。
 ご本人は「昔の話だ」と断った上での発言で、現在は(慰安婦を)容認できないと考えている旨も併せて述べた、と言っている。

 弁明の趣旨は理解できる。発言を切り取られた点についても、おっしゃるとおりだと思う。

 とはいえ、公党の代表であり大都市の市長である立場からして、また、歴史認識についての言葉であるという文脈からしても、「必要だった」という部分を切り取られて論評されることは、覚悟しておかねばならない。とすれば、市長の発言は、やはり総体として軽率であり、粗雑だった。

 いくつかの海外メディアは(というよりも、ある時点から後「主要な海外メディアは」)、「従軍慰安婦」の訳語に「Wartime Sex Slave」という訳語を当てている。

 非常に強い意味を持った用語だ。
 彼らが書いた記事をもう一度日本語に翻訳し直してみると
「大阪市長は、『戦時性奴隷は必要だった』と述べた」
 ということになる。

 あらためて日本語にしてみて、いくらなんでも悪意のある記事だと思う人も多いはずだ。
 私自身、この訳語には違和感を禁じ得ない。

 そういう意味では、現在、海外に配信されている記事(少なくとも私がざっと読んでみた英語ベースの記事)には、記事を書いた人間の、恣意的な「意図」が反映していると言って良い。

 とはいえ、その「意図」は、必ずしも「日本を不当に貶める」とか、「橋下市長の政治的失脚を画策する」といった陰謀的なものではない。むしろ、より単純に、わが国の政治思潮の右傾化への「警戒感」を反映しているはずだ。要するに、日本の現状について記事を書く役割を担っている海外メディアの記者たちの心中には、昨今の日本の政治状況の強硬化ないしは右傾化を懸念する気持ちが共有されているということだ。

コメント99件コメント/レビュー

橋下さん信者の気に障ることだが、沖縄の問題については橋下さんはプレーヤーではない。沖縄県知事や同席したとされる沖縄選出の議員が言うのなら(ことの是非はともかくとして)まだ意味があったが、公党の代表であっても沖縄代表・日本代表ではないので国際Aマッチを闘う資格は無い。まさしく中二病(もしくは自爆テロ)。挙げ句、従軍慰安婦など戦線を拡大して誰が支えるのか?既に戦線に従事している人にとっては、後方から弾が飛んできて大迷惑。橋下さんや信者や(もしかしたら小田嶋さんも)正義は一つと思っているかもしれないけど、今の日本は、立場の数だけ正義がある世界で兵器を使わないで戦争をしている。ゲームや裁判じゃないからジャッジはいない、命をかけたセルフジャッジ。負ける要素・局面を最小限にしないと勝てない。おれマッチョの橋下さんが世界一マッチョの米軍にマッチョ勝負、いやマッチョ戦争を仕掛けて、勝てるの?勝つ気あるの?ビッグダディにも負けちゃうんじゃないかな(子供の数では既に負けているね)。(2013/05/20)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「「負けると分かっていても戦う」理由」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

橋下さん信者の気に障ることだが、沖縄の問題については橋下さんはプレーヤーではない。沖縄県知事や同席したとされる沖縄選出の議員が言うのなら(ことの是非はともかくとして)まだ意味があったが、公党の代表であっても沖縄代表・日本代表ではないので国際Aマッチを闘う資格は無い。まさしく中二病(もしくは自爆テロ)。挙げ句、従軍慰安婦など戦線を拡大して誰が支えるのか?既に戦線に従事している人にとっては、後方から弾が飛んできて大迷惑。橋下さんや信者や(もしかしたら小田嶋さんも)正義は一つと思っているかもしれないけど、今の日本は、立場の数だけ正義がある世界で兵器を使わないで戦争をしている。ゲームや裁判じゃないからジャッジはいない、命をかけたセルフジャッジ。負ける要素・局面を最小限にしないと勝てない。おれマッチョの橋下さんが世界一マッチョの米軍にマッチョ勝負、いやマッチョ戦争を仕掛けて、勝てるの?勝つ気あるの?ビッグダディにも負けちゃうんじゃないかな(子供の数では既に負けているね)。(2013/05/20)

橋本氏の暴言、猪瀬氏の軽率さなどが取り上げられていますが、こうした失敗はそれを経験することによって自己改新してゆくものだと思います。問題となった当事者がなんと反応するかが唯一問題なのであって、それがもたらす日本、あるいは彼らにとって不利な状況を回避すべく思考すべきなのではないでしょうか? 起こってしまったことをあれこれつついても何も出てこないでしょう、小田嶋さん。(2013/05/19)

ホットな話題だけに期待して読んだけど、☆1つ。/橋下発言で個人的ツボだったのが「猛者」(もさ)。あと休息とかね。猛者の休息。BGMはモサノバか? おそらく彼は猛者(マッチョ)でマザコンなんでしょ。未だに自分のことを「ボク」って呼んでるし。/世の中には2タイプの男性がいる。風俗を利用する男と、風俗を利用しない男。橋下は前者、件の米軍関係者は、建前上、後者だったということです。/維新の会が、あれは橋下個人の意見であって、党の意見ではない、ということを盛んに強調していたが、あれって、健康食品の広告で『※個人の感想であり、効能・効果を示すものではありません。』とクリソツで、思わずお茶をこぼしたよ。(2013/05/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授