• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

スバル初のハイブリッド!プリウスとはひと味違います

第209回 スバル XV

2013年9月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 まずは無事に生還した担当Yこと日経ビジネス編集部の山中副編集長からみなさまにご挨拶を(そんなもんどうでもいい方はこちら)。

「ようみんな、元気か。日経ビジネスオンラインの歩く弾薬庫、マイトのYたぁ俺のことだ。留守中は迷惑掛けてすまなかったな。ちょいとばかしヘタを打って旅を掛けていたんだが、なに、もう大丈夫だ。またフェルの野郎のケツをぶっ叩いて、面白い原稿を書かせるからな。楽しみにしていてくれ。あいつは俺が見ていないとすぐに手を抜きやがる」

 粋で鯔背な編集者。肩で風切る伊達男。マイトガイYを今後ともよろしくお願い申し上げます。

長期の療養で何かが吹っ切れたのでしょうか。入院前とは人格が変わってしまった担当Y改めマイトのY。完全にイカレており…..いや、イカしております。(…「いいから俺のグラサンかけてポーズ取れや」って言ってたのはこのためだったのか! 編集長!入院前にも増してこんガキ、ギリギリ締めていきますんで勘弁してやってつかぁさい:Y)

 今週はとても珍しいことがありました。例によってフライデー編集部の栗原氏と飲んでいたのですが、何と今回は女性同伴では無かったのです。今まで何度と無く彼と会って来ましたが、彼は必ず女性を(しかも毎回違う女性を)連れてくるのです。いったい何が有ったのでしょう。天変地異の前触れではないかと少し不安です。

左からブラック企業アナリストの新田龍氏(彼はこの4月に日経ビジネスオンラインにも登場しているんですな)、焼き肉韓てらオーナー高木徹氏、フライデー編集部栗原氏。

 昨今は“ブラック企業”と十把一絡げにされてしまいがちですが、実はたくさんのバリエーションがあるのだそうで。ブラック企業と言うとすぐに●タミが思い浮かびますが、新田氏によると、「いやいやあそこはまだ良い方です。もっと悪質な企業はいくらでもある」とのこと。

 うーむ。社員をどんどん管理職に“昇格“させて、残業代を払わない等、カネをケチりケツを叩く様々な方法を聞きました。それら全てが、”悍ましい“の一言です。

 ただ一方で、ロクに仕事もしない不良社員が叱責されて、SNS等で「この会社はブラックだ!」と騒いでそれに提灯が付いて炎上に至るケースも多いそうな。双方の思いが咬み合わないと、職場は真っ暗闇ですからね。難しい所です。

ここのロースは大変美味しかった。さっと炙って青唐辛子が効いたタレに浸けて食べると、それはもう極上の味わいでございました。

 それにしても今回の台風は凄まじかったですね。皆様はいかがお過ごしでしたか?

台風18号に直撃された3連休は、勝沼でワイナリー巡りなんぞを楽しんで来ました。実はこの話、本編へと繋がるのですが、いや日本のワインも捨てたものじゃありませんぞ。赤は輸入したぶどうを混ぜないと厳しいようですが、白とロゼはとても良く出来ている。

 写真は途中で立ち寄ったBBQレストラン。勝沼周辺には、こうした洒落た店がたくさんありました。

 さてさて、それではボチボチ本編へと参りましょう。
 今週からお送りするのはスバルのXVです。

 XVは、当代取って二代目のクロスオーバーSUV。
 先代は「インプレッサ」が冠され、「インプレッサXV」というネーミングでした。
その名前が示す通り、インプレッサの5ドアハッチバックタイプの派生車種として生まれ、発売から僅か1年半で生産終了となった、ごく短命のクルマでした。

 それから約1年のブランクを経て発売されたのが今回試乗した二代目XVです。
 インプレッサの冠は取れましたが、その派生車種であることに変わりはありません。

それでは早速試乗に出かけましょう。

コメント21件コメント/レビュー

フェルさんって運転下手なの?って思うくらいの平均燃費ですね。案の定、スバリストからのバッシングの多いこと。もう少し「考えて」走ってみては如何でしょうか?(2013/09/27)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「スバル初のハイブリッド!プリウスとはひと味違います」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

フェルさんって運転下手なの?って思うくらいの平均燃費ですね。案の定、スバリストからのバッシングの多いこと。もう少し「考えて」走ってみては如何でしょうか?(2013/09/27)

>それにハッチバックの後ろのところが高過ぎて、荷物の積み下ろしが大変だし。画像を見る限りトランクの高さがさほど高いとも思ず、実車で確認しましたが、やっぱり普通です。テールランプの位置ぐらい高ければ、そういう表現もありでしょうが、いたって普通の設計だと思います。バンパー位置がもっと低くトランクが下から開くというと軽自動車ぐらいしか想像できないんですが、女社長は普段どんな車に乗ってらっしゃるのでしょうか?(2013/09/27)

何か昔みたいにアクの強いいやらしい内容ですね。マイトYさんが担当に戻ってきてから再び読み始めたのですが、すっかり骨抜きになったと思っていました。わざとらしすぎる挑発記事はつまらないですが、これくらいなら”らしくて”良いかと。CVT車に一時期乗っていました。乗っていれば慣れるものですけど、運転が退屈になってただ乗っているだけになるのも事実。変化や刺激がないと人はだれる。スポーツカーを敵視する人とかは道具なんだから良いんです・・みたいによく言っていますけど、私だったらたかが道具に100万単位の購入費と年に数万もの税金を払う気にはなりませんね。近年のスバルはデザインが駄目だから買う気は全然ありませんが、中身はさすがスバルというところでしょうか。(M5)(2013/09/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長