• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

自動車世界大戦勃発!アルファロメオは燃えているか?!

第205回 アルファ ロメオ ジュリエッタ【試乗編】

2013年8月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 夏休みはいかがお過ごしですか? 私は早い時期に長い休みを取ってしまったため、お盆以降の後半戦、誰とも遊べなくて非常に寂しい思いをしております。もう一度短めの休みを取ってやろうかと密かに画策中であります。

 まずはお知らせを一つ(が、いらない方はこちら)。

 まだかまだかと騒がれていた、GT-R水野御大のご著書がようやく出来上がりました。

よっ!待ってました!読み出したら止まらない水野本!いろんな会社からオファーがあったようですが、最終的にはフォレスト出版から出されました。

 その名も『非常識な本質』。

 日産を退職され、会社という「歯止め」がなくなった水野さん。

 今まで溜めに溜めて来られたマグマが一気に噴出したような、エネルギー溢れる一冊であります。

 ワークスチームを率いてレースで連戦連勝。FFパッケージングの革新であるP10プリメーラ。そしてもちろんGT-R。輝かしい水野さんの“戦歴”から、「ああ、あの人は天才だから……」と簡単に片付けられがちですが、さにあらず。

 無論水野さんが天才であることに間違いは無いのですが、日産の中でさんざん冷や飯を食わされ、不遇に泣いた時代もあったのです。報われない時代に何を考え、どう行動していたか。

 クルマ好きの方にはもちろんですが、仕事で悩みを抱えるビジネスマン諸氏にもぜひ読んで頂きたい一冊であります。あとがきの部分には衝撃の告白も……。

 その水野さんはいま「生きる力プロジェクト」の立ち上げに奔走されています。

 このプロジェクトを一言で言い表すのは非常に難しいのですが、うんとざっくり言うと「自己の存在と個性の創造」です。そしてそれらを磨くための様々なプログラムを用意していこう、というものです。くわしくはこちらを。ちょうど今週の30日金曜日には、プロジェクトの旗揚げ公演とも呼べるイベントが開催されます。私も後半のパネルディスカッションに登壇することになっています。もう既に満席になっているかも知れませんが、一応ここを覗いてみて下さい。

 さてさて、今回は冒頭ヨタを早めに切り上げて、早速本題へと参りましょう。

 何しろ5週連続で巨頭対談をお送りし、通常編成から1か月以上も外れてしまっていたのですからね。

 今回お送りするのは、アルファ ロメオのジュリエッタです。

コメント4件コメント/レビュー

全く同じスペックの車を所有しています。記事になると、どのように書かれるか、子供の面談を受けるような気になりますね(笑)感想はフェルさんと全く一緒、特にエンジン音はもっとアルファらしさが欲しいところです。私はこれが初めての外車です。小さくて魅力的でスポーティな車(スポーツカーという意味ではなく)は、国産ではなかなか無くなってしまいました。さらに、信頼性のアドバンテージもなくなりつつあるように思います。実際、町で見る車の外国車比率は相当に高く感じます。やはり、日本の自動車メーカーにはもっと頑張って欲しい!次回買い換えるときは、国産メーカーから素敵な車が出ていることを期待します。(2013/08/26)

オススメ情報

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「自動車世界大戦勃発!アルファロメオは燃えているか?!」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

全く同じスペックの車を所有しています。記事になると、どのように書かれるか、子供の面談を受けるような気になりますね(笑)感想はフェルさんと全く一緒、特にエンジン音はもっとアルファらしさが欲しいところです。私はこれが初めての外車です。小さくて魅力的でスポーティな車(スポーツカーという意味ではなく)は、国産ではなかなか無くなってしまいました。さらに、信頼性のアドバンテージもなくなりつつあるように思います。実際、町で見る車の外国車比率は相当に高く感じます。やはり、日本の自動車メーカーにはもっと頑張って欲しい!次回買い換えるときは、国産メーカーから素敵な車が出ていることを期待します。(2013/08/26)

お、まさかこのコラムに登場するとは思わなかったアルファロメオ!今はこのジュリエッタとMITOしか買えないのが非常に残念ですが、ジュリエッタが売れればDセグメントセダン系の開発にも弾みがつこうというもの。このコラムでNBO読者に一人でもアルファロメオファンが増えることを期待して止みません。でないと、次に買う車がない…。(2013/08/26)

アルファロメオはかつての品質問題が印象に強くてなかなかチョイスに上りませんが、最近ではMitoはデザインとエンジンに惹かれるものがありました。近頃の出来はどうなのでしょう。長年連れ添える耐久性を持つようになって来たでしょうか。あくまでラテンのノリで乗らないといけないのは今も同じでしょうか。(2013/08/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

それで本当に勝てるのか。 ロマンとソロバンのはざまで葛藤しました。

金井 誠太 マツダ会長