• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

いつかは→いまさら→やっぱりクラウン!

第197回 トヨタ クラウン【ユーザーインタビュー編】

2013年7月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

みなさまごきげんよう。

フェルディナント・ヤマグチでございます。

今週もまた盛りだくさんな一週間でございました。
まずはこちら。東京湾で屋形船遊びをして参りました。あ、お急ぎの方はこちら

ご一緒したキリンビバレッジのお嬢さん方。みなさん美人でいらっしゃいます。飲料業界のことを色々と教えて頂きました。後ろに見えるのは夜霧に霞む東京スカイツリーであります。

 彼女たちは非常に仕事熱心でして、当日のビールは当然のように親会社のキリンビールが用意されていました。社内での売上順位はダントツで「午後の紅茶」シリーズだそうでして、これはまあ何となく分かる。特保のコーラも健闘しており、アミノ酸系飲料のアミノサプリは大塚のアミノバリューの壁が高く苦戦しているとのこと。小岩井のブランドがキリン傘下とは知りませんでした。私は小岩井の小さな瓶に入った純良バターが大好きで、いつも買っているのですよ。少し値は張りますが、これが非常にウマい。前はカルピスバター(カルピスはバターを作っているのですよ)にハマっていましたが、最近はこっちだなぁ。

 今回の屋形船企画は、講談社の泣く子も黙る強烈写真誌「フライデー」編集部の栗原氏が仕掛けたもの。講談社各誌の編集者を始め、たくさんの個性的な方が乗船しておられました。

その中にはこんな方も……はい、秒速1億円の男、与沢翼氏であります。

 与沢氏には、なんか特注の凄いロールスが迎えに来ておられました。クルマをたくさんお持ちのようなので、スーパーカー特集の際にはご協力頂きましょう。ちなみに今はランボルギーニに興味があるそうで、「次は買おうかなー」とのことでありました。

 別の日に、マガジンハウスは「Tarzan」の担当編集者と飲みました。

 実はこの方と直接お話するのは今回が始めてです。

 前編集者のサカタ氏から引き継がれて早半年。以来全ての遣り取りはメールで行われ、電話で話したことすら無いのですから、その“放任主義”は大変なものです。まさに新時代の編集者と申せましょう。

Tarzan編集部の矢野一斗氏とanan編集部の中西陽子嬢。中西さんはもともと私がマガハで書くきっかけを作って下さった敏腕編集者。手や肩の関節が異常に柔らかいことで有名な方であります。

 さてと。軽くヨタを飛ばした所でボチボチ本編へと参りましょう。

 トヨタのフラッグシップカーである新型クラウンのユーザーインタビューです。

 今回はヤラセではないかと疑われてしまいそうな方の登場です。

 何と申しますか、トヨタの思惑通り、チーフエンジニア山本卓氏の狙い通りの購入動機。

 いつかはクラウン→もうクラウンの時代じゃないよね→やっぱりクラウン(いまここ)という流れの方であります。

コメント7件コメント/レビュー

エネルギー関係で、誰も入れなくなるということは、波方か水島のLPG備蓄基地のことでしょうね。それぞれ死亡事故もあり、特に水島は地盤が原因ということもあり大変だったと思います。来週の記事に期待しています。(2013/07/04)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「いつかは→いまさら→やっぱりクラウン!」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

エネルギー関係で、誰も入れなくなるということは、波方か水島のLPG備蓄基地のことでしょうね。それぞれ死亡事故もあり、特に水島は地盤が原因ということもあり大変だったと思います。来週の記事に期待しています。(2013/07/04)

100km/h走行を前提に「十分なマージン」を取る事と200km/h連続走行は測定項目でも別の事ですよね。200km/hで良く止まるから、100km/hでも良く止まる筈などという思い込みはせず、それぞれ測定するのがエンジニア。大は小を兼ねるような乱暴な議論ではなく、100km/hの(に限らず様々な)速度域での安全性・快適性を保障するために、どれだけの測定をどのような条件で繰り替えしたかをトヨタならば語れたはず。欧州車販売代理店の論理に巻き込まれるのは自信の無さと受け取られても仕方ないですね。一昔前の外車は、日本の低速走行に耐えられずよくオーバーヒートしてました(^^)。(2013/07/01)

なんだか微妙ですね。過剰スペックというのは個人的に違和感有りです。最近リコールなどをみると、過度のコストダウンや、設計最適化といって安全マージンが削られた部品が少なくない。燃費やカタログスペックの上ではバランス上過剰という事はあるかもしれない。しかし、やはり、賛同できない。クラウンの内外装のエンジンや駆動系がカローラのハッタリ車両が売れると思わない。売れてもニッチ市場規模に思える。それを作れば逆に高く良い物を買う客を減らすだろう。ブランド価値がない車で良いならまあ。過剰スペックという人間がクラウンに乗り続けるのも、それほど過剰とも思ってないのではないか。また、過剰だと錯覚しているか。人は必要な時に無い事で初めて有効性に気付くものですし。(2013/07/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長