• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

劇的な話こそ無感動に報じよ

2013年10月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私は、書き出しの一行目にはこだわらない。

 凝った書き出しは、失敗した場合のリスクが大きいし、仮にうまく滑り出せたのだとしても、技巧を凝らした一行目から出発する文章を「あざとい」と感じる読者は、それはそれで少なくないと思っているからだ。

 もっとも、「こだわらない」とは言いつつも、時に、小細工を弄する欲望に抵抗できないわけなのだが、少なくとも、読み手としての私は、あからさまな作為を好まない。この点は一貫している。

 であるからして、

「助けなきゃ」女性は踏切へ 父「やめろ」 JR横浜線

 という見出しには、一瞬、マウスを持つ手が止まった。

「なんだこれは?」

 この見出しは、私の世代の者が考える「ヘッドライン」のスタンダードからかなり大幅に逸脱している。
 なんだかうさんくさい。
 
 新聞の見出しは、ニュースの内容を最低限の文字数で伝えるためのインデックスだ。
 それゆえ、なによりわかりやすく書かれていなければならないし、正確さを保っていなければならない。
 ついでに言えば、定型的であることは必ずしも失点にはならない。むしろ、よく出来た見出しは、月並みに見えるべきなのかもしれない。

 ところが、この日の見出しは、個性的かつ印象的だった。
 出来上がり方から言っても、「ダイジェスト」であるよりは、「クロス・カッティング」ないしは「フラッシュバック」に近い。

 ハリウッド映画の予告編が採用している、印象的なシーンを続けざまに畳み掛けて再生する、あの技法だ。
 ここにおいて重視されているのは、要約の適切さよりも、印象の鮮烈さや、臨場感だ。
 だからこそ、映像喚起的な言葉が選ばれ、肉声に近い(と思われる)登場人物のセリフが抜き出されている。

 こういう手法はなるほど印象的ではある。
 でも、品がないと思う。

 このテの演劇的な見出しは、この10年ほどの間に、目に見えて増加している。
 昨今では、一瞥しただけでは何の記事なのかさえわからない、要約とはかけ離れた見出しが横行している。
 特にネット上のヘッドラインに、その傾向が著しい。
 具体的に言うと、ニュースサイトのトップページに並んでいる見出しは、

「ん? なんだ?」

 と思わせて、記事本文に誘導する狙いで作られているということだ。
 ヘッドラインというよりは、クリック広告の手口に近い。
 あるいは、見世物小屋の絵看板の制作技法、ないしは出会い系営業メールの誘引タイトルに似ているかもしれない。
 いずれにせよ、単なる「要約」ではない。もっと腹黒い何かだ。

コメント72

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「劇的な話こそ無感動に報じよ」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長