• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「東京大空襲なんて初めて知りました」

『137億年の物語』著者、クリストファー・ロイド氏インタビュー

2013年7月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 子供たちを自宅で自ら教育したことをきっかけに、科学的視点と歴史的視点から地球に起こったことを「物語」にした『137億年の物語 宇宙が始まってから今日までの全歴史(原題:What on earth happened?)』(文芸春秋)がヒットした英国人科学ジャーナリストで、起業家でもあるクリストファー・ロイド氏。著作は、地上で起こったことの世界中の歴史が、時系列で俯瞰的に楽しめるのが大きな特徴だ。このほど来日したロイド氏に、そもそも本を書いて出版しようと思った経緯や、歴史を「鎖国的」に学ぶのではなくグローバルに学ぶことの重要性について、詳しく話を聞いた。

(聞き手は広野 彩子)

来日した時にブログで「東京大空襲を初めて知って大きなショックだった」と書いておられましたね。

ロイド:そうなんですよ。江戸東京博物館に行って、東京大空襲について初めて知ったんです。1945年3月10日夜、米軍のB29爆撃機が東京に焼夷弾を落として焼きつくし、10万人以上の人をたった一晩のうちに殺戮したという史実です。広島、長崎の原爆投下で当日亡くなったとされる人数にも匹敵するではないですか。本当にショックでした。

日本人なら大体、学校で習って知っていることです。

クリストファー・ロイド氏(Christopher Lloyd
1968年英国生まれ。英ケンブリッジ大学で中世史を学んで91年に学位を取得、その後サンデータイムス紙の記者となる。新聞では科学と工学を担当し、94年には「今年の科学ジャーナリスト」として表彰される。96年、英タイムズ紙、サンデータイムス紙などの発行元であるニューズ・インターナショナルのマネジメントに転じ、同年サンデータイムス紙の初のウェブ版を立ち上げた。その後ベンチャーのインターネットメディアビジネスなどに携わった後2000年、オックスフォードにある教育ソフトウエア出版社に経営者として転職、売上をほぼゼロから300万ポンドにまで成長させる。2006年に退社、妻と自宅で教育していた2人の子供と共に欧州中を旅しながら『What on earth happened?』の執筆を思いつき、2008年に発売。2010年、出版社What on Earth Publishing Ltd.を起業。以後、講演活動などをしながらシリーズを発刊している。(写真:稲垣純也)

ロイド:でも、海外の人間は恐らく誰も知らないんですよ。日本人以外は。これほどのひどい大量殺戮を。信じられない。こんなことってありますか。

そういえば2003年に米国留学していた時、同級生だった米国人外交官らと、後にアカデミー賞を受賞したロバート・マクナマラ元国防長官の独白映画「フォグ・オブ・ウォー」を一緒に見ました。そこで映像とともに東京大空襲について振り返るシーンがありますが、彼女は東京大空襲の史実を全く知らず、こんな重大な事実を学校で全く習わなかった、と大きなショックを受けていました。米国でも、それは同じようです。

ロイド:私がこの史実を知らなかったことを本当に申し訳なく思います。英国にとっても知るべき、西洋の重大な歴史の一部ではないですか。全員が知るべきです。特に、『137億年の物語』みたいな、世界中の歴史と科学を扱う本を書いた私のような人間は、知っているべき史実でした。

ぜひ、英語圏の方たちに発信してください。

ロイド:もちろんです、ブログでも発信しています。実は、このようなことが世界中にあるのですよ。たとえば1840年から、植民地だったインド産アヘンの対中輸出による三角貿易をめぐる問題で清と大英帝国が戦い、大英帝国が勝ったアヘン戦争です。英国の学校の生徒たちは、アヘン戦争については何も学ばずに育ちます。

コメント23件コメント/レビュー

史実に基づく教育であるべし、プロパガンダやファンタジーは願い下げ、と述べたものです。

ただ史実のみを淡々と教えるのも、結構難しいと思います。そこには各国それぞれの「歴史認識」が入り込むのは避けられないと思うからです。

五大湖は今も昔も水運が盛んだった所で、昔は船の方が陸上輸送よりはるかに大量の荷物を迅速に運べることから、独立戦争当時イギリス・アメリカ・フランスが三つ巴で制海権ならぬ制湖権を争っていました。今でも五大湖周辺にはそれぞれの国が築き、取った取られたを繰り返した砦跡が残っています。

そこの展示に書かれていることが、米加両国では180度異なる表現になっています。米国側では「イギリス軍を我が国から駆逐し、独立を守った!」と書かれていますし、カナダ側に行くと「侵略(はっきりそう書いてあります)してきたヤンキーを追い返してやった!」と書かれています。

白人、プロテスタント、英語圏の両国ですらこれです。日本がプロパガンダやファンタジーを信じきっている隣国と歴史認識が一致することは、日本がその隣国の属国にならない限り無いでしょう(そのリスクも無視出来ないですが)。

特に近現代史については、万人が納得出来る歴史書の編纂はかなり困難が伴うように思います。(2018/03/10 22:42)

オススメ情報

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

「「東京大空襲なんて初めて知りました」」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

史実に基づく教育であるべし、プロパガンダやファンタジーは願い下げ、と述べたものです。

ただ史実のみを淡々と教えるのも、結構難しいと思います。そこには各国それぞれの「歴史認識」が入り込むのは避けられないと思うからです。

五大湖は今も昔も水運が盛んだった所で、昔は船の方が陸上輸送よりはるかに大量の荷物を迅速に運べることから、独立戦争当時イギリス・アメリカ・フランスが三つ巴で制海権ならぬ制湖権を争っていました。今でも五大湖周辺にはそれぞれの国が築き、取った取られたを繰り返した砦跡が残っています。

そこの展示に書かれていることが、米加両国では180度異なる表現になっています。米国側では「イギリス軍を我が国から駆逐し、独立を守った!」と書かれていますし、カナダ側に行くと「侵略(はっきりそう書いてあります)してきたヤンキーを追い返してやった!」と書かれています。

白人、プロテスタント、英語圏の両国ですらこれです。日本がプロパガンダやファンタジーを信じきっている隣国と歴史認識が一致することは、日本がその隣国の属国にならない限り無いでしょう(そのリスクも無視出来ないですが)。

特に近現代史については、万人が納得出来る歴史書の編纂はかなり困難が伴うように思います。(2018/03/10 22:42)

記事とコメントを読んで思ったことが二点。

一つはオハイオ州デイトンにある空軍博物館でのこと。B-29「ボックスカー」が展示されており、その下にビデオが上映されていました。

B-29の東京への空襲は神風攻撃隊の発進基地を攻撃するためだ、と言うアナウンスが流れていました。そりゃ違うだろと思いましたが、それ以外の日本に対する表記はフェアだったので我慢しました。

軍アレルギーの極端に強い日本と違い、子供連れで訪れる方も多いので、そうした記述にしたのかもしれませんね。

もう一つは上のコメントと矛盾するかもしれませんが、基本は史実に基づく教育であること。

どこぞの国のように一から完全にねつ造したプロパガンダやファンタジーを教えるのだけは勘弁してほしいです。

日本の加害をあげつらう方に限って、こうした隣国のねつ造史観には口を拭っているのもフェアではないですね。(2018/03/10 22:26)

>一方で、同時期に鄭和の大艦隊を誇っていた中国は、周辺の侵攻に悩んだあげく海上覇権をあきらめて陸の強化に力をシフトし、万里の長城を築きます。

これは正しくは「万里の長城を100年振りに延長し始めます」だな。(2018/03/10 15:06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

アパレル業界のトップには60~70代の方が多く、新しいデジタルマーケティングに全く付いていけていません。

石川 康晴 ストライプインターナショナル社長兼CEO