• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「東京大空襲なんて初めて知りました」

『137億年の物語』著者、クリストファー・ロイド氏インタビュー

2013年7月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

そうなんですか? 少なくとも日本人は、世界史などで習いますよ。

ロイド:嘆かわしいことです。言論の自由だ、などと言っておきながらやっていることと言えば。でも事実なんです。今も英国では、歴史でアヘン戦争を教えていません。一方、中国人は歴史をどうやって学ぶかご存知ですか。中国人から聞いたんですが、中国はまずアヘン戦争から教わります。敗戦で結んだ南京条約により清は、香港を大英帝国に譲り、賠償金を払い、それまで拒んでいた自由貿易を認めざるを得なくなった。重要な史実です。

 すると、たとえば45歳ぐらいの、私ぐらいの年齢の英国人と中国人が一緒にビジネスをしようとしたとき、どんなことが起こるでしょう。一方はアヘン戦争についてしっかり学び、記憶に刻まれている。一方は聞いたこともない。すると潜在的にある感情が分からないので、互いを本当に理解し合おうと思っても難しい。互いに理解し合えない原因が、そういった根本的なところにある。

 これは本当に大切なことだと思いませんか。日本と中国も同様でしょう。互いに教わっていない史実があることでしょう。それを理解し、根気強く対話することが重要だと思います。

史実をめぐって、日中でも見解の分かれているものもあります。一般人レベルでは対話をすることで互いの思い込みに気づくきっかけにもなりますが、政治的には難しいでしょうね。

ロイド:そうです。とても難しい。ただ、話題にして知識を共有することによって相手との強いきずな、共感が生まれ得るのです。その知識や、一瞬の会話がなかったら得られなかった深い共感があることでしょう。これが文化の違う人と人を「つなぐ」ということなのです。『137億年の物語』では、そういう、国別、分野別に分かれて教えられ、断片的になっている歴史や科学の知識を、有機的に「つなぐ」ことをしたかったのです。

国や、科目の枠を超えた歴史の本を作りたかった

2006年から書き始め、2008年に上梓した『137億年の物語』は、15カ国語に翻訳されましたね。日本でも発売後5か月で10万部を超え、いまや14万部のベストセラーとうかがっています。そもそも、この本を書こうと思ったきっかけは何ですか。すごいボリュームです。

ロイド:5分で読めるような本ではありませんので、ゆっくりお読みになってください(笑)。本を書いた最初のきっかけは、当時7歳だった私の娘が学校嫌いになってしまったことでした。学校の先生にももちろん相談しましたが、「テストの成績はいいですし、問題ありません」と全く取り合ってくれませんでした。娘と正面から向き合って、接してはくれなかったのです。先生は、学業不振の子供に対応するだけで精いっぱいでした。

コメント20件コメント/レビュー

浅草に住んでいた私の祖母は、東京大空襲で死にました。今年80歳の私の母は、いまだに祖母の遺骨の手がかりを探しています。母の心の傷はずっと癒えておらず、苦しみを抱えたままの母に育てられた私自身の人格形成にも、少なからぬ影響があったと思います。私は、ずっと23区内に住んでいますが、隅田川の花火大会には行ったこともないし、テレビ中継も見ません。なぜなら、あの川に、空襲の炎で身を焼かれた何万もの人々が、熱さのあまり飛び込み、やがて冷たい水に体温を奪われ亡くなっていったからです。今は平和な時代ですから、人々がエンジョイすることまで反対はしない。でも、私にとって、あの川は、鎮魂の祈りをすることはあっても、無邪気にはしゃぐことなどあり得ない場所です。こういう思いは、日本人でさえ、知らない方は多いのではないでしょうか。同時に、私の知らないことも沢山、あるでしょう。戦争の話題は国家レベルでよくでてきますが、戦争のことについて案外、我々は何も知らないのです。(2013/08/05)

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

「「東京大空襲なんて初めて知りました」」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

浅草に住んでいた私の祖母は、東京大空襲で死にました。今年80歳の私の母は、いまだに祖母の遺骨の手がかりを探しています。母の心の傷はずっと癒えておらず、苦しみを抱えたままの母に育てられた私自身の人格形成にも、少なからぬ影響があったと思います。私は、ずっと23区内に住んでいますが、隅田川の花火大会には行ったこともないし、テレビ中継も見ません。なぜなら、あの川に、空襲の炎で身を焼かれた何万もの人々が、熱さのあまり飛び込み、やがて冷たい水に体温を奪われ亡くなっていったからです。今は平和な時代ですから、人々がエンジョイすることまで反対はしない。でも、私にとって、あの川は、鎮魂の祈りをすることはあっても、無邪気にはしゃぐことなどあり得ない場所です。こういう思いは、日本人でさえ、知らない方は多いのではないでしょうか。同時に、私の知らないことも沢山、あるでしょう。戦争の話題は国家レベルでよくでてきますが、戦争のことについて案外、我々は何も知らないのです。(2013/08/05)

私もコメントの「過去に受けた悲惨で残虐な出来事を伝えないからこそ、憎しみや恨み、自虐心を植え付けることなく、互いに平和的な関係の構築に努めることができている」に賛成です。しかし、ある程度の歴史的経緯などは知るべきとも思います。犯罪でも低年齢層では分別がつかない年齢として扱われます。その分別のつかない時期に憎しみの植え付けを行うような事をしていると言う事ですから。低年齢では事実のみを神の視点で公平に見て教えるべきで、偏った立場の視点で他者を断罪する方向で行うのは憎悪の再生産と継承。過去ばかり見て、しかも自身の世代でない事に対し、当時の子孫の他人をゆすりたかる行為をする一方で、未来志向でなどど言う冗談は笑えない。過去の身分による差別問題も、子供の苛め問題をみれば知識を得る事から始まり、継承されるように思う。(2013/08/04)

教育に関して非常に創造的なアプローチをする方のようで、とても興味深かったです。(2013/08/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員